アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
Dr. S とその仲間達
週一で働き始めた癌センター、放射線療法クリニックは、ドクター1人、ナース1人、放射線療法師1人、放射線イメージを解析して治療のプランニングをする技師(職名が良く解らない)1人、放射線技師2人、受付1人・・・総勢7名という小さな所帯。

これまでこのクリニックに雇われていたたった一人のナース、Sは、月曜から金曜まで連日1人でこのクリニックを切り盛りしてきた。「週5日はきついとずっと思ってきたし、私がバケーションに出ている間や病欠のときに、ここのことをわかっているナースがもう1人居たほうがいいんじゃないですか、ってずーっと提案していたんだけれどね、ここ最近になってようやく上がわかってくれる様になってね。」と。彼女は以前私のようにフロートプールとして病院中で働き、在宅看護や精神科看護や Forensic Nurse (法医学看護師?)として虐待を受けた患者のケアまでしてきたという豊富な経験の持ち主。今ではDr. Sの専属ナースとして癌治療に取り組んでいる。この彼女、頭は切れるし仕事は出来るし患者さんには本当に親切ですばらしいナースなのだ。太っちょで、「ダイエットに励んでいるの。」と言いながら、毎朝ナースステーションでホイップクリームがねりねりと乗せられたアイスラテとベーコンの朝食を欠かさない。

このナースとまるで何十年も連れ添った夫婦であるかのように連日些細な口喧嘩を繰り返しながら患者さんの治療に当たっているのがDr.S.彼はヨルダン出身の中東人で、アクセントが強く、医者だというのにスペルミスも珍しいことではない。全体的に丸く、顔がでかく、てっぺんの薄くなった黒髪はくるくるとカールしていて、なぜかいつも同じ服を着ている。金持ちだろうに、なんとなく薄汚れているのはなぜだろう。そしてそんなオヤジの妻だと言う人に紹介されてびっくり仰天。そのDr.Sの妻だという女性は若く、スレンダーで、宗教上の理由か、頭髪こそいつも帽子やスカーフに隠されているものの、今時のおしゃれな洋服を着た世にも美しい中東女性なのであった。実は、この女性こそ、女である私が以前スーパーで見かけるたびに、「なんて綺麗な女の人なのでしょう・・・。」とじーっと見つめてしまっていた、まさにその人だったのだ。うーん、なんて見た目的にミスマッチな2人・・・。

そんなわけで、妻と並ぶと見た目的に「お姫様と召使」風になってしまうDr.Sだが、彼は実は癌治療や診断では一目おかれる存在なのだ。「彼は私のことを第3の妻か何かだと勘違いしてるに違いないわ!」とバンバン仕事を押し付けられていつもぷりぷり怒っているナースSでさえ、「Dr.S はああ見えても Smart Man であることは確かね。」と尊敬の念を隠しきれない様子。

最初、彼のオフィスで1日見学体験をした時には、「うーん、とっつきにくそうな医者だ。」と思ったのは確か。早口で、アクセントのせいでたまに何を言っているのか良く聞き取れないし、これをやれと言われたらさっとそれを正確に処理しないと機嫌を損ねてしまう。愛想の良いアメリカ人医師達の「ハーイ親分!元気かい!?」というテンションに慣れきっていた私には、人の話を聞かない(患者さんと話す時は別だ。)、気難しい中東人医師はかなり異質に見えた。しかし、そんな彼でも診察の度に私を一緒に診察室に連れてゆき、何かと私の勉強になるように、と工夫しながら色々と教えてくれているのが良くわかったし、診察室での彼と患者さん、そしてその家族との信頼しきった会話(シリアスな顔で、低い声でぼそっと繰り出すDr.Sのジョークを100%理解して笑う患者さんとその家族!)の親密さ、悪いニュースを単刀直入に、しかもわかりやすくズバッと説明してから「これから何が出来るか」ということに焦点を絞って時間をかけて患者とその家族と共に治療プランを練ってゆく彼のやり方、そのすべてに私は心から関心してしまった。

何かに気を取られると時間のことを忘れてすぐに脱線してしまうDr.Sや、「もうこんなDr.Sの子守りはたくさんよ!」と頭を抱えて愚痴をこぼしまくるナースSを、「ほらほら、仕事よ!」と仕切っているのが放射線療法技師のC。めがねをかけた怖そうなおばさんだが、このおばさんが居なかったらきっとこのクリニックは正常に回っていない。このクリニックの「お母さん」的存在だ。コンピューターの前で常に放射線イメージの解析と治療プランに励んでいる技師のMは、ナースSの情報に拠ると「引き篭り」で、彼のオフィスのドアは必ず閉めておかないと彼は精神の安定を保てないらしい。「たまに閉められたドアから彼の怒鳴り声が聞こえてくるかもしれないけど、無視するように。」というとても役立ちそうなアドバイスをいただいた。毎日の患者さんの放射線治療を行っている技師さんは可愛くて若い女の子2人で、とても感じが良い。受付のSはそんな、まるでTVシリーズ「The Office」のような強烈なキャラばかりのこのクリニックで、1人冷静に淡々と電話や患者さんの応対をこなしている。

