アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
子育ての先輩
冬晴れ1 これは昨日キヨシ君が帰宅直後に「ちょっと!外綺麗だから写真撮ってきて見せてあげる!」と玄関のドアを開けるなりカメラをつかんで飛び出してゆき、撮ってきた写真。前日に妻が同じことをしていたとは知らない夫。結婚生活もうすぐ8年、考えることが似てきたなぁ。

冬晴れ2 私が写真を撮った日とはまた違った空の色に、白い木々が映えて本当に綺麗。北海道銘菓、「白い恋人」のパッケージを思い出してしまうのは私だけ?

さて、今日も娘と行って来ました、スケート教室3日目。サブ子はちびちびとしたステップながら、母につかまることなく1時間。亀よりも遅いスピードではあったけれど、転ぶ回数も減って、泣いたのも1度きり。これは立派な進歩だろう。やっぱり根気強く励ましてやればいつかは滑れるようになるのかな。

この教室に参加している生徒さん達の中に「太った中年夫婦」がいると前回書いた。奥さんのほうは結構滑れるのだけれど、旦那はもう、私とサブ子レベルだ。腹が出ていて長髪でめがねをかけていて、いかにも運動が出来なそうなオタク風だが、この夫婦はサブ子が転んで立ち上がった時や、スケートリンクの端から端まで延々かけて歩ききった時(決して、「滑って」はいない。)なんかに、大きな拍手で大げさにサブ子を褒めてくれる。

奥さんは「今、あなた娘を必死で手招きして呼んでいるときに自分がバックで滑っていたの、気づいていないでしょう。親って子供の為なら絶対に出来ないと思ってるようなことでもやっちゃうものなのよね。私もそうだったわ、自分の息子を教えようと必死になっていた時。で、後で一人で練習してみると全然出来ないの。」と笑いながら、親の私まで励ましてくれるし、オタク風旦那も、すってーん!と豪快に転んだ後に、「ほら、おじちゃんも転んだよ!でも大丈夫!」とサブ子に笑顔を送ってくれるという、なんともやさしい夫婦なのだ。

1時間のレッスンが終わり、スケートリンクを出ると、観客席で自分の子供達(初心者コースではなく、フィギュアスケートクラスに来ている「滑れる」子達)を見ていたお母さん達からも、「がんばったわね!」「お母さんにつかまらないで一人で歩いて偉かったね!」とサブ子に暖かい言葉がかけられ、誇らしげに「私、ティーチャーにバイバイしてくる!」と笑顔になるサブ子に皆笑いながら、「今のこの時期をうんと楽しんでね。ふと気が付くと、もう10歳ぐらいに大きくなっちゃってるものよ。」と私にも声をかけてくれる。

子育ての先輩方に暖かく見守られながら、下手くそ母娘、がんばってます!
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[子育て
comment
いいね~、スケート教室!
学校でカイラが友達とホッケー遊び(あくまでもホッケーしている振りをして遊ぶだけ)をよくしていると聞き、スケート、させてみっかな~、と思ってたとこ。

親文みたいに、私もするかな~、一緒に。
そしていつか、みんなでクルクルしようじゃないか~!(笑)

サブちゃん、がんばれ~!第2のヤマグチを目指すんじゃ~!
2010/02/06 10:25 | | edit posted by ナンゴ
本当にアメリカの方たちって褒め上手だよね!

しかも英語って褒めるのに良いように出来ている気がするのは私だけでしょうか?

しかし、親分は子供の為に色々考えているよね。母ですな、母。

私はやっと病気を経験したばかり。私も彼の為に良いものを見つけてトライさせてあげたいと思います。
2010/02/07 04:24 | | edit posted by kiki
ナンゴ部長>
いいんじゃない、いいんじゃない?ホッケー選手にぽーっとなってたじゃん、部長も!(笑)自分の息子達もああいう若者に育て上げてちょうだいよ!
残念ながらうちの息子はホッケーって柄じゃないからなー・・・どっちかって言うとスケートリンクの上でリボン持ってくるくるしてそうな感じ?
スケート、面白いよー。サブ子を励ます役目ばっかりで、自分の運動には全然なってないような気がするけど。バランス感覚は絶対に良くなると思う!

Kikiちゃん>
あー、私もそれは思う!アメリカ人は褒め上手!褒めて育てるのが上手だよねー。私も恥ずかしいぐらいに大げさに娘を褒めながらがんばってるわ。(笑)
キヨシ君と私の娘だから、運動神経は絶対に持って生まれていないと思うのです。だからせめて小さな頃からちょっとずつ時間をかけて無理なく練習させれば、大きくなってから自信をつけてくれるかなぁ、と。まぁね、なんでも親の思うようにいくか、って言ったらそうでもないと思うけど!
2010/02/08 16:34 | | edit posted by 親分
こういう人達を含めた子育てって本当に大事だよね。
安心できる環境だね。

うちのがまだ4ヶ月くらいのとき、抱っこしてたら、通りすがりのおばあさん(70歳くらい?)が、

「今が一番いいのよ。知らないうちに40歳になってしまうんだから。」

って、言われて、「大きくなる」でなくて、いきなり「40歳」というのに笑ってしまいました。

運動神経は子供(10歳くらいまでだったっけ?)時代に培われるらしいので、今のうちにうんと運動しておけば、サブ子ちゃんも栄作くんもご両親を超える運動神経の持ち主になるはず!!!

スケート頑張ってね。




2010/02/09 17:27 | | edit posted by ちび
ちびさん>
通りがかりのおばあさん、自分の子供が40代だったのでは?(笑)

フィギュアスケートをやっているお姉さん達(10代前半?)に可愛がられたりして、デイケアやプリスクールでは体験できないような交流も出来るのはプラスだなぁと思いますね。

私もなんだかんだ言って楽しんでるし!面白いですよー、スケート!
2010/02/11 19:02 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/369-dc351b00
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。