アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
日本里帰りの旅 ’09 その8 「塩釜神社&35歳の誕生日」
旅の記憶が新鮮なうちに!と思ってがんばって旅行記書いてたんですが、キヨシ君の両親が遊びに来ていたりして、ちょっと間があいてしまいました。

さて、北海道からフェリーに乗って一泊、翌日昼前に着いた仙台港から直接行ったのがここ、塩釜神社です。私が3歳の七五三をしたのがここでした。「キヨシ君喜ぶんじゃない?」という両親の読みに外れはなく、彼は「草をむしるおばさん」にまで感動し「僕もあんな仕事がしたいなぁ。こんなビューティフルで古いもの達に囲まれて、神社内を綺麗にしてまわる仕事だなんてすばらしいじゃない!」と。巨木の折れそうになっている枝を添え木や縄で固定してあるのを見ては「日本はこういうところがすばらしいよね、アメリカだったらこういう木は根本からばっさり切り倒されてしまうに決まってるよ。」と・・・。キヨシ君の目を通して見る塩釜神社は、私にとっても新鮮に映りました。

塩釜神社1 栄作とじじばば。

塩釜神社2 参拝前には手と口を清めて・・・。

塩釜神社3 「この牛を撫でると将来お金に困らない」とか、なんとか書いてあったので、「撫でとけ!撫でとけ!」と子供達をけしかける私でした。(笑)

塩釜神社4 32年前に私が七五三をしたのがここです!

塩釜神社5 このご神木の前での祖母と孫の会話。
親分母:「サブ子、ほら見てごらん、大きい木だねぇ。トトロがいそうだねぇ。」
サブ子:「イナイダヨ!」
何々ダヨ!というのは、サブ子が日本に着いて初めて覚えた新しい日本語です。

塩釜神社6 鳩を見つけて大喜び!アメリカでは「空飛ぶネズミ」と呼ばれ、毛嫌いされる鳩も日本では「平和の象徴」。日本の鳩は幸せ者ですねぇ。しかしそんな鳩もサブ子に追い掛け回され、栄作には平手打ちをくらい、飛んで逃げると「Hey! Come back!!!」とののしられ、まったくかわいそうなものでした。

塩釜神社7 鳩使いになってしまったキヨシ君。

塩釜神社8 帰りにここで食べた3色団子とお茶が美味しかった!

「キヨシ君だけじゃなくて子供達にも意外と受けたねぇ、神社!」と喜ぶじじばばは、調子に乗って「松島水族館にも寄っていく?」と。これを聞いたお魚博士のキヨシ君が「No」というはずもありません。アシカのショーやら大きなマンボウやら色々ありましたが、キヨシ君が一番喜んだのがこれ。水槽に手を入れると、古い角質を食べに吸い付いてくるというドクターフィッシュです。

ドクターフィッシュ1 「あぁぁー、幸せ。。。僕、この魚欲しい。」後々、水族館のお姉さんに学名をちゃっかり聞いていたキヨシ君でした。

ドクターフィッシュ2 キヨシ君の手の角質を一生懸命食べてくれているドクターフィッシュ。親分母は「気持ちわるー!」と心から嫌がっている様子でしたが・・・。

さて、日付は変わって9月30日。私の35歳の誕生日です。あぁー、四捨五入すると40-。(笑)家族で仙台八木山動物公園へ。ここにも子供の頃はよく親に連れて行ってもらったものです。

八木山動物園1 アフリカゾウのそばに行きたい栄作。栄作はどの動物を見ても、檻の中に入って触りたがって困りました。

八木山動物園2 「No!」と遠足(?)に来ていたお兄ちゃん達を追い払おうとしている栄作。彼の辞書に「シェア」という文字は無い。

八木山動物園3 ガラス越しとはいえ、こんなに近くで可愛い白熊を見られて大満足!