こんなクリニックでの週一の仕事。一癖も二癖もあるDr.Sとその仲間達、そして癌と闘う患者さん達に囲まれて、私は学んだり、涙を堪えたり、笑いを堪えたりしながらこの職場にめぐり合えた幸運に心から感謝しているのだった。4日間のオリエンテーションを終えて、今度の月曜日はいよいよ私の独り立ち勤務。これからはこの私が毎週月曜日のクリニック唯一のナースとなる予定。さーて、そろそろMの怒鳴り声を聞けるかな?
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:11   trackback:0
[ナースのお仕事
comment
>「The Office」のような強烈なキャラばかりのこのクリニックで、1人冷静に淡々と電話や患者さんの応対をこなしている。

って、親びんもかなり個性あるよ?
と、密かに思ったのは私だけではあるまい(笑)
2010/10/22 17:20 | | edit posted by ルティカ
真実は小説より奇なり、だっけ?
本当に面白そうな職場だよね~
私は丁重にお断りさせていただきますが(笑)

これからの楽しい話を期待して待っています
2010/10/22 23:14 | | edit posted by kiki
ルティカさん>
えー、そうかなー!?って、皆自分だけは普通だと思ってるものなんだよね、きっと・・・。私も患者さん達に「また濃いキャラが入ったよー・・・。」って思われてるのかな。笑。

Kikiちゃん>
いや、本当に面白いんだって!日米なんて比べ物にならないぐらい!これからも仕事中の人間観察楽しみます。
2010/10/23 09:19 | | edit posted by 親分
凄いね親分さん。
凄い職場だよ!
人生の宝物になると思うわ。
頑張ってよー親ビン~!
2010/10/23 17:03 | | edit posted by mr
おもしろい!!!

見事にキヨシ君のピンチをチャンスに変えたね~!!
でも、これらは親分の力があってこそだよ!

キヨシ君は落ち込んだろうね~・・・(T_T)
しかも、バケーションから戻ってきた途端って・・・さすが、アメリカ・・・

この週一クリニックの話、情景が頭に浮かぶよう・・・(^・^)
おもしろすぎるっ!!
「ダイエット中なの・・」といいつつ、練り練りのホイップクリームとベーコン朝食・・・・\(◎o◎)/
「引き籠り」の技師Mの怒鳴り声・・・・
おもしろ材料満載のこのアットホームなクリニック話、楽しみにしています。
2010/10/23 19:36 | | edit posted by しんちゃん
mr>
面白いでしょー。こういうところにMrみたいなのが入るとまたさらに面白くなると思うんだけど・・・。笑。仕事中もいちいち可笑しくて笑いを堪えるのに大変です。

しんちゃん>
もうさー、ここのクリニック、絶対テレビシリーズとかにしたほうがいいと思うの。笑いあり、涙あり、って感じで。キヨシ君も最初はかなり落ち込んでいたけれど最近では新しい職場の人の良さに関心しているみたいよ。。。お互い、ほんと良かったよー。
2010/10/23 20:26 | | edit posted by 親分
たまっていたので、数回分の日記をまとめて一気に読ませてもらったんですけど・・・・淡々と書いているわりに、いろいろあったんですね~、親分さん。

キヨシ君の再就職という危機を乗り越えつつ、こうして自分も新たな出会いを手に入れてしまうあたり、あらためて、すごいな~。
転んでもただではおきない・・・あ、いや、違うな(笑)、オットを支えるすばらしき良妻賢母、ですね。
2010/10/24 07:19 | | edit posted by yoko
Yokoさん>
いろいろあったんですよー。しかし!転んでもただではおきない!(笑)私ですからね、今ではキヨシ君の失業に感謝したいぐらいですよ。
夫を支えているか良妻賢母であるかは別として・・・。
2010/10/24 09:56 | | edit posted by 親分
類は友を呼ぶ、、、ですか?(笑)

この職場でドラマができそうじゃないですか!
うんと楽しんでください。
2010/10/24 19:25 | | edit posted by ちび
や~この前ちょっと聞いたけど、ほんと個性豊かな職場なんですね笑。

ほんとドラマ作れそう。日記の更新楽しみにしてます☆
2010/10/25 21:54 | | edit posted by akko
ちびさん>
えー、類友?!やっぱりね・・・。でもそれを言ってしまったらちびさんもここに就職しなきゃ、ですよ。

Akkoちゃん>
楽しいよー。毎週月曜日が楽しみよー。笑。
2010/10/26 19:59 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/425-489de101
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。