アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
バレンタインデー
週末、キヨシ君は準夜勤務なので日勤の私と顔を合わせることがない。私が仕事に出る早朝にはキヨシ君はぐっすり寝ているし、キヨシ君が帰って来る深夜には私がぐっすり寝ている。

今朝、寝ているキヨシ君と子供達を起こさないように、と抜き足差し足忍び足で2階に上がってくると、ダイニングテーブルの上に水仙と雛菊、そしてチョコレートを発見。ゴージャスな真紅のバラのブーケとかではなく、スパゲティーソースの空き瓶に生けられた水仙と雛菊、というところがいかにもキヨシ君らしい。花瓶がどこにあるかわからなかったに違いない。

スクラブのポケットに忍ばせたチョコレート(健康志向の彼が選んでくれたのはカカオ80パーセントというめちゃくちゃビターな板チョコだった。)を仕事中にちびちび食べながら、そのあまりの苦さに顔をしかめつつ、やっぱり心はなんだかほんわかと暖かい1日であった。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[キヨシ君と私
comment
かわいい、キヨシ君。80%のカカオのビターな味が愛されてるって実感だね~。70%でも全然甘くなかったよ~。(笑)
2010/02/14 23:16 | | edit posted by ちび
そうだ!アメリカでは男性からだもんね。素敵。
やはりチョコレートなんだね。


わが家は毎年ダディさんがチョコレートを買ってきてくれますが私は何もしない。

しかし、今年は1日エビを置いて留守にしたので珍しくプレゼントを買ってきました。そして珍しく彼からは何もなし。

欲しがっているものがあるとイベントもやりやすいものです
2010/02/15 04:17 | | edit posted by kiki
泣けるぜ、キヨシ~!
2010/02/16 10:05 | | edit posted by ナンゴ
ちびさん>
ここだけの話、もう食べなくてもいいです、80パーセントカカオチョコ。チョコ好きな私でも半分も食べられなかった・・・。だって苦いだけなんだもん!

Kikiちゃん>
アメリカでは男性から、とか女性から、とかじゃなく、「好きな人になら誰でもなんでもあげてよい」というイベントになっているようだよ。おばあちゃんから孫に、とか。
ダディーさんはKikiちゃんから何もらったのかなー。私からキヨシ君へのプレゼントは安売りの長袖Tを沢山。洋服の買い物が大嫌いな彼なので、こういう機会を利用して買い与えます。(笑)

ナンゴさん>
泣けるでしょー。スパゲティーの空き瓶だよー。(笑)
2010/02/16 21:11 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/371-edf07a6f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。