アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
日本里帰りの旅 ’09 その2 「悪夢の機内」
新型インフルエンザの影響で空港チェックがすごく厳しいとか、下手すると飛行機に乗せてもらえないとか、まぁ色々聞いてましたがそんなチェックは一切なし。サブ子の熱も下がり、空港でははしゃいで走り回るほどに。いったいどんな回復力なんだ。子供ってすごい。

シアトルまでの便は空席なしだったため栄作は膝乗せでしたが、シアトルから成田までは空席あり、栄作用にも座席を一席もらうことができました。事前のチェックでは「空席がある場合はチャイルドシートを使っても良いから、念のために持ってきたほうがいい。」と言われていたのであの大きなチャイルドシートを機内持ち込み用に持っていったにも関わらず、空港では「購入した席でない限り、何かあったときにエアライン側で保障しかねるのでチャイルドシートの使用はできません。」とのこと。泣く泣く乳母車と一緒にゲートチェック。「チャイルドシートに乗せていれば本人も座ってなきゃいけないもんだと思って結構おとなしく座ってるもんだよー。」と友人達から言われていたのでがっかりです。

機内対策に用意したDVDプレイヤー、目新しいDVDやおもちゃ、大量のおやつ。準備は周到だったはずなのですが、Terrible Two の息子は案の定じっとしていられず、泣き叫ぶわシートベルトからすり抜けて座席からジャンプして飛び降りようとするわ、もう暴れ放題。なだめようとすると「NO!」とのけぞって暴れてもう手のつけようがありません。シアトルから成田まで、機内時間トータル15時間弱、プラスレイオーバー3時間。嫌な汗かきまくりな悪夢の飛行機移動でした。

一方サブ子はたまに咳はしていたものの、ER受診で寝ている暇がなかったため疲れていたのか、機内では寝たり起きたり、結構おとなしいものでした。

へろへろになりながら成田に到着、その夜は空港基地内のホテルで一泊し、翌日成田エクスプレス&新幹線で実家の宮城に向かいましたが、この東北新幹線内でも栄作は通路をちょろちょろと走り回り、自動ドアに何度も指を挟んではぎゃーと泣き、座っている暇もない2時間。

仙台について新幹線のドアが開き、ホームで私達を待ち受けていた両親を見たときの安心感といったら!!!孫と初対面を果たした両親(母親だけは2ヶ月当時のサブ子に会ってますが、父親にとっては孫に会うのはこれが初めて。)の喜びようは、そりゃーすごいものがありましたが、一方私とキヨシ君はもう魂が抜けたようにふらふらと車へ向かうばかりでした。

教訓。
2歳直前児には座席を購入して、チャイルドシートを設置、くくりつけるか、
飛行機での旅行はあきらめよう。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[
comment
大変だったね。やっぱり縛りつけが一番良いよね(爆笑)
ご両親は大喜び!これ想像つくよー。
だって会うのはじめてだったらね。
あーなんか幸せな気分v-10
2009/10/11 08:20 | | edit posted by mr
出発前の発熱!機内での大変さ!!読みながらドキドキしちゃいました。他人事じゃありませんから。無事、仙台に着いてよかったなあ。。。

成田空港で一泊して正解でしたね!
2009/10/11 09:23 | | edit posted by ママ熊
お疲れ様でした!
日記読んだ後、あまりの大変さに読んだだけの私も疲れが(汗)娘がまだ2歳前後の頃、ダンナの実家に里帰りした時がまさに栄作君状態でした。親分、キヨシ君、ほんとにお疲れ様でした・・!
しかし、それだけ大変な思いをして、遠い日本まで親御さんに孫たちの顔を見せに行った親分はエライですよ~~!

前もって色々準備して行ってても、やはり現場で体験してみないと分からない事ってありますよね・・・座席のチャイルドシートのこととかも。
しかし、サブ子ちゃんの調子が悪化しなくて、大人しくしてくれてたのは本当に良かったですねvvv
2009/10/11 12:51 | | edit posted by 菊
Mr>
いやー、やっぱり「縛りつけ」以外に道はないでしょう。大変だったよ、うちのドラ息子!!!でもやっぱり孫の顔をみて喜ぶ親の様子を見ていたら、来て本当に良かったなーと思ったけどね。

ママ熊さん>
小熊ちゃんぐらいにおとなしくておりこうさんだと、長旅もこんなに疲労困憊することはないんでしょうが。あぁもううちの野生児!(笑)ホント、成田で一泊してなかったら死んでました、親のほうが。

菊さん>
耳抜きがきちんとできなくて耳が辛かったのかなーなんて今になっては思いますが、とにかく大暴れでしたね。飛行機って降りられないのが辛いですよね。もう引き返してフェアバンクスに戻りたい!とまで思いましたもん。(笑)まぁでも今回が旅をするには一番大変な時期だったんだろうと。今後は楽になる一方だから、と自分にいいきかせてます。
2009/10/11 13:35 | | edit posted by 親分
大変だったね~
っていうかさ、シアトル経由で帰っても日本に行くときに
再度アラスカ上空を飛ぶのが気にくわんよね(爆)

私は実家が大阪だから考えたこともなかったけど
地方だと空港近辺で一泊しなきゃならないのね。
そんなん、子供がいなくてもキツイわ (私だったら子供と一緒に泣いてるね 笑)

いやあ、お疲れさん。
でも、子供たちもおじいちゃん&おばあちゃんに会えてうれしかっただろうね~
2009/10/11 13:40 | | edit posted by ルティカ
はははっ(笑)
”飛行機の旅行はあきらめよう”ってうける(爆)。
私も今だったらセイジ(2歳3ヶ月)と飛行機乗るのやだ...。

いや~、おつかれさま。
でも家族と楽しい時間過ごせてよかったね~。

インフルエンザ、大変なときだったもんね...。
無事アラスカに戻ってるようで、よかったわ。

じいちゃんばあちゃんとの思い出話、待ってるよ~。
2009/10/12 03:56 | | edit posted by ナンゴ
ルティカさん>
そうなんだよ!しかも、帰りなんて成田→サンフランシスコ→シアトル→フェアバンクスだったんだよ!意味がわからん!サンフランシスコ空港がめっちゃきつくて(親は激疲れなのに子供達がちょろちょろと迷子になろうとする)、サンフランシスコでも一泊すれば良かった、とまで思ったわ。

ナンゴ部長>
2歳前後は難しいねー。でもこういう時期の栄作をじじばばに見せられてやっぱり良かったと思うわ。孫見て喜ぶ親の顔を見られて私もうれしかったし。親は「こんなの(←笑。)連れてくるなんて本当に大変だったろうに。」って栄作見て言ってました。
2週間半とはいえ密度の濃い旅だったので書きたいことがありすぎてなかなか進みませんが少しずつUPしていきまうs。

2009/10/13 11:20 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/312-eebda3fc
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。