アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
The Visitor
The Visitor

見ました。邦題は「扉をたたく人」(←なんだかなー・・・。)となっているみたいです。

教鞭をとりながら執筆をすることにすっかり情熱を失い、空虚な毎日を過ごしている大学教授が、ふとしたことから出遭ったシリアのダマスカスからの違法移民である若者と、その彼女(セネガル出身)と暮らすことになる、そこから話が始まります。

アメリカのイミグレーション問題を取り扱った、地味なストーリーではありながら、出てくる役者が皆こぞってすばらしい!主役はもちろん、脇役まで、全く隙がないのです!妻を亡くし、仕事への情熱も亡くし、つまらない人生に何とか色をつけようとピアノの自宅レッスンまで受けている主役の大学教授。その寂しさや空虚感にはぐっと来るものがあったし、まったく違う世界で生きてきた若者からアフリカのドラムの楽しさを教えられ、音楽を通じて心から人生を楽しみはじめる彼を見ていると、思わずこちらまで笑顔にならざるを得なかったし、そして自由の国、(であるはずの)アメリカで「違法住民」として暮らす隣人達の夢、そして現実の厳しさに生まれて初めて触れ、戸惑いながらも思わずまっすぐに手を差し伸べてしまう彼には、切羽詰った強い思いがあふれていました。

ところどころに説明もなくさらりと出てくる自由の国、アメリカのイメージがすごく皮肉的で、ディレクターの強いメッセージを感じずにはいられません。

重いテーマではあるけれど、人間の強さ、可笑しさ、暖かさ、そういったものをすごくうまく描いた、すばらしい映画だったと思います。笑って、怒って、泣いた2時間でした。お奨めです。(特にシリアのダマスカスにお住まいの Yoko さん!笑。)
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[映画
comment
映画も面白そうだけど、「シリア」に反応してしまった(笑)
私の中で行きたい国ナンバー5に入ってます。

映画も今度機会があれば見てみようっと。
2009/12/04 22:22 | | edit posted by ルティカ
なにっ!?
シリアのダマスカスですって!?名指しされたからには、必ず観ます!
しかも、ダマスカス大学のアラビア語コースとりはじめたんですけど、クラスメートにセネガル人が!(笑)無理やりつながり探してますけど。
でもなー、来年カナダか日本で見るしかないかな・・・。

ここではネット規制もニュース規制もあるしな~。エコノミストが最近シリア特集の記事を載せたんですけど、その後からエコノミストのサイトはアクセスブロックになっちゃいました。結構いい事も書いてたのに!

2009/12/05 01:05 | | edit posted by yoko
ルティカさん>
出てくる若者がシリア出身という設定にはなってますが、舞台はNYCです。すごーく良い映画だったのでぜひぜひ機会があれば!

yokoさん>
映画の中で彼がシリアのダマスカス出身だ、と分かった時点で、「こりゃーyokoさんにお知らせせねば!」と思ったんですよ。(笑)私にとってはシリアという国は未知の世界。そうかー、メディア規制もあるような国なんですねー。
どうでもいいけどシリア出身、という設定で出演していた若者もそうでしたが、そのお母さん役の人もめっちゃルックスが良かったんですよ!色が浅黒くて目が印象的!それはやっぱり映画だからですか?(笑)
2009/12/05 09:01 | | edit posted by 親分
>yokoさんへ

ダマスカスに在住されていらっしゃるんですね!バックパッカーからよく「シリアの人たちは親切!」と聞くのですが、実際のところどうなんでしょう?
ネットやサイト規制があるなんて、興味深いです。

なんか思わず興奮して横レスしてしまってごめんなさい。
シュクラン!(とりあえず知ってるアラビア語を使ってみました 苦笑)
2009/12/05 15:21 | | edit posted by ルティカ
ルティカさん>
yokoさんは、現在カナダからシリアのダマスカスにお引越しされてますが、すごーく面白いブログの更新を続けられてます。その名も「yokoのカナダ日記」から改名、「yoko日記」。リンク貼ってます(右カラム)ので、ぜひぜひ遊びに行ってみてください。
2009/12/05 16:05 | | edit posted by 親分
ありがとう~♪
2009/12/05 18:16 | | edit posted by ルティカ
親分さんへ

仰るとおり!シリア人女性、も~何度も振り返っちゃうほど美人が多いです!あの目ヂカラはすごい。映画だけじゃなく、一般人みんなあんな感じですよ。
あのムスリム女性が身につけるヒジャブも、デザインも巻き方もいろいろあって、皆さんとってもオシャレです。

ルティカさんへ

こんにちは!
シリアに興味がおありとは、なかなか!(めずらしい。笑)
バックパッカーの言うとおり、シリア人のホスピタリティは想像以上でしたよ!
日用品を揃えるのに立ち寄った鍋屋さんで、ちょうど夕食時だったらしく「まぁまぁ買うのは後にして一緒に食べなさい」といきなりご馳走になったり、バス乗り場がよくわからなくてうろうろしてたら、通りすがりの人が一緒に歩いて連れてってくれたり(30分も歩いた・笑)。
私もまだまだシリアは住み始めたばかりでわからないこともたくさんありますけど、さっさと旅行記を書き終えてダマスカス生活更新していきますね☆
2009/12/06 06:18 | | edit posted by yoko
yokoさん>
映画の中だけのことじゃないんだ!そっかー、美しい男性女性(しかも親切!笑。)に囲まれての生活、面白そうですねぇー。シリア、ダマスカス日記も楽しみにしてます!
2009/12/06 19:28 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/340-208dc02a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。