アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
「アルゼンチンババア」
図書館から借りてきたよしもとばななの「アルゼンチンババア」。傑作だった。

登場するアルゼンチンババアももちろんものすごく魅力的なのだけれど、そんな変わり者の女性と、妻を亡くした後に一緒になる主人公の父がまた傑作だった。墓石を作る職人だった彼が、亡くした妻(イルカが大好きだった妻)の為に作ったのが、マンガのようなかわいらしい白くてつるんとしたイルカの形をした墓石だったというのがまた泣けた。

その墓石をお寺に設置するときに、お経をあげるために来たお坊さんの一人が笑いを堪えるのに大変だったとか、墓を洗っていても神妙な気持ちになりにくく、墓石を洗っているのではなくてイルカを洗っている感覚になれるのがすばらしい、と思える主人公(なにしろイルカは笑って喜んでいるのだ。)とか、そういうのを読んでいて泣き笑いしながら気持ちがすぅっとした。

私の父は陶芸家である。世渡りが下手なのでとんでもなく貧乏だが、自分の作るものに対しては決してウソがないように生きてきたように思う。父は息子(私の10も歳の離れた弟)を小児癌で亡くした時、自分の息子の為に墓石を自分で粘土で作って焼いた。7歳で逝った弟はファミコンが大好きだった。病室のベッドの上で、その痩せた身体で、抗がん剤でつるつるに禿げた頭で、よく本気になってファミコンをしていた。そんな弟が特に気に入っていたのが「ドラゴンクエスト」だった。父は「キメラの翼」の形をした墓石を作って焼いた。キメラの翼はドラゴンクエストに出てくる1アイテムで、強く行きたい場所をイメージし上空に放り投げることで、放り投げた本人の望む目的地に運んでくれる、という便利な道具なのだ。それを自分の息子の墓石のモチーフとして選んだ父を、私達家族は誇りに思っていたので、閉鎖的な小さな田舎町の墓地に異様にたたずむ変な形の墓石を地元の人たちがどう思おうが全く平気だった。ちなみに、父はお墓にあげるお花を生ける花瓶ももちろん自分で焼いたが、それらにはカラフルな「スーパーマリオ」と「ヨッシー」が象嵌されている。

イルカ(リアルに彫ろうと思えばいくらでもリアルに彫れたであろうテクニックで、なぜかマンガのようにかわいらしく、つるんとしたイルカ。)を妻の為に彫った父、そんな父の作った墓を見て、母の死に目を避けた父を許してしまう娘。変わり者として町中の人間にバカにされている「アルゼンチンババア」のところに妻の死後に転がり込み、第二の人生を謳歌している父と、とまどいながらもそんな父を受け入れていく娘。

父と娘の間に存在するアルゼンチンババアがまた魅力的で、その変わった風貌や言動といい、信じられないほどに汚いその住まいといい、とにかく異彩を放つ。

よしもとばななは、こうして心に傷を持ち、それでも前を見て生きてゆく、という人間を書かせたら誰にも負けないとファンの私は思う。よしもとばななの小説の登場人物たちは一見変わっているけれど、その心は「健全」なのだ。辛いことや悲しいことをきちんと消化しながらも、食べて、寝て、暖かいものにはしっかり心を動かされ、自分の足で立って自分の手で幸せを掴もうと、その与えられた人生をきっちりと生きる。

愛する者の死、というものは、周りの者を打ちのめすだけでは決して終わることなく、その背中を明るいものに向けて押してくれるものなのだ。そして死んだ者と共有した思い出は、残された者の心の中でひっそりと、でも確実に生き続けてゆく。よしもとばななはそれを良く知っていて、そういうことをおバカな現代の私達にわかる言葉で書き続けている。ここがすごいところだと私は思う。そんなよしもとばななの文学を「軽い」とか「無邪気」とか「能天気」とか「お手軽」だと批評する人間の気持ちが、私には全くわからない。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[
comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/30 21:54 | | edit posted by
お父さん、そんなお墓を作られたんだ。
素敵だね。
そんな家族の中で育ったから、親分みたいな芯のしっかりした人が育ったんだなあと納得できました。

