アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
戻りました。
ただいま、です!

1週間ほど、フェアバンクスを不在にしてました。何をしていたのかというと・・・

ニニルチックのじじばば(キヨシ父&キヨシ母)に孫の顔を見せに里帰りの旅。

山火事の煙と例年にない記録的な暑さで息苦しいフェアバンクスを抜け出し、オンボロトヨタカローラにテントやら寝袋やら着替えやらクーラー(アンカレジにあるアジアンマーケット、ニューサガヤで大量に購入予定の冷凍納豆用)やらをギュウギュウに詰め込み、いざ出発。

子供が生まれる前は丸1日(12、13時間)かけてフェアバンクス-ニニルチック間を運転したものでしたが、さすがに3歳児&1歳児を連れてそれはきついだろう、ということで今回は行きも帰りも途中キャンプ場でテントを張って一泊したのでした。行きは Willow にある Nancy Lake(ガイドブックが言うほど良いところでもなかった。)、帰りは Eklutna (ここは良かった。)にて。蚊に襲われながらも子供達は初キャンプに大喜びでした。でも1歳児はやっぱり寝袋にちゃんとおさまっててくれなくてちょっと大変でしたねぇ。今回、アンカレジでは食事&買い物、栄作の日本のパスポート取得に時間を費やした以外は素通りで、アンカレジ在住の日本人のお友達に会うことができませんでした・・・。それだけが心残り。

ニニルチックのキヨシ君の実家ではキヨシ母の手料理を思う存分堪能し、毎日のように海へ出かけ、初サーモン釣りにも挑戦。ニニルチックはフィッシングで有名な町で、夏の間は人口が倍にも3倍にもなるという話。しかし素人の私がリールを引いてもかかるほどマヌケなサーモンはさすがに居らず、飽きやすい私はすぐにギブアップ。結局一匹も釣れることなく私のアラスカ初・釣り体験は終わったのでした。

そうそう、滞在期間中に1日だけじじばばに子供達をみててもらって、キヨシ君と2人で車で45分のところにあるホーマーという町にデートに出かけました。このホーマーというところはアーティストやヒッピーや田舎での隠居生活をエンジョイしに移住してきたご年配が溢れる、漁業と観光の町。海を越えてすぐそこにはカチャマック湾のダイナミックな山並み&氷河が広がるという美しい地形の中に、その小さな小さなコミュニティーはあります。アートギャラリーや劇場や味のある本屋さん、カフェ、ベーカリーも多く、キヨシ君に連れて行ってもらう度に「ホーマーっていい所だな」とますますこの地に魅せられていた私。

実は・・・。

私達今回の旅で将来のホーマー移住を決意しました。

フェアバンクス永住誓ってローン組んで夢のマイホームまで建てたばっかりのにどうすんのさ!!!という大ブーイングが聞こえてきそうなのでちょっとこれ書くのためらったのですが(笑)。夏は涼しく、冬は暖かく、この海辺のユニークなコミュニティーに家族で大移動すれば、カヌーイングやカヤッキングやハイキングやクロカンなどのアウトドア生活を年中楽しめる、野菜の育つ期間も長い、冬に車や自宅の配管が凍り付いてしまう心配をしなくても良い、とまぁ理由は色々なのでありますが・・・。一番大きいのは、キヨシ君が海をいつも恋しがってるということ、そして私もあの夢のように美しいホーマーの町に魅せられてしまった、ということでしょうか。

でもね、このフェアバンクスの家が売れるのかとかホーマーの土地や家(高い!)が私達に買えるのかとか、難題は色々あるわけで。キヨシ君が大学卒業するまではフェアバンクスを離れないと思うし。5年、10年はかかるかなー。叶うかどうかさえわからない夢ではあります。しかし夢は持つだけならただですからね!持つなら大きく!