お弁当を食べたり動物を見て回ったりして動物園を満喫した後は、ショッピングモールでお買い物!実はこの日本の旅2週半の間に、子供達を親に見てもらってキヨシ君と仙台の町をデート!キヨシ君と共通の友人のMaqista君とその奥さんと4人で外食!というのを楽しみにしていた私なのですが、何しろ栄作が手のつけられない「ママっ子」になってしまい、私が至近距離にいないと「ママー!」「ママー!」と泣いて暴れるという始末。さすがにこの暴れん坊を置いて遊んで歩くというわけにもいかず、結局2人きりでのデートは断念したというわけでした。なので買い物も残念ながら子連れ。しかし5年ぶりの日本での買い物だ、このチャンスを逃してはならない!というわけで、私は目をらんらんとさせてお買い物してました。

無印良品1 私の大好きな無印良品にて!母が買い物狂いになっている間、娘はこんなことに・・・。お店のお姉さん達、ごめんなさい・・・。

無印良品2 野生児2人相手に手を焼いているじじばば。

いやー、しかし私は楽しかったですね、お買い物!(笑)

実家に帰ると妹一家が大きなケーキ(あぁ、日本のふわふわケーキ・・・。けっしてアメリカの砂糖じゃりじゃり着色料ばりばりバタークリームケーキじゃありません。笑。イチジクやメロンやイチゴやぶどうや、もうとにかく美味しい果物がたくさん乗った激ウマ生クリームケーキでした。)と綺麗な花束を持ってやってきて、皆からプレゼントをもらい、美味しいものをたらふく食べて、とにもかくにも私は35になってしまったのでありました。

幸せな誕生日、みんな本当にありがとう!
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[
comment
誕生日おめでとう v-274

サブ子ちゃんの「イナイだよ」がかわいいね。子供は吸収が早い。

家族みんなが楽しそうで、とってもいい里帰りができてよかったね。日本のケーキ、私も食べたい。
2009/10/23 15:38 | | edit posted by ルティカ
誕生日おめでとう!
「イナイダヨ」には笑わせてもらったわ。
無印が一瞬「親分家.居間」かと思ったわ(爆笑)
2009/10/24 04:01 | | edit posted by mr
そうだった!!成田で誕生日おめでとう言っていなかった!!

35歳おめでとう!!!!!


サブ子ちゃんの七五三着物写真はないの?プリンセスサブ子見たいわ~!!
2009/10/24 11:23 | | edit posted by あーちゃんのかか
ルティカさん>
私の脳みそもサブ子ぐらい柔らかかったら言語習得も楽なのに、と思うわ。日本のケーキってほんと美味しいよね。あのふわふわ度と生クリームの繊細な甘さがどうしてアメリカでは出せないのかしら!!!

Mr>
「イナイダヨ」の他にも「何々じゃないダヨ!」とか「いらないダヨ」とかいろんなバージョンがありました。
あんな居間だったらいいわ。(笑)入浴剤から、食器から、リネンから、文具から、まぁとにかく買い占めたい欲望に駆られて大変でした。あぁ危険、無印。

あーちゃんのかかさん>
ありがとうー。私も35よー。
七五三写真はもちろんブログにアップするわよ。ちょっと待っててね。
2009/10/24 14:51 | | edit posted by 親分
親分、お誕生日おめでとう!四捨五入したら同い年じゃん!

サブ子ちゃんの「いないだよ」はかわいい。
うちの変な日本語は、「ほら、においしてごらん」(自分がオナラをしたのではないと主張するときに使う)と、「ママ、いっしょにカツォーネ(勝とうね)」(イタリア語か?と突っ込みたくなる母親)。後、「してへんじゃん」のように、関西弁と関東弁をミックスして言うことかな?

あ、それから、この無印のソファ、うちのも大好きで、行くと必ずくつろぎます。大きいのは先日セールになってたので、買いました。こどもは昼寝用。旦那も気持ちいいと寝そべってます。

Dr.フィッシュってアメリカにはないのかな????ヒルが汚い血を吸うっていうのは知ってるけど、あれはちょっとグロテスクだもんね。キヨシ君の至福の瞬間がしっかり撮れてます(笑)。

栄作くんの凄さも何かだんだん具体的にわかってきたような気がします、、、、、、、。
2009/10/25 02:26 | | edit posted by ちび
ちびさん>
でしょ、でしょ!栄作の凄さがだんだん浮き彫りになってきてますよねー。どうしよー。(泣)なんか日本から帰ってきてからさらにパワーアップしてるような気がするんですけど・・・。

それにしてもSちゃんの「カツォーネ」カッコ良すぎ。(爆)子供って本当に面白いですね。

私は無印の「こたつ(&こたつ布団)」を買って帰りたかったんです。(無理だ、っつーの。)
2009/10/25 21:28 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/318-d79a113a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。