アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
[指定型★バトン]
カナダ、ケベックにお住まいのYokoさんからこんなバトンが回って来ました。なんだか面白そうだけど結構これって難しい!とりあえず解答してみます。

■■■[指定型★バトン]のルール■■■

○廻してくれた人から貰った『指定』を【】の中に入れて答える事。

○また、廻す時、その人に指定する事。



私に指定されたお題は【キヨシ君】です。

◆最近思う【キヨシ君】
この人はホモサピエンスの中でも珍種中の珍種なのではないか、と。結婚すると決めた時にうすうす気付いてはいたのですが。良い意味でも悪い意味でも、こんな人は世界中どこを捜しても居ないと思います。


◆この【キヨシ君】には感動!!!!
言うこととやることに必ず筋が通っている。人にやさしい。絶対に怒らない。(うまれてこのかた一度も人と喧嘩をしたことがないらしい。)本気で世の中のことを心配している。前にも何度か書いたけど、「北極圏自然保護区」を石油開発の為に開けるという案に反対なキヨシ君は、マイナス30℃という真冬のフェアバンクスでも「ガソリンを使いたくない」という理由で片道45分もかけて徒歩で通勤していました。(出勤、帰宅する頃にはヒゲも眉毛も睫毛も凍り付いて真っ白。)ガソリンを使う乗り物(車、バイク、スノーマシーン)は極力避けて、徒歩、または自転車、三輪車、ロウバイク、キックバイクを愛用しています。人力車を本気で欲しがっていた時期や、ガソリンではなく植物油で走る車を作ろうと本気でお勉強していた時期もあります。水道が通っていないキャビンで節水生活を送っていた時期、大雨が降り出した途端にいきなり素っ裸になって石鹸とシャンプー片手に外に飛び出して行き、「Cold!Cold!」と叫びながら全身を洗っていたというのも今となっては伝説です。
 

◆直感的【キヨシ君】
オタクな年齢不祥Environmentalist。
アメリカ版千石博士
※ところで千石博士のことを知っている人ってどれだけいるんでしょうね・・・。宅八郎似の動物博士で、虫や爬虫類、両生類なんかをものすごい情熱で愛している人です。その強烈なイメージで、一時は「動物奇想天外!」の視聴者たちを気持ち悪がらせました。


◆好きな【キヨシ君】
信じられないくらい「純」。絶対に嘘がつけない。サブ子の面倒を良くみてくれる。何でも良く食べる。物知り。


◆こんな【キヨシ君】は嫌だ!
気がつかない。料理が一切出来ない。一旦本屋に入ると閉店まで出て来れない。イニューを憎んでいる。ダンゴムシやミミズを飼っている。ネズミを飼いたがっている。寝るときや暑い時期に裸族化する。


◆この世に【キヨシ君】がなかったら
サブ子が存在しない。


◆次に回す、5人(『指定』付きで)

・Nangoさん『息子』

・たまちゃん『友達』

・きゃらはんさん『国際結婚』

・ゆえちゃん『オランダ』

・ルティカさん『村暮らし』
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:3   trackback:0
[バトン
comment
バトン、受け取りました~。
メールもらって、何ナニ?一体何のバトンなの!?
と、一瞬パニくりそうになったんだけど、こちらにきて何のバトンか判明!
出来るだけ早く取り掛かります。
でもこのバトンって、次に5人指名しなくちゃいけないのかに!?
2006/06/13 03:14 | | edit posted by ゆえ
ありがとうございます♪
バトン、さっそく受け取っていただいてありがとうございます!

いやぁ~「このキヨシ君には感動!!!」には私も感動しました。すばらしいですね。その、誰にも止められない真っ直ぐさ。貴重です。

知ってます~千石博士!見た目ぱっとしないんですけれど、というかそこらへんにいそうな人なんですけど、虫なんかについて語り出したらもんのすごいんですよね。あまりにその情熱が真摯なので、錯覚で思わずカッコよくみえてきちゃったりして!?

2006/06/13 10:47 | | edit posted by yoko
ゆえちゃん>
ご、ごめん!メールで肝心のバトンについて説明するのをすっかり忘れていたね!(爆)何か暗号でも隠されているのかしら?と不思議に思ったことでしょう。
結婚式の準備なんかで忙しいだろうから、無理に時間作ってやらなくてもいいよ~。「強制バトン」じゃないみたいだし。(笑)次の5名の指定も、面倒だったらいいんじゃないかな~。私も回す人とお題を考えるのに一番時間かかってたしね!

Yokoさん>
Yokoさんも知ってた?千石博士!!!もう、あのもさ~っとした彼が熱く虫について語り出すところがなんとも言えずキヨシ君にそっくりなの~。似てないところといえば髪の毛ぐらいかな。(千石博士は黒々とした長髪だったけどキヨシ君の頭髪は若くしてかなりキテますので。)
いやいや、面白かったです。今回のバトン。回してくれてありがとう~!
2006/06/13 17:15 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/94-763f009b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。