よしもとばななの文には、
モヤモヤと思ってはいたけれど言葉では言い表せなかったことがずばっと書いてあったり、
フッと心が軽くなるような瞬間があるのが好きです。
「アルゼンチンババア」はまだ読んでいないので
是非読んでみたいな。

「王国」シリーズもいいですよ。
上に書いたような文章が随所にありました。
2010/03/31 14:46 | | edit posted by ルティカ
ありがとう
>よしもとばななの文学を「軽い」とか「無邪気」とか「能天気」とか「お手軽」だと批評する人間の気持ちが、私には全くわからない
周りに死んだ人がいないとか、虐待やいじめとかいった他人からの暴力的な否定に対して免疫がない人たちなのかも知れませんね。
よしもとばななに対して軽いと思った事はないのですが、また話題が唐突に飛ぶような気もしますが、わたし自身、人生の意味とか深い事を考えるようになったのが最近で、改めてよしもとばななを読むと、この人はそんなこと、こんな前に気づいていたよと思う事がよくあります。
深い洞察と、調査もされているだろうに、ある意味「お手軽」で「軽く」読めてしまうことに才能を感じます。
>愛する者の死、というものは、周りの者を打ちのめすだけでは決して終わることなく、その背中を明るいものに向けて押してくれるものなのだ。そして死んだ者と共有した思い出は、残された者の心の中でひっそりと、でも確実に生き続けてゆく。
必ず来る将来の別れに向けて心構えになる言葉ですね。ありがとう。
2010/03/31 22:52 | | edit posted by はる
私はよしもとばななさんの「キッチン」からのファンであります。彼女はその本のあとがきで書いていたけれど、ずっと同じテーマを書いていくていってましたね。

>よしもとばななの文学を「軽い」とか「無邪気」とか「能天気」とか「お手軽」だと批評する

そういう風に最近は彼女の作品を捉えている人がいることにびっくりしました。

彼女の作品は一見軽いように見えるのかもしれないけれど、そのメッセージは重いと思う。だから、あえて彼女は重く感じないように書いているのかもしれないと・・思ったりするのです。

「アルゼンチンババア」は読んだことがないので、いつか読んでみたいと思います。



 
2010/04/01 21:42 | | edit posted by きすか
ルティカさん>
今頃Yっきーとビレッジライフをエンジョイ(笑)してるところかしら?うらやましー!私は風邪で寝込んでます。
よしもとばなな、いいよね・・・。しみじみ。そうそう、ルティカさんとYっきーが好きな川上弘美も読んでみた。確かに面白くてぐんぐん引き込まれたけど(日本語も綺麗だし)、あのなんとも粘着質な感じがちょっと自分には合わないかなと思いました。川上ファンにはそこがいいのかしら。

はるさん>
>深い洞察と、調査もされているだろうに、ある意味「お手軽」で「軽く」読めてしまうことに才能を感じます
その通りかもしれませんね。私は彼女の私生活(オカルト好きとかホメオパシー的な民間療法にどっぷりはまってみたり。)には?と思うこともありますが、彼女の書いたものを読むたびに、その精神の強さとまっすぐで健全な視線に「なんだ、この人まだ大丈夫だ。」と変に安心させられたりしています。(笑)

きすかさん>
私も「キッチン」大好きです。オカマになった、恋人の父親の言葉とか、ちかちゃんの涙とか、みかげの思い、未だに自分の中で生き続けてる気がします。
初期の作品が大好きで、その後ちょっと?と思う時期が続いて(「とかげ」とか「アムリタ」の頃)よしもとばななから遠ざかっていたのですが、「不倫と南米」のあまりの良さに衝撃を受けてまた最近の彼女の作品を読むようになりました。「アルゼンチンババア」良かったですよ!「なんくるない」も!
2010/04/03 09:18 | | edit posted by 親分
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/04 11:15 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/383-c5b3c6f9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。