アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
医師もカジュアルなアラスカ
先日、外科病棟のナースステーションで同僚と和気藹々とおしゃべりをしながら看護記録をしていたときのことです。地元のクリニックのドクターが、妙にビシーっと決めた若者を連れ立ってやってきました。「レジデンス候補の○○君。もしかしたら我々のグループに仲間入りするかもしれないよ!○○州から見学に来てるんだ。」とのこと。都会風のヘアカット、ピンストライプの高そうなスーツに、胸ポケットからは目にも鮮やかなブルーのハンカチーフ(?)がきっちり扇子折り(?)になって覗いておりました。

ナース達からは「アラスカいいところですよー。」「ぜひぜひ就職先はフェアバンクスで!」「歓迎します!」という暖かい言葉が次々とかかりましたが、彼が恥ずかしそうに頭を下げてナースステーションを去った後に、思わず口にしてしまった私の発言、「彼、本当にアラスカに来たら、まずあのスーツを売って、カーハート(アラスカンのトレードマークにもなっている作業着ブランドです。)をたくさん買わないといけないね。」に、ナース達は大笑い。

というのも、オンコールで受け持ち患者の回診のために病院に来る地元の医師たちと言えば、Tシャツかネルシャツにフリース、もしくはセーターにジーンズかカーハートといういでたちが多く、カーキを履いていればまぁ立派な方(笑)だと言えます。たまに会議のためにワイシャツにネクタイなどで現れようものには、同僚の医師仲間に「どうしちゃったの!今日はドクターみたいな格好して!(←だからドクターなんだってば!爆。)」とびっくりされちゃうほど、普段はカジュアルなことが多いのです。まぁ、自分のクリニックで患者さんを診てるときには皆もうちょっとましな格好してるのかもしれませんが。

その場に居合わせた小児科ナースが、そうそう、そういえば私も他の州からやってきたばかりの時、切りっ放しのジーンズ(しかもショーツ!)にサンダル履き、ぶかぶかのTシャツ&ハローキティーのバックパックといういでたちのDr.○○(小児科で働く立派な女医さんです。笑。)がナースステーションにずかずかと入ってきて患者さんの記録を勝手にぱらぱらと見始めたから、「失礼ですけどどなたでしょうか?」と迫って赤っ恥をかいたことがあった、という思い出話をしてくれました。

馬を飼っているだの、犬ぞりをやっているだの、スキーや山登りやカヌーやその他のアウトドアスポーツに熱中する医師もいれば、ハンティングシーズンやフィッシングシーズンに長期休暇を取る医師も少なくありません。Brown Thumb を持つ私(園芸の才に欠ける、という意味。苦笑。)に、野菜はこうすると良く育つよ、とアドバイスをくれる畑仕事が大好きな医師もいます。

しかし都会から「ちょっと休暇のつもり」でやってきて、そんなひと癖もふた癖もある田舎の医師たちと仕事をしているうちに、すっかりフェアバンクスが気に入ってしまい、ここに根を張って移住してしまう医師というのもたまにいるのです。あの、見学に来ていたバシッと決めた若いドクターも、「フェアバンクスって飾らなくて良いところだな、来てみても面白いかもしれないな。」と思ってくれていると良いのだけれどなぁ、とひそかに思っていたりします。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[アラスカ
comment
Re: 医師もカジュアルなアラスカ
あはははー♪
親分さんの一言はその場に居たら私は大爆笑しちゃうかも!
自分もお洒落では無いから、アラスカは住みやすいです(笑)
アラスカの人がお洒落じゃないとは言ってませんよ。
とにかく、自分に優しい町だなと。フェアバンクス♪
2009/04/19 23:02 | | edit posted by Mr
Re: 医師もカジュアルなアラスカ
お医者さんに限らず、ここではスーツ、ネクタイはほとんど一般の方は着ないですよね・・・私の夫も、教会に行くためだけ(!)用にネクタイを持っています(苦笑)でも、さすがにダウンタウンではそういう人も見かけるかな・・・
夫が日本行きの飛行機に乗った時、成田が近くなったとたん、日本人の乗客はいっせいに電気髭剃り器でを持ち出したりして身なりを整え始め、いきなりみんな日本人のビジネスマンに変身するのをびっくりして見ていたそうでした。あんまり感心しているので、その年の夫への私からのクリスマスプレゼントは電気髭剃り器をあげちゃったくらいです(苦笑)
若い青年なのに扇子折のハンカチーフなんて素晴らしい!都会からきた青年にはアラスカはどういう風に写っているのでしょうかね。
2009/04/20 07:48 | | edit posted by きすか
Re: 医師もカジュアルなアラスカ
ここはへっちょこばらばくていいので
楽です(笑)

