アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
夫のこと。
うちの夫はちょっと変わっていて、物事を順序立てて効率良くこなす、ということが一切出来ない。

何かに夢中になるとそのことしか考えられないようで、ぼーっとしている。今は「この夏自分で建てる(と本人は言っている)グリーンハウス、物置、サウナ(でもたぶん今年中には建たない。)」のことについて。ちょっと前は「水槽につけるライト?を自動的に決まった時間にオン、オフする装置作り(これは実際に出来上がった。)」について。その前は「(再び)仏教の教え」について。「特定の動物や昆虫」について時々狂ったように調べまくるのは子供の頃からそうであったらしい、と彼の両親から聞いて結婚する前から知っている。

図書館から大量の本を借りてきてそれをベッドルームのドレッサーの上に積み上げ、連日片っ端から「役に立つ情報」を拾っては何やら紙に下手くそな字でメモを取り、それを一気に紙にタイプして小さく折りたたみ、ズボンのポケットに入れて常時持ち歩く。寝る暇も惜しんでインターネットで延々と調べものをし、何か新しい発見があれば例の紙に書き込みをする。(たまにそれをズボンごと私に洗濯機でガラガラ洗われてしまい、がっくりとうなだれる彼を何度見たことか。)

仕事や学校というところでは全く生かされない興味であることが多く、その興味の為に仕事や学校が疎かになってしまうので、まったく「世渡り」や「社会生活」には向かない不器用な人間だと思う。事実彼は10年以上かかってもまだ大学を卒業できずにいるのだ。アメリカの世のお父さんや夫達が良くそうであるように、家まわりのちょっとしたものを自分で修理したり、時には料理をしたり、妻や子供を連れて行楽地へ家族サービス!ということも、ない。

困った夫だなぁ、頼りにならないなぁ、と普段は不満を漏らしつつも、こっちが本気で悩んで困ったときにちょっと意見を求めると、必ず「一理ある」とこっちが納得できる答えをくれるので馬鹿にも出来ない。卒業はできていなくても彼は一応は大学で哲学を専攻していたのだ。考える、ということに関しては、4つも年下の彼に私はどうやったって適わない。熱しやすく、偏った意見に縛られてすぐに動けなくなってしまう私に反し、彼の柔らかな頭は常に開かれている。

最近ショックな出来事が続いているのだけれど、こういう時こそ彼のような夫が居て助かったな、とつくづく思う。「どうしよう、どう動いてよいのかわからなくなってきた」と思っても、彼の若いのに禿げが進んできた頭や、白髪交じりの赤毛の髭や、めがねの奥のらくだのような目や、ぬぼーっとした後姿を見ていると、「この人と一緒にいるんだから何が起こってもきっと大丈夫だろう。」と根拠も無く思えてしまうから不思議だ。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[キヨシ君と私
comment
前置きがかなり(辛口で)長いですが(笑)、すごい良い人と巡り会えて本当に良かったですね。

奥さんに無茶苦茶言われながらも愛されているキヨシ君も幸せ者です。

末永くお幸せに、、、、。

2010/01/18 19:52 | | edit posted by ちび
読んでいてとてもすてきだな~と思いました。

一緒にいてよかったと思える夫じゃないとここの気候はとてもじゃないけど
厳しすぎますよね笑v-237
2010/01/19 23:32 | | edit posted by あっこ
わかる~。わかる~。

男性なのかきよしくんとダディさんがたまたま同じなのかわが家の夫も結構ボーっとしたり、質問しても答えが返って来ないのでもう一度聞くと、考えているところ等と言います。

でも、私も心配事やどうしようもなく思えるような事が起きたときに『大丈夫かな~?』 と聞くと、『大丈夫。I know so』と言われると、そっかって思えるのが不思議。

あっこちゃん、私はきっと大丈夫。心配かけてごめんね。


やっぱりお互いright personにめぐりあえたんだな~と思える瞬間だよね!
2010/01/20 03:41 | | edit posted by kiki
いつも思うことだけど、色々と辛口に冷静に夫のキヨシ君を分析しながらも、
やっぱり『愛してる』んだな~ってところが見えるので、素敵よ~。
これだけ旦那さんの事で書き連ねられるのもすごい。

私も1つの事でずーっと考え始める性格なので、キヨシ君にちょっと親近感(笑)
でも、キヨシ君ほど没頭はしないけどね~!たまにボーっとしてる程度だよ。
それにしても意外な事実。もう卒業してるのかと思ってたよ!
2010/01/20 04:04 | | edit posted by ゆえ
うちの旦那も同じだよ~。
何かに没頭するとそれしか見えない。順序良く?効率的に?なんて言葉は彼の辞書にはないね(笑)
料理してる時なんてまさにそれを感じるよ。
ただ鍋に湯を沸かす行為一つとってもじーっと湧くまで眺めてたり、オーブンに入れたら焼けるまで見てる…とか。
その間に何かできることをやるなんてことできないから・・・ご飯作るのに2時間も3時間もかかり(しかもとっかかりも遅くてさ)見ててイライラする(笑)
仕事では大丈夫なの~?って本気で心配になるよね。

それでもまぁ、私たちのために何かしてくれようと思ってくれているわけだから、文句は言えまい。
感謝せねばねっ♪
2010/01/20 15:55 | | edit posted by Yng‐zi
ちびさん>
前置きが長くて辛口で滅茶苦茶でごめんなさい。(笑)でもね、自分にないモノを持っているのでその辺はやっぱり適わないな、と一目置いてるんですよ、一応!

あっこちゃん>
素敵でも何でもありません。(笑)全く地味なダメダメ夫婦ですよ。でも確かに、あっこちゃんが言うようになんだかんだ言って仲が良くなかったらこんな場所では生き抜けないかもしれないね!肝に銘じておこう。

kikiちゃん>
あー!私もそれ思った!ダディさんのあの目で自信たっぷりに何か言われると「この人が言うなら、そりゃーそうなんだろう。」と思わされずに居られない感じがあるよね!初めてフェアバンクスで会ったときに思った。あんな旦那がついてるんだから、私なんかが心配しなくても良かったんだったわ!(笑)

ゆえちゃん>
そ・う・な・のー!卒業できてないのよー。しかも「あと一科目」、それも「どうでもいい」基礎の数学の授業、それさえ履修すれば哲学で学位取れるってのに。「卒論」で苦労してる、とかそういうレベルの話なら納得も行くけどさ。数学の得意なキヨシ君なら難なくパスできそうなものなのに、宿題をさっぱりしないしテスト前の準備もさっぱりしないものだから結局途中でリタイアするはめになるのです。お馬鹿でしょ。

Ying-Ziさん>
あぁ同じ匂いを感じる!(笑)私も自分の旦那が心配だわー。仕事場ではどんな仕事ぶりなんだろう、って。(笑)やっぱり知らないでいたほうが良いのかもしれない。
でもさー、料理してくれる分だけいいじゃない!ねずみとかミミズとかの勉強されてるわけじゃないんだから!
2010/01/20 22:10 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/360-d19476e9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。