アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
その後の岩沼の実家の状況
痴呆症と糖尿病を患う祖母がここに入院しています。
スポーツ報知「宮城・仙南中央病院院長が電話でSOS「このままでは餓死、凍死が…」
http://news.livedoor.com/article/detail/5411928/
その後、この病院に物資が届いたかどうか、何か情報を持っていらっしゃる方はいませんか?家族が様子を見に行きたくても、ガソリンが手に入らないので足がないらしいのです。

両親、妹家族が避難生活を送っている地域(宮城県岩沼市)では、幸い飲み水の配給は充分にあるようですが一日に購入できる食べ物が全員でおにぎり3個とか、そういう状態です。子供のオムツやトイレットペーパーや、そういうものが断然に不足しています。ガソリンスタンドやお店はもう売るものがないので店じまいをしているそうです。水の配給はあっても食べ物の配給は届いていないみたいです。

福島の原発から90キロ(55マイル)ぐらいのところに住んでいるのですが、子供達の身を守るために避難したくてもガソリンがないので動きようがないらしいです。

私の職場の同僚や友人達からも「何かできることはないか」と暖かい言葉をかけていただき、フェアバンクスの友人達のサポートには心から感謝しています。私はとりあえず地元の皆を助けようにも物資やお金を届ける手段がないので、やっぱり赤十字など信頼できる組織に寄付金を募るのが要は一番の早道なのではないかな、と考えています。

とりあえず、私は職場や友人の助けを借り、赤十字宛の募金を募ります。あとはやっぱり福島の原発でなんとか状況を改善しようと、自分の命を懸けて立ち向かっている方々のことを信じて、祈るしかないのだろうと思います。ブログやメールで暖かいコメントを寄せてくださった方々、本当に本当にありがとうございます。お1人お1人に感謝の言葉をお返ししたいのは山々なのですが、今は仕事や育児の合間に日本の家族と安否状態を確認しあったり、FacebookやMixiやメールを通じて、家族や友人に実家の状況を連絡するので精一杯な状況です。皆さんのお気持ちに心から感謝して!!!
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[日本東北関東震災
岩沼の実家の状況
実家が宮城県の岩沼市なんです。生まれは仙台。子供時代の大半を過ごした岩沼市玉浦地区は津波で壊滅状態のようです。

妹の携帯からの短いメッセージで、両親、妹家族共に無事であることを確認しました。父親の仕事場はダメだった模様ですが、もうここの写真の数々で一変してしまった見慣れた風景を見て以来、生きててくれただけで本当にありがたいと涙がこぼれました。両親は妹の自宅に滞在しているようで、停電、断水は続いているものの(プロパンももちろんダメ)飲料水の配給もあるようですし、町中にあるお店は食料品を売ったりもしているようです。今はただ福島の原発の緊急事態が解決されるのを、胃を痛くしながら見守っている状況です。

心配して連絡を下さった皆さん、本当にありがとう。玉浦地区や名取市に住む私の友人の安否を知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひご一報ください。

Posted by 親分
comment:16   trackback:0
[日本東北関東震災
back | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。