アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
Michael Jackson's 「This is it」
注:ファンモード入ってますので、悪しからず!(笑)

小さな頃から「あまのじゃく」で、流行りモノや大スターには一切興味を示すことのなかった私が、唯一大ファンだったのが King of Popと呼ばれた Michael Jackson。

高校時代、妹と一緒にマイケルジャクソンに狂い、繰り返し繰り返しCDを聞いたりビデオを見たり本を読んだり、そりゃーもう立派な大ファンでした。通学のために田んぼのど真ん中を自転車で走りながらウォークマンで聞いたのもマイケルジャクソンだったし、電車の中で聞いていたのもマイケルジャクソンだったし、高校最寄の駅から歩きながら聞いていたのもマイケルジャクソンでした。(田舎に住んでいたので、通学に片道1時間半ぐらいかかっていたのです。笑。)

これで最後の最後だ、と言われていたロンドンコンサートを控え、亡くなってしまった50歳のマイケルジャクソン。このロンドン公演のリハーサルの様子を納めたドキュメンタリー、"This is it"をこの私が見逃すわけがありません。

ACLS(Advanced Cardiac Life Support)の研修が思いもよらず半日も早く終わった金曜日(この辺がアメリカらしいところだなぁ。笑。)、子供達は夕方までデイケアに預けてあるし・・・、思いがけない一人のフリータイム、チャンスは今しかない!とばかりに一人車で映画館へ走り、マイケルジャクソンの映画を食い入るように観る30台も半ばの女。怖い、怖すぎる!

しかしそんな私の期待を裏切ることなく、50歳のマイケルジャクソンはやっぱり King of Popでした。見た目は病的で足なんか折れそうなぐらい細いんですが、若さ溢れるバックダンサー達の動きに負けてないダンス、本番のために声を温存しようと高音こそ出していなかったものの、パワー溢れる歌声は健在で、50歳にしてこの動きと声は普通無理だろう、と驚かされました。

めちゃくちゃな私生活ばかりが取り沙汰された大スターだったけれど、あんな子ども時代をすごして普通に育てというほうが無理なものだろうと私は正直思ってました。報道されていたようなことを本当に彼がしていたかどうか、それは誰にもわからないことだけれど、もし本当だったとしたらそれは決して許されるべきことではないし、悲しいことです。だけど彼が多かれ少なかれ精神を病んでいたことは明らかなことで、それは彼の私生活での奇行ぶりを見ていれば疑う余地もありません。実際この映画での彼の発言聞いていてもやっぱりちょっとおかしいし。 It's all for LOVE, L, O, V, E. (観た人にはわかります。笑。)

まぁ、それは置いといて。

リハーサル中、か細い声で指示を出すマイケルは、誰かがミスすると「いいんだよ、だからリハーサルをするんだから。」と納得が行くまで練習を繰り返していました。大スターだからといっておごらず、ファンを大切にし、最高のエンターテイメントを見せるためには努力を惜しまなかった彼は、私生活はさておき、アーティストとしてはやっぱり本物だったのだ、と。彼が歌と踊りを心から愛していたのだということは、この映画をみれば誰にでもひしひしと伝わってくるはずです。

エキセントリックな彼の発言や行動を暖かく見守り、彼に最高のショーをさせてあげようというスタッフ(コンサートのディレクター、ボイストレイナー、バンドの面々、ダンサー達、その他もろもろ!)の気持ちもものすごく良く現れていたと思います。特に若いダンサー達のなんと暖かいことよ!マイケルがそんなスタッフ達のことを「ファミリー」と呼ぶ気持ちが見ていてよくわかりました。彼に大勢のファンの前でもう一度歌わせてあげたかったな、と一ファンとして本当に残念に思います。

本当に惜しい才能を亡くしたものです。妹と一緒に見たかったな、この映画・・・。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[映画
comment
何よりも、おやびんがマイケルファンだったのが驚き!
しかも一人で映画行くくらい好きだなんて!!
なんかそのギャップに驚いてしまって、それ以外コメントが浮かばない(爆)

・・・おやびんの高校時代ってことは、リサと結婚したあたりの頃??
その頃、あたしゃ洋楽じゃ、スティング狂いだったな。
2009/11/08 21:23 | | edit posted by ルティカ
親分がマイケルジャクソンの大ファンだったとは、知らなかった!
しかもSちゃんもファンだったの~?
もしや15,6年ほど前に来た時のコンサート、行ってた?

