アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
護身術
キヨシ君も私も、仕事がら自分の身を守らなければならない状況に陥るチャンスというのは少なくありません。キヨシ君はアルコール&ドラッグ中毒に苦しむティーンエイジャー相手の仕事だし、私は精神病や痴呆症を持つ患者さんのお世話もしょっちゅうしているわけで。

そんな理由で、キヨシ君も私も、年に一度ほど職場で必ず「護身術」セミナーのようなものを受けさせられます。先日キヨシ君がその講習を3日間も(!)受けてきて、毎晩のように、「ふふっ。今日はね、これを習ってきたよ。」とさまざまな護身テクニックを私相手に試しておりました。

「じゃぁ、僕の首を絞めてみてっ!」とか「パンチをしてこいっ!」とか「僕の手首をつかんでみろっ!」と言葉だけは威勢が良いものの、それを言ってから頭の中で「えーっと、この場合はどう反応すればいいんだっけなぁ・・・」と目の焦点も定まらずにぼーっとしている様子の彼のボディーに、私は簡単にシャープなパンチを繰り出すことが出来、さっぱり「護身」が出来ていない様子の夫。

・・・大丈夫なのかしら。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[キヨシ君と私
comment
Re: 護身術
もう、キヨシ君、面白すぎます。 v-355
2009/03/15 17:26 | | edit posted by salie
Re: 護身術
うける~。(笑)だけど、真面目な話、大事だよね。痴呆症の患者さんでも、危ないことがあったりするんだねぇ。うちの旦那はもちろん、護身の為に銃の練習をしろだよー。銃反対派の妻と、銃大好きな夫・・・。
2009/03/16 03:41 | | edit posted by おたみ
Re: 護身術
Salieさん>
でも本当にアタックされて自分の身を守ってもらえなかったら私困ります。(笑)

おたみちゃん>
ラリー君こそ仕事柄欠かせないよね、護身術!でもラリー君は護身のために、ってことじゃなく銃が純粋に好きなんでしょ。(笑)おたみちゃんが眉をしかめて嫌がってる様子が目に浮かぶようだわ・・・。
2009/03/17 20:09 | | edit posted by 親分
Re: 護身術
ポートランドで、元夫に依頼された殺し屋が、逆にその女性に殺されてしまったという事件がありました。

彼女はERのナースでした。

練習すればきっといざとなったら勝手に体が、、、、動くといいですね。
2009/03/24 18:55 | | edit posted by ちび
ちびさん>
おっと、これに返信するのを忘れるところだった!(笑)

実は私、この秋からサブ子と一緒に空手を習い始めようかと思っていて。すごく評判のいい先生がいるもので。なにかあったら、夫、子供をこの私が守ってみせます!
2009/03/27 08:28 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/271-96b7921b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。