アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
日本語の本
UAF の学生だった頃、一夏働いていたことのある GI(Geophysical Institute) Library で司書をしていらっしゃるCさんからメールが届いた。日本語の蔵書が増えたのでどうぞ利用してください、とのこと。

GI Library は、International Arctic Research Centerという日本の研究者が沢山働いている施設の中にある。もともとはCさんのアイディアで、フェアバンクス在住日本人の、要らなくなった日本語の本の交換の場、という形で図書館の中に設けてくださった1コーナーだったような気がするのだが、スケート教室の後にサブ子を連れて久々に図書館に足を踏み入れてみると・・・。すごい!日本語の本コーナーが確実に大きくなっている!子供用の絵本あり、日本の映画(ビデオ、DVD)あり。サブ子も「めばえ」などを手に取って「あんぱんまん!」と興奮していたが、もっと興奮していたのは親の私のほうで、吉本ばなな、伊坂幸太郎、石田衣良、等々の小説を片っ端から手にとって目をぎらぎらさせていた。見かねたのか、Cさんが小さな段ボール箱まで持ってきてくださったので、その中に借りたい本やビデオやDVDを一杯に入れ、「どうぞゆーっくり楽しんでくださいね!」というCさんの笑顔に見送られ、ホクホク顔で帰宅した。

以来、私は寝不足になりながら日本語漬けの生活を送り、ちびっ子達は連日ビデオで「千と千尋の神隠し」を見る、という生活を送っている。

後日のCさんからのメールで知ったのだけれど、なんとパブリックライブラリーに日本語の本をリクエストし、「インターライブラリーローン」で入手してもらって貸し出ししてもらう、という手もあるらしい。「インターライブラリーローンでのリクエストで利用者がどんな本を必要としているか、を知ることにもなるので、図書館にとってもいいことなのです。」とCさんもおっしゃっていたけれど、こんなサービスを無料で受けられるなんて!日本語の本がフェアバンクスに住みながら好きなだけ読めるなんて!

というわけで、フェアバンクス在住日本人には朗報だと思うのでここに書きました。皆さん、一緒にGIライブラリーとパブリックライブラリーで日本語の本、DVDを借りましょう。あ、そうそう、それから自宅にもう読み終わって手放しても惜しくないような日本語の本が眠っていたら、ぜひぜひGIライブラリーの日本語の本コーナーに寄付しましょう。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[
comment
そんな所があるんや!

以前「インターライブラリーローン」で日本語の本を頼んでいたときはワシントン州とかカリフォルニア州とか、たまにカナダとかからも届いていたのだけど、GI Library指定で注文とかもできるんかな?
そして、その図書館にある本はネットでパブリックライブラリーにある本のように検索できるんだろうか?

村の図書館が開いていたときは無料だったのだけど
閉まってからは返却代だけ払わないといけなくなって
なんとなく疎遠になっていたので非常に気になります。

それにしても、よしもとばなな&江國 香織から始まって
伊坂幸太郎とか石田衣良とか
好みが似てる!(有名なだけか?!)
2010/03/24 17:34 | | edit posted by ルティカ
こちらに書き込みするの久しぶりです(笑)

日本語の本が図書館に!
いらなくなった本の交換場所が図書館にあるのもすごいけど、
活字不足になりがちな海外生活でそれは嬉しいね。
日本人学校には、そういうコーナーが校社内にあるんだけどね~、
関係者(子供を通わせてるとか、働いてるとか)じゃないと借りられないし。
子供用にもあるのがいいな。もっと増えるといいね!
2010/03/25 13:58 | | edit posted by ゆえ
ルティカさん>

伊坂幸太郎も石田衣良も確か我が地元、仙台の人だったはず!面白いよねぇー。ルティカさんも好きだったんだ。

GIライブラリーの日本語コーナーは蔵書が増えたとはいえ、未だにあくまでも「古本の回し読みコーナー」という感じでカジュアルに設置されている感じで、たぶん検索とか注文とかは出来ないんじゃないかと思います。明日、またCさんのオフィスにお邪魔して日本語の本のインターライブラリーローンの注文の仕方を学んでくる予定なので、詳しいことを色々聞いてくるね!

ゆえちゃん>
ゆえちゃん宅の近くには日本語学校があるの?!うらやましいーーーーっ!アンコちゃんとイサ吉君も大きくなったら行くのかしら?あぁ、うちのサブ子と栄作も、アンカレジぐらい大きな街に住んでいたら日本語学校に行けるのに・・・。うぅ。
それはそうと、やっぱり日本語で読書、いいよねぇ。仕事の休憩(1日12時間半勤務で、たった30分しかない貴重な休憩時間!笑。)中にまで読んでいます。面白い。
2010/03/25 20:22 | | edit posted by 親分
私もいつも利用しているよ~~~
そこで裸の大将の本にも出会ったのだ。
オタミに貰った本もここに近々寄付する予定。
やはり日本語の本はす~っと入って、面白いよね。
2010/03/25 23:48 | | edit posted by きゃらはん
裸の大将の本にはあそこで出会ったのか!(笑)

うれしいよね、フェアバンクス在住日本人にとっては。これからどんどん活用させてもらおうと思ってるよ。
2010/03/27 17:11 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/380-c79d735f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。