アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
究極のオーダーメイド
去年の春、キヨシ君のご両親が遊びに来た際、キルト作りを生甲斐とするキヨシ母に「サブ子と栄作にキルトを作ってあげたいんだけど、どんな柄がいいとか色合いがいいとかある?良かったら親分にデザインをこの本の中から選んでもらって、生地を一緒に選びに行かない?」と誘われた。「えー!ホント!?」と遠慮なくデザインを選ばせてもらい、翌日にはさっそくフェアバンクスにあるキルトショップでキヨシ母と一緒にあーでもない、こーでもない、と生地を選ばせてもらったのだった。「色々とプロジェクトがあるから、完成までどれぐらいかかるかわからないけれど・・・。」とキヨシ母は言っていたけれど、なんとこの春には早々と完成!4月に遊びに来てくれた際に持ってきてくれたのがこれらのキルト。

キルト 余った生地で作ってくれた枕カバーの中に入って喜ぶサブ子と栄作。

なんて幸せな孫達なんだ!っていうか孫達よりも嫁の私の方が喜んだ!(笑)キヨシ母、本当にどうもありがとうー。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[子育て
comment
すっ、すごすぎるv-15
こっちの人の手作りって、本当にすごい!見習いたい!
私は、いまでも亡くなったおじいちゃんの編んでくれたマフラーを大切に持っているよ。
手作りのものって、愛情がこもっていて、本当に素敵!
デザインを親分さん好みで作ってくれる、
キヨシ君母さん、素敵だなぁ~
あの、素晴らしい景色のNinilchikで作ってるんだよね。
うらやましい。
2010/05/23 23:44 | | edit posted by ゆみ
おうこれは一生ものプレゼントですねえ。サブ子ちゃんの子供の子供の子供まで使えそうな、、、。

愛情こもったどこにもない世界に一つだけの素敵なプレゼント。写真を見ただけでもその愛情伝わってきますよ!
キヨシ君のお母さん、あっぱれっ!!!
2010/05/24 17:15 | | edit posted by ちび
いいですね
素晴らしいですねー。
キヨシ君ママの弟子になって、習いたいです。
2010/05/24 17:24 | | edit posted by salie
ゆみちゃん>
そうなのよー。「デザインやら生地選びやら、美味しいとこだけやらせてもらって、いいのかなー。」と言ったら、キヨシ母は「私はそれに頭を悩ますのが実は嫌いなの。はい、これ、この生地を使ってこうしてね、って言われて、頭を使わずに手だけ動かせた方が私はうれしいのよ!」って言ってもらって。ありがたいことです。
子供達もまだ小さいけれど、赤ちゃん用のキルトもそれぞれ作ってもらっているし、今回が2枚目のキルト。ここを巣立っていくときにも一緒に送り出してやりたいと思ってます。私達も結婚したときに実は一枚作ってもらっているんだよ。大切にしなくちゃねー。
おじいちゃん手編みのマフラーってのも本当に素敵!

ちびさん>
そうでしょー。気の遠くなるような作業だよね。愛する孫のために手を動かしてくれたキヨシ母に感謝です。私も実は昔キルト作りに挑戦したことがあるのですが、ミシンもなく、手縫いでちくちくやっていてものすごーく肩が凝ったことを覚えています。
子供達も大きくなったらありがたみがわかるかなー。貰ったときは枕カバーの中に入ってぴょんぴょん飛び跳ねていたけれど!笑。

salieさん>
素敵でしょー。キヨシ母は、結婚してからキルト作りにはまり、それ以来キルト作りが生甲斐なのです。
私もやってみたいと思うのですが、あの膨大な量のピースを計って切ってアイロンかけて・・・と思っていると、私には無理、とはなからあきらめてしまいます。
2010/05/24 18:53 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/397-9dece1db
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。