アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
Barnes&Noble
フェアバンクスに、とうとう大型書店、Barnes&Nobleがやってきた。火曜日がグランドオープニングだったらしいのだが、キヨシ君は去年からこの日を待ちに待っていたのだった。一昨日、キヨシ君の帰宅後に家族そろって早速初来店。

本好きなキヨシ君が、アンカレジのとある本屋さんで、妊婦の私を6時間も待たせたのは記憶に新しい。今回はいったいどんだけ待たされるんだろう、と思っていたのだが、意外にもたったの4時間で「帰ろうよ~!」という私の誘い(命令?)に「OK」が出た。どうやら、「いつでもまた行ける場所」にあるから、らしい。

ペットショップと図書館に加え、キヨシ君の市内お気に入りスポットがまた一つ増えたようだ。

てるてるサブ子
換気中の我が家にて。
今日は「みの虫」じゃなくて、「てるてるサブ子」にされてます。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日々のこと
comment
4時間は長い
買い手にとって欲しいものがすぐ手に入るってのはとっても便利なんだとは思う。

けど、フェアバンクスにスターバックスが進出したときに地元のカフェが潰れたなんて話もあったと記憶しているので、ぜひともガリバーにはがんばって欲しいな、

とモノが溢れている都市住民は身勝手にも思うわけだ。
2006/03/19 05:02 | | edit posted by maqista
maqista君>
ところが。ガリバーズ・ブックストアは意外にもBarnes&Nobleのフェアバンクス進出を喜んでいるみたいよ。古本が流れてくるのを期待しているみたい。それにあそこは昔からの熱心なファンもいるし、カフェも人気だから大丈夫でしょう。そういう私達もよくあそこに古本チェックしがてら、ラップを食べに行くし。

あぁ、ターキー&ペストラップが食べたくなってきた・・・。
2006/03/19 14:49 | | edit posted by 親分
キヨシ君4時間?それでも早い方か~。かなりの本好きなんだね。今日は私達家族もフェアバンクス出かけたけど、まだそこはチェックしてないんだ。今度是非行きたいと思ってる。
フェアバンクスもいろいろなお店が出来てだいぶ便利になってきたよね。最初ここに引越ししてきたときはWalmartもなくてさ、どうしようかと思ったもの。ま、自然が沢山あっていいんだけどね・・・・。
2006/03/19 18:08 | | edit posted by たまちゃん
Walmart
実は私達はWalmartは嫌いなのです。上でmaqista君も言っている様に、大型の店舗というのは地元ビジネスをつぶしてしまうことがある、ということと、Walmartの商売のやり方(中国でめちゃくちゃ安い賃金で商品を作らせて、自国、アメリカでもうける、という)が汚いから、という理由が主ですが。なので私達はWalmartにはめったに行きません。

フェアバンクスもかなり栄えてきて、便利になってきた反面、この田舎の雰囲気がどんどん壊されて行くようで寂しい気もしないでもありません。あの大型ショッピングセンターから町を挟んで丸っきり反対側のほうに土地を買って良かったね、とキヨシ君と言っている所です。

ま、本屋さんだけは別、というところが矛盾するところですが。(笑)

全然関係ないですが、今たまちゃんに教えていただいたモラセスパンを作っている所です!うまく出来たら報告しますね~。
2006/03/19 18:50 | | edit posted by 親分
Walmartってそんな汚いことをしていたのか・・・。全然知らなかった。みんな安くて便利だね~って気軽に言ってたけど、そういう裏があるとは。これからはもっと慎重にならなければね。いつも親分さんからはハッとさせられます。そういえばWalmartが出来る前、みんな地元のビジネスしてる人たちが反対してたものね。これからきっと、もっとフェアバンクスは街になっていくと思うけど、それってあまりよくないのかもしれないね。
2006/03/19 21:12 | | edit posted by たまちゃん
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/30-4ee5546b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。