スーツでビシっとした人・・・
一度も見た事がありませんねw^^;

ジャージでどこまでも行けそうな勢いが
大好きです

2009/04/20 07:49 | | edit posted by sweetyママ
Re: 医師もカジュアルなアラスカ
Mr>
パジャマパンツみたいなの着たままでフレッドマイヤーで買い物してる若い女の子やママさん達を良く見かけるんだけど、あれはまさか「おしゃれ」で着てるんじゃないよね?!パジャマでのお出かけさえ許されるフェアバンクス!(笑)
いや、東京っ子のMrは東北の田舎モンから見たらいつもオサレーですよ!

きすかさん>
日本のビジネスマンの話、面白い!確かに欧米人から見たら異様な光景だったことでしょう。で、旦那さんはその後プレゼントにもらった電気髭剃り機を飛行機の中で使用する機会はあったんでしょうか。(笑)気になるところです。
キヨシ君、結婚式に着たスーツが唯一の正装なんですが、結婚式に着て以来、一度も袖を通していないと思います。たまーにバシッとスーツ着た日本の男性も素敵だなーと思いますね。

Sweetyママさん>
フェアバンクスだからだよね?今度の転勤先じゃそうもいかないよ!(爆)でもSweetyママさんいつもさりげなく素敵なママさんしてるじゃなーい!大丈夫ですよっ!
2009/04/22 19:39 | | edit posted by 親分
Re: 医師もカジュアルなアラスカ
外科でそんなラフな格好をした医師って、やっぱりアラスカだけなのかな?ま個人差はあるだろうけど、、。

ドクターハウスみたいな口は悪いけど憎めないタイプもいます?

(全然話は違いますが、ヒュー・ローリーってMr.ビーンと昔舞台でコメディーやってたみたいですね!)
2009/04/22 20:08 | | edit posted by ちび
ちびさん>
うちでは外科に限らず皆そうです。(笑)

ドクターハウス、いますよ!ベッドサイドマナーが最低なことで有名なんだけど(インフォームド・コンセントなんてあったもんじゃない。何も知らない患者さんの部屋にずかずかと入り、「明日、手術。しないと死ぬよ。」とか言うんですよ!ナースのページも常に無視、その言い訳?が「自分で考えるチャンスをやってあげてるんじゃないか。」)、でも腕と頭はピカ一で何か起こるとDr.M呼んで!と皆が頼ります。バリバリのリパブリカンで、プロ・ガン・ライツ!って感じで良く狩りに出かけてムースをしとめている困ったお人ですが、普段からかなーりとんがったカウボーイブーツを履いて痩せた体にネルシャツと履き古したジーンズという、かなり味のある格好をしている白髪のおじいさんです。乗ってる車はもちろん古びた巨大なトラック。(笑)

ヒュー・ローリーも大好きですがそんなDr.Mもなぜか憎めない私です。(笑)ヒュー・ローリーがブリティッシュだと知ったときは驚きましたね!ドクターハウスでは無理してアメリカンアクセントで演技してたのだと知って!
2009/04/23 09:01 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/279-41973a08
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。