しかしそうは言いつつも実はもうホーマーの病院(将来の勤務先予定。笑。)見学や不動産訪問まで済ませ、ホーマーで暮らす日々を夢見る毎日なのであります。思い込んだらすぐ突っ走る性格、いい年になってもさっぱり変わりませんねぇ・・・。ようやく腰を下ろして家族で安定した生活を送っている私達に胸をなでおろしていた家族や親戚一同には寝耳に水の話でした。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[
comment
Re: 戻りました。
親分、お帰りなさいませ。
ではでは、早速日本での計画を立てましょう。

さてさて、ホーマー移住計画はキヨシ父母にとってはうれしい話なんじゃないの?
聞いてるだけで素敵なところみたいだね! アラスカなのに冬暖かいなんて!!!

勤務先をすでに見学しちゃうなんて素晴らしい!
是非がんばってv-220
2009/07/18 03:34 | | edit posted by kiki
Kikiちゃん>
そうだね、ホーマー移住計画よりも日本の旅の計画の方が先だった!(笑)

葛西臨海公園とかキヨシ君めっちゃ喜ぶと思うんだけど地理的に難しい?近くに泊まれそうなところないかどうか調べてみるつもりだけど、あそこで会うってのはどう!?子供達も飽きずに喜んでくれると思うし、前回行けなかった、ってので動物博士のキヨシ君が「行ってみたい」ってうるさいのよ。

そうそう、その当のキヨシ父母はね、実はリタイアメントライフをもっと暖かいところで、っていって数日前に自宅を売りにだしたばかりなのよ。キヨシ父が腰を痛めてからアラスカンライフがエンジョイ出来なくなってしまい、落ち込んでいたのだけれど、親友の住むネバダ州(!アラスカからいきなり砂漠だよ!)に移住するんだって。キヨシ君は故郷のニニルチックにすごーく愛着があるのでがっかりしているみたいだけれど。でもさ、私達がホーマーに移住すればキヨシ君のご両親もたまに私達の顔を見にキーナイ半島に帰ってこれるじゃん?だからそれもあっていい計画かなーと思ってるんだよね。

だからKikiちゃんもフェアバンクスのマイナス40℃とかオーロラとか太陽の沈まない夏を経験したかったら、移住前に遊びにくるのよ!ホーマー移住後でももちろん歓迎するけどさ!
2009/07/19 09:50 | | edit posted by 親分
Re: 戻りました。
おお~アンカレッジ素通りされてしまいましたぁ(涙)いつごろ親分さん、来られるのかな・・と思っていたところだったので・・
実は、私もフェアバンクスにJuly4thに初めて行って、フェアバンクスに惚れ込んだところだったのですよ。フェアバンクスの夏は素晴らしいですね。冬の厳しさはちょっと想像したくないですが・・
ホーマーは私も何度か行きましたが、海辺の街は、いいですね。かわいい本屋さんもあって私もくつろぎました。
キヨシくんのご両親は暖かいところに引越し予定なのですか・・やはり、年をとってくると、暖かいところに引っ越したくなるものなのかな・・夏はアラスカ、冬はカルフォルニアに住むという年配のご夫婦も多いですよね。さて、私も本音は暖かいところに移住したいです(苦笑)
2009/07/20 07:08 | | edit posted by きすか
きすかさん>
ごめんなさいー!できたら皆さんと食事だけでもご一緒に、とも思ったのですが、何時ごろアンカレジに着くか行きも帰りも検討もつかなかったのでご連絡差し上げずにすーっと素通りしてしまいました。

夏のフェアバンクスいいでしょう!?気温は結構あがるけどカラッと乾燥していて(そのおかげで山火事の煙に悩まされることも多いのが難点ですが。。。)空が高くて。冬の頭上に展開するオーロラもまたいいですよ。

しかしきすかさんも暖かいところに移住したいとは!まだまだそんな歳じゃないでしょう!(笑)アラスカの厳しい冬は若いうちはいいけれど、歳を取ってくると辛いのかもしれません。家や車のメンテナンスとか、他の州と比べたら重要度がぐんと違いますものね。。。そういうことに頭を悩ませることなく、暖かいところでのびのびと暮らしたい、という気持ちもわからないではありません。
2009/07/20 11:34 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/295-c3f27d6b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。