アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
日本里帰りの旅 ’09 番外編1 「ここが素晴らしい、日本!」
その1:サービス
成田空港に降り立ち、一番先に行ったのが空港内の宅配便サービスカウンター。カーシートの梱包やら、スーツケースの荷詰めのし直しやら、おじさんがまぁとにかく色々やってくれた。丁寧、迅速。すばらしい。帰りもスーツケースは宮城の自宅から成田空港まで宅急便で郵送したのだが、お願いした時間ぴったりに自宅までスーツケースを受け取りに来てくれる日本の宅配便ってすごい。

そして次に寄った空港内のコンビニ。コンビニの店員さんの丁寧さに驚く。「○○とご一緒に△△はいかがでしょうか?」と薦められたので、「いや、結構です。」と断ると「失礼いたしました!」と謝られた。そして彼女はペットボトルをちょっと倒しては、「大変失礼いたしました!」とまた心から恐縮していた。いいのよ、ペットボトルを倒したぐらいで。

日本はとにかくサービスが徹底していると再確認した旅。あっちへ行ってもこっちへ行っても、何を質問しても誠意を込めてきちんと回答してくれる。これは国民性なのかなー。

その2:お笑い

日本のお笑いはやっぱり面白い。特にさんまのからくりTVで替え歌をやっていた太った可愛い女芸人、渡辺直美に惚れた。彼女の歌った替え歌、「ビヨンセ」に母と一緒に涙を流してお腹が痛くなるほど笑ったのも、今回の日本の旅の良い思い出。テレビを見てあんなに笑ったのは久しぶりだなぁ。

その3:買い物天国

アメリカほど安くはないが、「質のよい」商品が「そこそこの値段で」手に入る日本はすごい。無印良品では、できれば店ごと買い取りたい欲望に駆られて大変だった。今回の旅での私の一番大きな買い物、それは「IH圧力炊飯釜」。なんとスーツケースに入れて持ち帰ってきたのだけれど(笑)、IH圧力で炊いた玄米はやっぱり味が違います!

炊飯器1 ものすごい種類!「玄米が美味しく炊ける炊飯器を」と店員さんに相談して買いました。店員さんは若い男の子だったのにやっぱり「炊飯器」に関しては熟知しており、またしても関心させられました。

炊飯器2 母親が炊飯器選びに忙しくしている間、息子はじぃじと店内を走り回ります。

その他今回の旅で買ってきた日本のものリスト。
アンパンマン補助便座(えぇ、一升炊きサイズの炊飯器と一緒に、スーツケースに入れて持ち帰ってきましたとも。)
子供用弁当箱
スライサー(千切りとか薄切りとかおろしとか、色々できるタイプ。実家にあったのを「これ、いいねぇー」と言ったら、母が新しいのを買って持たせてくれた。)
入浴剤各種(ツムラ日本の名湯、等々。)
古本大量に(自分用&子供用)
UNIQLO ヒートテック 長袖、七部袖、下ズボン(っていうのか?笑。)各種。(これ冬にアウトドアで着るのに最高でしょう!)
手ぬぐい、はんかち(日本的で洒落た柄のを何枚も)
無印良品にて、リネン類色々
モダンなかんざし(妹からの誕生日ブレゼント)
梳きバサミ(子供の散髪用)
洋服、食料品

キヨシ君は北海道の「まりも」を再び購入してこっそりお持ち帰り。

その4:美容師さん

海外在住の皆さんはほとんど皆そうだと思うけれど、私も例に漏れず日本に帰る度に美容室に行く。今回もなんとか時間を見つけて一人実家を抜け出し、日本のヘアカット&パーマ体験。妹がいつも担当してもらっているという美容師さんに予約を入れます。
「今日担当させていただきます、○○でぇーす。よろしくお願いいたしまぁーす」と自己紹介する彼は、妹曰く「小室哲也似」のいい味出してる店長。確かに雰囲気は似てるがちょっと違う。(笑)彼のしなりはアメリカ人にはゲイに写っても仕方がない。子供番組のお兄さんがゲイじゃないのにアメリカ人にゲイだと思われてしまうのと一緒だ。アメリカにはこういうタイプの男の人はいないのだ。キヨシ君を連れてきて彼に会わせてみたかった、と心から後悔するが時すでに遅し。彼の髪は柔らかな茶髪、綺麗に梳かれてふわふわーとセットしてあり、ちょっとはだけた胸元からは素敵なシルバーのネックレスがのぞく。そんな彼の一語一動がいちいち面白く、心の中で突っ込みを入れながら過ごしたあっという間の2時間半。(パーマをかけたので結構時間がかかったのだ。)
しかしそんな彼でも(笑)仕事は出来ます、さすが店長!流れるような鋏さばきに目を奪われながら、日本の美容師さんのテクニックは世界に誇れる!と褒め倒すと、やっぱりうれしそうな「贋小室哲也」でありました。シャンプーとかマッサージとかも、やっぱり日本の美容師さんってってすばらしいなぁと再確認した日本の美容院体験でした!
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[
comment
日本って、サービスだとやっぱり世界一なんでないかと思うよ。たまにやり過ぎな感がなくもないけど。

