アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
日本里帰りの旅 ’09 その4 「味覚の秋!」
これまで、日本への里帰りはいつも冬だったため、キヨシ君が日本の秋の味覚を堪能するのはこれが初めてです。まず、実家について食べたぶどう(巨峰)の美味しさにうなっていた彼。「まるで香水のような匂いがするけれど・・・。」と最初は怖がっていたほど、日本のぶどうの味覚は強烈だったようです。そういえば日本滞在中、彼に食べさせたかったもののひとつがデラウェア。アメリカではああいう小粒のぶどうって売ってませんよね?もちろんデラウェアも喜んで食べていたキヨシ君でした。他にも、柿や梨といった日本の秋の果物の美味しさといったらなかったです。

さて、薬も効いてきたのか回復に向かうサブ子、実家に閉じ込めておくのもなんだし、ということで実家到着の翌日には家族総勢、地元の海へ。ちょうど「秋祭り」というのをやっていて、こんなものまで食べることが出来ました。

ほたて 焼きホタテ。

はらこ飯 はらこ飯。

はらこ飯とは、私の地元の名物で、しょうゆ味で炊いた鮭ご飯にいくらが乗っているという、夢のように美味しいご飯なのです。ちなみに写真右に写っているはらこ飯のつつみを掲げているのは親分父の手。はらこ飯と焼きホタテで腹ごしらえをした後は、ヨーヨー釣りをし、公園で遊び、そしてさらに砂浜で遊ぶ!

鳥の海 孫2人相手に本気で遊ぶ親分父。

砂だらけになって車で実家へ向かう途中、キヨシ君が一生懸命車窓からパチリパチリとやっているな、と思ったら、こんな写真・・・。そうか、キヨシ君には物珍しい風景なのだな、と、私にとっては見慣れた稲刈り風景がまた一風違ってみえました。

稲刈り 稲刈り。

お腹いっぱいのはずなのに「ミニストップのソフト美味しいよ。」と車を止める両親。もうお腹に入らないよー、といいつつ、食べてみたら本当に美味しくて完食。特に、けっこうビターな甘さのベルギーチョコソフト、そして抹茶白玉ソフト(あんこも入ってました。)が絶品でした。

ミニストップ

それから日本でどうしても食べたかったもののひとつがこれ。

さんまの塩焼き 秋刀魚の塩焼き&大根おろし。

普段はアルコールをめったに飲まない私でも、この秋刀魚の塩焼きとビール、という組み合わせにはごくりとつばを飲んでしまいます。ちなみに、さすがのお魚博士のキヨシ君も、秋刀魚(Saury)を見たのはこれが初めてだとか。アメリカ人は秋刀魚を食べませんが、それは秋刀魚が獲れないからなのか、ただ食べる習慣がないだけなのか、それは不明です。これ、アメリカでも食べられたらどんなに幸せなことか・・・。

そして家族や友人揃ってのバーベキュー大会。焼肉や野菜のほかに、ホヤやイカまで炭火でじゅーじゅーと焼かれ、皆でわいわい楽しく食べるごはんは格別のものがありましたが、個人的には妹の旦那、M君がせっせと焼いてくれた焼き鳥が一番美味しかった!食後のおやつは、私が夢にまで見た3色だんご(これはM君のご両親が買ってきてくれた。)と、父の友人が「私がアメリカに住んでいたとき、この日本のみかんが食べたくて仕方がなかったのを思い出してねぇ・・・。ちょっと時期が早いんだけど。」と買ってきてくれたハウスみかん。皆の心遣いが本当にうれしい集まりでした。

BBQ

この他にも、焼きもろこし、味噌ラーメン&餃子、母が作った地元の郷土料理、芋煮(さといもが入った豚汁のようなものです。他にもねぎとかごぼうとかにんじんとかこんにゃくとか、とにかく具がいっぱい入っていて激ウマ!)、さばの味噌煮、笹かまぼこ、生どら、牛タン、と日本の味、地元の味を堪能した2週間半でした。

