アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
自分で建てる?
前回、大興奮で「もしかして夢の丸いお家が建っちゃうかも!」という話をしましたが。

案の定そのプランはボツになりました。やっぱりね。ふっ。理由は予算の関係です。←これだけはどうにもならない。(笑)

その後、私達はいくつかのシンプルなフロアプランを持って地元の評判のいい建設業者(大工さん)を何箇所か回りました。そのうちのひとり(ドイツ人のやたらハンサムで頭の良さそうな大工)とはなかなかいい所まで話が進んで、「この人に任せようか」という話まで出たのですが、使う素材やどこまで省エネ仕様にするか、などという細かい点でどうしてもキヨシ君が納得することが出来ず・・・。

そのうち、キヨシ君は「もう、こうなったらやっぱり自分で好きなように建てちゃうしかないのだろうか・・・。」などと言い出す始末。「もう、私はなんでもいいよ。マイホームさえ建てば。どんなんでも。せっかくだからとことん自分の納得の行くように考えてやってみれば?」と答えておきました。

私からのメール(「というわけで、マイホームが建つのはいったいいつのことになるやら皆目見当もつきません、やれやれ。」という内容)を読んだ日本の母は、笑いながら「キヨシ君らしいね。」という話を私の父にしたらしいのですが。いつもの様にいい感じに酔っ払っていた父が突然、「お前ら(女共)はなぁ~!あいつは考えてるんだ!キヨシは一生懸命考えて、すばらしい家を親分とサブ子の為に建てようと頑張ってるんだよっ!それをバカにしやがって!キヨシは頭がいいんだよっ!絶っ対にいい家が建つんだから今に見てろ!あいつを信じろっ!」とやけに怒り狂ってキヨシ君の肩を持っていたらしいのです。

今回に限らず、男同士(というか、変人同士?)、この2人はやたらとお互いの肩を持つのです。キヨシ君も、あんな酔っ払いの奇人である私の父を何故かどこまでも信用しているような所があり、「サブ子の子育ては日本のおじいちゃんに任せればぜったいに間違いがないんだけどなぁ。」などと言ってみたり、実の娘の私よりも父の仕事(私の父は陶芸家なのです。)に興味津々、理解が深かったりします。一方、私の父もダンゴムシを見るたびに、「あぁ、俺、キヨシに会いたいな・・・。」とボソッとつぶやいたりしているそうです。やっぱり、同じ匂いを感じるのかしら・・・。(笑)

2人とも、世の中をうまく渡り歩いて行けるような人間ではなく、不器用ながらも精一杯真っ直ぐに生きようともがいているタイプなのでお互いの気持ちが良くわかるのかもしれません。そんな男達を、私と母は「困ったもんだねぇ~。」と笑いながらも、結構自慢に思っていたりするのです、きっと。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[夢の省エネハウス
comment
本当に本当に一度拝ませていただきたい、実際にお会いできる日が待ち遠しい… あああ、キヨシ君…

細切れに見ると「???、おいおい…」と思ったり、「カンベンシテヨォ~」と思ったり、うちの旦那も父親もそういうところあります。でもなが~い目で見ていると、筋が通ってるんですよね~。

そう感じる度にだまって支えてやらなきゃいけないと思いつつ、だめなんですねぇ私。いちいち切れたり、笑わないとやってられない。そういうところ、親分さんえらいわぁ~。縁の下の力持ちだわ~。キヨシ君の影でしっかり支えてるなぁ~って思います。

キヨシ君は幸せものだぁ~。腹の贅肉をつねられているうちの旦那、かわいそうだぁ~(笑)。
2006/05/12 13:40 | | edit posted by Nango
親分両親、親分家、みんなキャラがたってるよねー。