日本では2週間延長になったらしいけど、
アメリカではやっぱりきっちり2週間のみなのかしら?
オランダはどの時間も満席というわけじゃないから
(平日の日中なんてまだ空席あるらしいし)、
たぶん2週間だけで終わると思うけど。
でもあの映画は、映画館で観てこそ!な映画だよね。
音といい迫力といい。

>It's all for LOVE, L, O, V, E.

分かる(笑)
2009/11/09 04:00 | | edit posted by ゆえ
うっそ
親分マイコーファン??ちょ~意外!!

私も大ファンでさ、なくなってすぐ35ドルも払ってベスト買ったし...一つの時代が思ったと思ったよね。マイコーがなくなった日、一日両親迎えに出かけてて、空港でなんかマイコーがテレビによく映ってるな~とおもってさ、帰宅してジョンとデーボンから「死んだんだよ」聞いて涙ぐんだわよ...

テーンネージャーの時は登校前にマイコーのスムースクリミナルとバッドを見てから学校に言ってたし、東京ドームにマイコーが来た時は弟と行った。

マイコーのバックダンサーになるんだ、ジャネットみたいになるんだ、と高校時代思いながら、自分の部屋でダンサーになる自主練してたよ(爆)。

天才だよね...。ああしてしまった家族と父親...悲しい事実だよね。
もっと家族愛に恵まれていたらマイコーはどんな人生だったんだろうと思うよ...。

ジャクソンファイブ再結成とか言っているけど、悲しすぎるよね...
金ってそこまで人間をおかしくするもんだと...貧乏でよかったと(爆)思うよ。

マイコーは永遠に不滅です。
2009/11/09 06:34 | | edit posted by ナンゴ
私も大ファンではないにしろ、高校のときに
ベストヒットUSAなんかで、プロモーションビデオなるものが
出始めて、マイケルのすごい大作が初めてオンエアされる
って日は、テレビの前に正座して(ちょっとウソ)見ました
から。。

彼が亡くなった日は、すぬたとすぬ夫が旅行先に先に
発っていた日だったので、1人夜な夜な追悼番組と
ユーチューブを見て、故人をしのんでおりました。

ジャクソンファイブ時代も歌もダンスもうまいし、
もちろん大人になってからも。。

彼の奇行や言動はさておき、マイケルは、
真のエンターティナーですよね。

映画見る機会あるかな~。
2009/11/09 11:16 | | edit posted by すぬこ
ルティカさん>
ふふふ。よく言われるわ。「親分」のイメージを壊しちゃいけない、と思って(どんなイメージじゃ!笑)秘密にしてたんだけど、この映画観たらそんな自分が恥ずかしくなったわ。「ブログでもカミングアウトせねば!」って。(爆)
リサと結婚するずーーーーーーーーーっと前のことです。チンパンジーのバブルスとディズニーランド貸切とかしてた頃かな?(ファンじゃないとわかんねー。苦笑。)・・・ってことは私中学生ぐらいの頃からすでにファンだったのかもしれない。もう昔のことでよく覚えてないわー。

ゆえちゃん>
そうよー。Sのほうがある意味私よりも狂っていたかもしれない。田舎の貧乏家族だったので東京でのコンサートにももちろんいけず、Sと一緒に居間のこたつでマイケルのビデオを繰り返し繰り返し見てました。(笑)
なんかさ、映画のあちこちにも現れてるけど、マイケルのおかしな発言とか、リハなのについ本気で歌ったり踊ったりしちゃった後に照れている姿がファンとしては「お茶目だな」と思いました。It's all for love, L,O,V,E. (笑)