しかしサブ子と栄作が日本で一番喜んだもの。それは納豆ごはん・・・。朝も晩もどんなご馳走が食卓に並ぼうが、「I want to eat ナットーゴハン!」を繰り返す子供達に、苦笑しながら「はいはい、いくらでも好きなだけ食べていきなさい!!!」とせっせと納豆を冷蔵庫から出してきてかき混ぜてやる親分母でした。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[
comment
いいねぇ!お腹すいちったわよ。
私は冬に帰ったことがまだないので
鍋とか食べたいな。

ところで、生どらって何?
2009/10/13 20:08 | | edit posted by ルティカ
里帰り報告が一気に増えてる~。おかえり~。
美味しそうなものたくさん食べてるね。日本にいてもこんなにいろいろ食べる機会はないのでうらやましい!
それにしても親分父と親分の顔がそっくりじゃないの。

ちなみに我が娘はホクナリンならぬセキナリンテープを使用してます。あの小さいテープにどんだけ成分が詰まってるのか不思議なくらい即効性あって便利よね。
2009/10/14 03:35 | | edit posted by N
な、なんですか、そのベルギーチョコソフトってのは!
ミニストップって京都ではあまり見かけないのですが
探して行ってしまいそう(笑)

秋刀魚の塩焼き~~、味噌ラーメン~~、日本の味覚
でのバーベキュ~~~。いいな、いいな~。

親分父、母さんとたくさん遊んでもらってよかったですね。
2009/10/14 06:45 | | edit posted by すぬこ
いやー、めちゃくちゃ惹かれますねー。
はらこ飯に焼きホタテ、羨まし過ぎます。
2009/10/14 10:29 | | edit posted by salie
凄い幸せそうなキヨシ君!美味しそうだね
親分さんはお父さん似だね。
髪の毛が凍ったお母さんも嬉しそうね。
あーやっぱり日本が一番良いね。食v-16
2009/10/14 17:06 | | edit posted by mr
ルティカさん>
えぇー、冬に日本に帰ったことがないの?そうか、こっちの学校で働いていると、冬に長期の休みをもらうことってちょっと難しいのかもしれないね。
生どらとは、あんこと生クリーム?が混ざったものが挟まったどらやきのことです。仙台名物なのですが、めっちゃうまいのです。個人的には「萩の月」を越えると思います。

Nちゃん>
これまでの人生、母親似だ、母親の頭をちょん切って付けたようだ、と言われ続けて生きてきたので、この日記で「お父さんに似てる!」というコメントを2件ももらい、驚いた私です。そう?
セキナリンテープなんてのもあるんだ!なんて安易なネーミング!(笑)

すぬこさん>
宮城にはミニストップたくさんありましたよ。ソフトクリームを食べたここは、なぜか田んぼのど真ん中にありました。昔は実家付近はコンビニなどなかったのになー。変わったもんだなーと思いながらソフトを堪能しました。
すみません、海外在住組には拷問モノの日記でした。(笑)

Salieさん>
あの、醤油の香ばしい匂いだけでやられちゃいますよね。(笑)

Mr>
これまでずーっと母親似だと言われ続けてきたので、ここでの皆からの反応に驚いた私です。歳とって私の顔も変わってきたのかなー。(笑)食べ物はやっぱり日本が一番よね。
うちの母に「そろそろアメリカの食べ物が恋しくなってきたんじゃないの?」と聞かれたキヨシ君ですら、厳しい顔で「NO!アメリカのことを思い起こさせる食べ物は見たくもありません。」と返答していたぐらいです。
2009/10/14 20:07 | | edit posted by 親分
こりゃたまらん。
あたいも日本帰りたい~~~!!!
2009/10/16 08:13 | | edit posted by きゃらはん
きゃらはんさん>
はやくPTO貯めてお帰り。(笑)やっぱり冬の日本もいいけれど、秋の日本もなかなか良かったわよ。特に食べ物が。「おかず味噌」気に入っていただけたかしら?
2009/10/16 17:45 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/314-ceb1954d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。