どのキャラも捨てがたいけど、あえて選ぶなら親分母に一票。
2006/05/12 14:45 | | edit posted by maqista
いい関係
親分さんのお父さんとキヨシくん、いい関係ですね~。
そして、父親が義息子の肩を持つってのなんか、うちのとことも
同じです・・・。だから、日記読んでてふむふむとうなずいてました。
親分さんのお父さんは陶芸家さんなのですね~。
どういった陶芸をされてるんですか?なんか、興味あるなあ~。
お皿とか器かな?それとも壷とか?
今度会ったらいろいろお話聞かせてね~。
2006/05/12 15:50 | | edit posted by たまちゃん
昔から、言われてるように娘は自分の父親に似てる人と結婚すると。
自分はそんなパパのような人とは結婚しない!と思っていたけど、最近気が付いた。似すぎてる。顔は違うがやる事が...
親分さんのお父さんは陶芸家さんなんですね。素晴らしい。
2006/05/12 21:45 | | edit posted by Mr
かっこいい
親分さんのお父様も素敵そうだなぁ。
自分の夫と父親がお互いを尊敬しているって本当に嬉しいですよね。
やっぱり娘は父親と似た人を選ぶんですよ、きっと。
自分もつくづくそう思います。
一緒にいる時間が長くなればなるほど、「ゲ!似てる!」って思う事が増えていきます。

いや~、親分さんの家が建つのが待ち遠しいな。
2006/05/13 03:06 | | edit posted by miz
素敵!
うわぁ、なんか、70年代の日本の映画みたい。(笑
ご家族皆さん、温かいなぁ。ちょこっとじぃ~んとしつつ、パソコンの前でひとりにやついている微笑んでいる自分がいました。はは。

親分さんの「結構自慢に思っていたりするのです、きっと。」という言葉、キヨシ君さんへのが見え隠れしていて素敵。

うちの父親も、日本に帰るたびに何故か夫だけを連れて映画観に行ったり飲みに行きたがります。「男同士で飲むのがいいんだ。」とかなんとか言って。言葉通じないっつーのに。(笑
2006/05/13 06:06 | | edit posted by yoko
父親と夫
Nangoさん>
いや、支えてない、支えてない!ただ、もう何を言ってもきかないのがわかったから諦めて野放しにしてるだけ。(爆)それに時々さすがにキレて、キヨシ君がシュンとしちゃうぐらい責めたりするし。すっごく怖がられてます、私・・・。キヨシ君、贅肉はないのでつねられませんが。
やっぱりねぇ~、なんだかんだ言って、男の人というのは感情的な女よりも考えてる所あるんだと思います、うちの父親が言うように。だから黙ってついて行け!ってことなんでしょうが、そんなに簡単に黙っていられるか!って思いますよね。(笑)

Maqista君>
えぇ~!母か・・・。うちの父親の強烈なキャラに隠れて普段は影の薄い母なのだけれど・・・。結構マイナーな所好みますね、maqista君。

たまちゃん>
たまちゃんとこも一緒ですか~。駆け落ちまでした一時は考えられなかったでしょう~。お父さんと旦那が肩を持ち合うようになるなんて!(笑)
父は、器やお皿等も作りますが、おもに壷や花器などの大きなモノを作っています。

Mrさん>
>娘は自分の父親に似てる人と結婚する
私も昔は「ゲッ!そんなの絶対にありえない!酔っ払い!」と思っていて、下戸のキヨシ君と結婚したけれど、性格的に似てるのよね・・・。
やっぱりMrさんの言うとおりかもね・・・。

mizさん>
うわ~、皆そうなんだ~。面白いものですね~。FABさんとmizさんのお父様にも似てるところがありますか~。
お家は、何年かかるかもうわかりませんが、そのうちいつか建つだろう、ぐらいに思って気長に待ってみようと思います。

Yokoさん>
Yokoさんのお父さん・・・。面白すぎです。どうやって会話しているのか影から見てみたい気もしますよねぇ~。でも結構通じるみたいですよ、言葉がわからなくても。私も初めてキヨシ君連れで帰国したとき、最初のうちは頑張って通訳してたんですがそのうち疲れて面倒になってきて放っておいたら(←ひどい・・・。笑。)、身振り手振りで全然問題なく理解しあってました。
ラーメン屋さんで、うちの父が「キヨシ!レッツ・チュルチュル!」と言ったというのも伝説になってますが。
2006/05/13 18:19 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/73-4e66f063
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。