アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
産婦人科と新生児室
ここ1ヶ月弱の間、産婦人科と新生児室以外の場所で働いたのはたったの1日だけだ。5月下旬から産婦人科と新生児室は切れ目なく忙しく、私達なんでも屋、Float Pool の人手を一番要してくれている。満床になっても、「他の病院に回す」ということが出来ないので、(何しろうちの病院はアラスカ内陸にたった一つしかない総合病院なのだ。)内科や小児科病棟のベッドまで借りて怒涛の日々を働いている。

こんなに一度に赤ん坊がバンバン生まれるなんて、9ヶ月前いったい何があったのだろう?とふと思って口に出したら、「イラクから兵隊の一群が帰ってきたからじゃないの。」と同僚にさらりと言われた。そうか。それならこの忙しさにも頷ける。

産婦人科や新生児室というところで働くのが私は好きだ。特に1人目の赤ちゃんを産んだばかりで、疲労と寝不足と安堵とうれしさと不安が入り混じった新米ママが、ぼさぼさの頭に化粧っけのない顔で股を開いて不恰好にふらふらと廊下を歩いていたりするのを見ると、「あぁ・・・まるでゾンビのようだ・・・。しかしとにかくおめでとう!がんばれ!」と心から応援したくなる。そんなママ達にサブ子を産んだ時の自分の姿を見、栄作が新生児集中治療室で過ごした悲喜こもごもだった5日間を思い出す。あの頃、自分はホルモンの変化でもう情緒がめちゃくちゃだったので、キヨシ君は大変だっただろうなぁとか、こんな私達でもサブ子と栄作はなんとか育ってくれたなぁ、とか、じわじわと心が温かくなる。

しかし人のおっぱいのサイズや乳首の形についてこれだけ真剣に語る職種というものがあるだろうか。申し送り時に担当の患者さんの授乳状況を説明するのにナースが使う言葉(「She's got a good equipment」とか・・・。)にはメモを取りながら毎回心の中で笑ってしまう。子供を産む前には性の象徴であったはずのセクシーなおっぱいが、赤ん坊を産んだ途端に「Equipment」に早変わりしてしまうという不思議。でも赤ん坊がうまく乳首を口に含んでチューチューと吸っているときの母親のなんともいえない幸せそうな顔、それを見つめる父親の感心とうれしさが入り混じった顔、やっぱりそれは何度見ても良いものだ。

そんなに面白いなら産婦人科や新生児室に移動すればいいじゃない、と良く言われるが、そう言われるとちょっと腰が引けてしまう。なぜならやっぱりそこは女の世界であって、働いているナースも(前回「産婦人科の男性ナース」で書いたJを除いては)皆女なのであって、Women's Center で働きたい、というからにはそれなりに皆女性ホルモンもムンムンなのであって、・・・何が言いたいのかというと、何かにつけて感情的になり、同僚との些細なやり取りでぷりぷりしたり泣いたり大げさにHug して慰めあったり、そういう女の世界で働くのってちょっと私には Too Much だろう、と思うのだ。

だからこの世の中男性というものが必要なのだろうな。感情的な女と鈍感な男。世の中うまく出来てるもんだとつくづく思う。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[子育て
comment
読んでいたら自分の出産のときのことを思い出したな~。

私もホルモンバランスのせいか本当にひどい精神状態だった。あんなんでも子供は健康にすくすく育ってくれる。

第3者として、そんな世界を見るのは良いものだよね~。

私も妊婦さんを見るとこれから大変だけど頑張ってって心の中で言うものね!


そして私も女の世界苦手です。
2010/06/18 05:38 | | edit posted by kiki
kikiちゃん>
出産直後はやっぱりみんな程度の差はあれ、情緒不安定になるものなんだよねー。今となっては笑えるけど、当時は切羽詰ってた!笑。

女の世界で働くのが嫌ならナースになるな、って話もあるんだけど(笑)、産婦人科は特に、ってことで・・・。
2010/06/19 19:07 | | edit posted by 親分
ナースの世界
Float Pool というのは色々な経験がつめて面白いポジションだね。毎日お疲れ様です。今出産ラッシュなのだね。ああ、私もナースの人々に何度恥ずかしい姿を細部にわたってさらしたことだろう。(笑) equipmentね、授乳中はそんな感じだよね。人前で出すのも平気になってて、周りに気をつかわせていかんいかんと思い直すこと多々。

ナースの世界も科によって色々なんだね。産婦人科ってそういう雰囲気なんだ。どうしてもtake personalな部分があるかもね、女って男に比べて。そういうのは苦手で自分も気をつけて渦にも入らないようにと思うのだけれど、それ以外は女の中でキャーキャー楽しんで暮らしてます。(笑)
2010/06/20 04:58 | | edit posted by マチカ
マチカさん>
マチカさんは5回も経験してるんだもんね、もうWomen's Centerでは「常連さん」になっているのでは・・・。笑。でもさー、産婦人科じゃー、もう「恥ずかしい姿」なんてないも同然だよ。子供を産んで育てるって、恥ずかしいとか恥ずかしくないとか言ってる場合じゃないぐらいにすごいことだもんね!

ムーディーなナースが多く、私にはここの常勤スタッフになるのは無理だわ、と思う反面、母性本能ばりばりのナース達はやっぱり頼もしくもあり、憎めないところがあるのも確かです!笑。
2010/06/20 20:21 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/402-3d7f69ee
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。