アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
Fatal Attraction (邦題:「危険な情事」)
なんで今さら「危険な情事」なの?と思われる方も多いことでしょう。これって、1987年の作品なんですよね・・・。

実はキヨシ君が先週仕事で(キヨシ君はアル中、ドラッグ中毒に悩むネイティブのティーンエイジャー達を更生させる施設でカウンセラーをしています。)精神科医がインストラクターを務める研修を受けてきたのですが、講義の中でこの映画が取り上げられたらしいのです。なんでも、この映画に出てくる女が「典型的な境界型人格障害」であると。

キヨシ君も私も未だにこの映画はみた事がなかったのですが、仕事上「境界型人格障害」を持つクライエント&患者さんと付き合うことの多い私達、じゃぁ、DVDでも借りてきて見てみる?ということになったのでした。

いや~、怖いっ!怖すぎるっ!!!こういうのって、ある意味下手なホラーなんかより全然怖いですよ!だって、本当にいるもん、こういう人!こんな女に手を出してしまったマイケル・ダグラスが悪いっちゃ~、悪いんですが、(苦笑)映画を見ていて、女の発言や行動を見る度にキヨシ君と何度も顔を見合わせ、「怖っ!」と言い合いました。

もう最後には、「親分、これ、怖すぎるよッ!HOLD ME!」と私に抱きつきながら見ていたキヨシ君。・・・自分が見たいっつって借りてきたんだろーが!!!

映画を見終わってから「そういえば・・・」と思い出したことが。これが出た当時、この映画をてっきり「エッチな映画」だと勘違いした叔父が家族に秘密でビデオを借りてきて皆が寝静まるのを待ち、夜中にたったひとりで居間で見たらその後怖くて寝つけなくなった、とやたらと怒っていたという話。当時はそんな叔父をバカだなぁ、と皆で笑い者にしていたのですが、今回実際に自分でこの映画を見て「その気持ちわかる!」と、叔父に同情してしまった私です。(叔父よ、ネタにしてごめん。もう時効だよね・・・。)

80年代の映画だということを感じさせない、いや~な現実感あふれる怖さいっぱいの作品です。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[映画
comment
この映画よく衛星放送でやってるねんかな。流行ったもんね~~当時は。アレからアノ女優さんどんな役してもあのイメージ拭いきれんかったわ(笑)あんなオンナいるんですのよ。前の彼氏の元彼女がそんな感じでストーカーまがいで私も被害こうむりましたもの。理論が通じない相手って疲れるので近寄らないに限りますわね。でも見た目ではワカランしなぁ( ̄∇ ̄;)ハハハ
2006/05/15 21:21 | | edit posted by ふぢ
私も見てない
そうそう、私もエッチな映画だと思って、なんかいまいち見る気になれずに年をとり、今に至ります(笑)。みてみよぉ~。

旦那さんに境界型人格障害のこと聞いてみたんですけど、興味深い。なんかいろんな意見がいまだ割れているようで。(教授声に変わりましたよぉ~、今もなお、バックグランドで講義は続いております、とめて…-聞いた私が馬鹿だった…笑-)
2006/05/15 22:11 | | edit posted by Nango
「危険な情事」に出演している女優さん、なぜか勝手にシャロン・ストーンだと思ってたけど、それは「氷の微笑」だった。

この女優さん、よく見たら「101」「102」の毛皮大好きおばちゃんの役の人なんだねー。いままで気づかなかった。

どっちもマイケル・ダグラスが主演なのでこんがらがる。

ちなみに「ナポレオンなんちゃら」って、面白いの?日本ではなぜか「バス男」とかいう怪しげタイトルなんだけど。。

2006/05/16 14:59 | | edit posted by maqista
ふぢさん>
ひゃあ~!ふぢさんは実際にこんなタイプの女性の被害をこうむった経験がおありなんですか!私は患者さんと看護師として付き合うことはよくあっても、プライベートでは幸いなことにこういうタイプの人間とは付き合わずに済んでます。

Nangoさん>
そっか、旦那さんはこういうの専門だもんねぇ~。色々お話を聞いてみたいわ!(Nangoさんはうんざりかもしれないけど。苦笑。)
エッチなシーンもあるっちゃ~あるんだけど(笑)、もうこれは思いっきりサスペンスでしょう。「ありえそう」な感じが漂いまくりで、ホント怖いです。お薦めです。でも夜中にひとりで見るのはおすすめ出来ないよ。(笑)

maqista君>
「氷の微笑」とは違うのよ。(笑)確かに同じマイケル・ダグラスだけど。「101」「102」って映画?私は観た事がないのでわからないなぁ~。でもあの女優さん、すっごくうまかったよ。まだ見ていなかったらお薦め。古さを感じさせない、よく出来た映画です。あ~、思い出しただけでも怖っ!女の私がこんなに怖いんだから、男が観たら相当怖いんだろうな。(笑)
ナポレオン・ダイナマイトは通好みなおもしろさです。クスッ。キヨシ君と私は二度も観て相当笑わせてもらいました。でもあれは英語で見ないと面白さがわからないと思うので(ナポレオン・ダイナマイトのセリフとか、口調とかがいちいち可笑しいんだよ。)、日本で公開になってもあの面白さは伝わるのだろうか、と心配な私です。それにしてもバス男はないよな・・・。観たら感想よろしく。
2006/05/16 21:02 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/74-7446e505
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。