ナンゴ部長>
部長もだったのー!?なんだー、こっちに住んでるうちにお茶の間ビデオコンサートでもして盛り上がるんだったのにー!(笑)もっと早くにカミングアウトしてれば良かったわ。
マイコーのバックダンサーを夢見て自分の部屋で自主練する若い部長の姿が目に浮かぶわ。そういう熱い若者達が世界中から集まってロンドンコンサートのバックダンサーオーディションでふるいにかけられてたよ。部長は映画観た?
なんか、小さな頃から家族だけじゃなくって芸能界でも利用されまくって人間不信に陥ったようなところもあるだろうし、すごく繊細な人だったみたいだから相当傷ついていたんだろうね。黒人として初めてメジャーな雑誌の表紙を飾ったりとかもしてたので、注目と一緒に相当な批判や中傷も受けただろうしね。私としては Off the Wall (整形前)の頃のまさに黒人!的風貌なマイケルが一番かっこよかったと思うんだけど、あれからどんどんおかしくなっちゃって・・・。まぁその弱さも含めてマイケル、ってことで。
私は Human Nature とか Rock with You とか Black or White が好きだなー!Jackson 5 時代のナンバーもいいよねぇー。って、ファントークは尽きない!(笑)

すぬこさん>
MTVでのビリージーンのパフォーマンス(ムーンウォーク初お披露目)がやっぱり歴史的瞬間じゃないかと!(笑)あの人新しいことを色々やったし、私生活では色々とんでもないことばかりしでかしましたが、やっぱり天才だったんだなぁーと映画を観ていて思いました。大画面でみることをお奨めしますが、もし映画館に行くのが無理だったらぜひぜひDVDででも!
2009/11/09 11:26 | | edit posted by 親分
すぬこさん、ベストヒットUSAって(爆)、懐かし過ぎです。私毎週ビデオにとって、50本くらいになってました、全部アーティストと曲名をノートに書いて、ベストヒットUSAデータベース作ってました(爆)何本目に誰の何が入ってるって分かるように...あああ、なつかしい。

親分、いや~、皆の白い目に打たれても、会合でマイコーのビデオ流せばよかったな~(爆)。私はやっぱりスリラー/ビートイットのあと、最長点にたどり着いたバッドがよかったな~。マイケルジャクソン!っていうのが確立されたっていうの?80年代後半。でも~わかる~、 Rock with You いいよね~、好き好き。ベミジの映画館、改造中でな~んにも映画みれないのよ(爆)。DVDで見るわ、ムーンウォークが結構うまいジョニーと(爆)。
2009/11/09 17:48 | | edit posted by ナンゴ
部長>
ベストヒットUSA、私は見た覚えがないんだよね。宮城県じゃやってなかったのかなー。(笑)
ホントだねぇ、会合でマイケルジャクソンビデオ一緒に見たかったねぇー。確かにBADの頃のマイケルが最高潮だったような気がする。あのカリスマ性、すごかったよなぁ。
映画、明日また映画館に行ってみてきます。(爆)あんまり私が「良かった、良かった」とうるさいものだからキヨシ君が観たがっていて。子供達デイケアに預けてまでも行って来るわよ!!!部長の分まで観てくるわ!(笑)
2009/11/09 19:27 | | edit posted by 親分
映画誘ってよ~~
2009/11/11 22:14 | | edit posted by きゃらはん
きゃらはんさん>
実は研修終わった時点で電話して誘おうと思ったんだけど、夕方5時頃じゃないときゃらはんさんには電話しちゃいけないんだった、と思って止めたのよ。だって夜勤に備えて寝てるところをまた起こしちゃうと困るじゃん!(過去に何度も失敗して起こしてるから。笑。)

マイコーでも一緒に観てくれるー!?
2009/11/11 22:41 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/329-beab217b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。