キヨシ君の「まりも」が彼らしいなあ。まりもって英語で何て言うの?昨日きゃらはん嬢とちょっと話題になってて、気になってるのだ。

おやびんのパーマ姿、見たかったなあ。残念。今度機会があったら、是非お茶でもしましょう!
2009/11/01 00:01 | | edit posted by ルティカ
ルティカさん>
確かに日本、サービスやりすぎの感はあるね。お菓子とか、過剰包装!でもスーパーなんかではすでに買い物袋有料化とかが始まっていて、その辺はこっちよりも進んでるなぁと思ったけど。

まりもは英語でなんていうのか。私もわかりません。(笑)キヨシ君も「Marimo」って呼んでるよ。

パーマはくせ毛風に本当にゆるくかけてもらって、湿気の多い日本ではかなり良い感じだったのに、めっちゃ乾燥しているフェアバンクスに戻ってきたら「パーマかけたのがわからない」ぐらいに伸びてしまいました。(涙)湿気の差のことまで考えてなかったよ・・・。
2009/11/01 09:24 | | edit posted by 親分
すご!
炊飯器、スーツケースに入れて持って帰ったんか~!?
出来るものなのね~!
って、する前から諦めてた私だよ。

「ここが素晴らしい、日本!」の親分の意見全てに賛同です。
コンビニの店員さんには笑った。。。オランダでも、
ペットボトル倒したくらいじゃ何も言われないよ。。。
日本の丁寧さがたまに鼻に付く時もあるけど、
でも日本に旅行する外国人だって感心するくらいなんだからさぁ。
2009/11/01 13:11 | | edit posted by ゆえ
宅急便はすばらしいですよね~。北海道沖縄離島以外はたいてい翌日配達ですものね。5時に集配して翌朝8時にお届け可能ってありえない!!京都の路地なんか道がせまくって自転車にリアカーで配達してるの見て、目頭が熱くなりました。

買い物天国!
親分さんは、炊飯器ですか。私は次回小回り効く掃除機を狙ってます。スーツケースに入れたって、すごい!それにしても、この品揃えのよさ、たまりませんね。カナダじゃウォルマートでもありませんよ、こんな品揃え。

私も無印大好きです。実家の近所にないんで、いつも時間がなさすぎてゆっくり見れないのがツライ。わかってるものは、里帰り前にネットで買っておきますが、やっぱりお店で見る楽しさには変えられません。店丸ごと買いたいに納得♪

ユニクロヒートテック!激寒地に住むものにはお役立ちグッズですよね。昨日トリックオアトリート時にも着せました。こちらでもアウトドア用下着はありますが、値段が全然違う。私もすでに今年用をネットで買い込みました。

美容院事情。。日本ではヘッドスパなるものが人気のようで。。時間延長してこれやってもらって、極楽でしたよ。試供品みたいなお土産もたくさんいただくのも日本ならではでしょうか~。
2009/11/01 19:40 | | edit posted by すぬこ
ゆえちゃん>
炊飯器を入れて持ち帰れるように、ってキヨシ君用に巨大なスーツケース買ったのよ。電気屋さんから買ってきたまま(箱に梱包されているのをそのまま)スーツケースに入れて、周りをリネン類でガードしたら無傷でフェアバンクスまで持って帰ってこれたよ!(笑)ゆえちゃんも次回帰国の際にぜひ挑戦してみて。
確かに、日本「サービスやり過ぎ」って感もしないでもないけど、他国に住んでみるとあのすばらしさを再確認せざるをえません!

すぬこさん>
もしかしてチャット状態!?
自転車にリアカーで配達、ってその根性やっぱり日本人じゃないと無理でしょう!すごいな、日本の宅急便!!!
なんのビジネスに関しても、「お客様は神様です」じゃないけど、日本はどこも社員教育が徹底してると思いますね。あれじゃー、他国はかないませんよねえー。
2009/11/01 19:51 | | edit posted by 親分
なんか解るな~。


今年2度のアメリカ旅行でレンタカーを借りた際、チャイルドシートを頼んであったのですが、言って初めて出てくる。そして「ほらよ」とばかりに渡して「自分で着けな」って感じだもんね。日本ならはじめから装着してあるか係りの人がすみませんって感じで着けてくれるもんね。

ダディさんはだからアメリカ嫌いと言っていました。もうあの人日本以外には住めないよ・・・
2009/11/01 22:09 | | edit posted by kiki
kikiちゃん>
そうそう、日本人は本当にそういう細かいところに気が付いて何から何までやってくれるじゃん?こっちだと前もって何度も何度も確認しておいて、当日さっぱり、ってことが多々あって、本当に来たばっかりの頃はいちいち腹を立ててましたねぇ。

ダディさん、こっちに戻ってきたら逆カルチャーショックで結構辛いかも。(笑)
2009/11/02 09:06 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/320-3967053e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。