アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
東京暮らし時代
今となっては自分でも信じられませんが、看護短大卒業後に新宿の大病院に就職して、西新宿の高層ビル街のど真ん中で4年半ほど暮らしていたことがあります。

東北で生まれ育った田舎モンには何もかもが物珍しくて、通勤帰りにテレビドラマの撮影をしている有名人やクルー達の横を自転車で口をあんぐり開けながら良く通り抜けたものでした。雑誌で見てあこがれていたお店にだってちょっと地下鉄や電車に乗れば簡単に行けるし、ヘアカットだってカリスマ美容師にしてもらえる、若い女の子にとったら住むには飽きないところです。(笑)ま、そんな場所に4年半住んでもさっぱり垢抜けなかった私ではありましたが(爆)、20才から25歳という年齢をああいうクレイジーな場所で過ごしたというのは面白い経験だったなぁと今でも思っています。

東京暮らし時代の一番の財産は、やっぱり「いいもの(主にアート、音楽、舞台、映画、もろもろ)」に触れられたことと、「面白い友人」が出来たことですね。

ゴッホのひまわりを自宅から歩いていつでも見に行くことが出来たというのは本当に贅沢な暮らしだったと思うし(生まれて初めて本物を見た時の衝撃は今でも忘れられない。あの、キャンパスを通じて溢れ出てくる、こっちがちょっとすくんで無言にならざるを得ないようなものすごいパワー!)、舞台で演じる役者さんと観客の生の触れ合い、地方では絶対に公開されないようなマイナーで面白い映画だって観放題でした。

私はもともと広く浅く付き合うタイプではなく、狭く深く付き合うタイプなので、はっきり言って友人は多いほうじゃないと思います。でも東京時代に出来た友人数人とはいまだにお付き合いが続いています。私が思うに、東京という場所には主に二通りの人間が住んでいる・・・過多な情報や流行に思う存分振りまわされてしまって、外見は洗練されていて綺麗だが中身は空っぽというタイプ・・・これ本当に多かったですね。(うわー、これで都会育ち人間を一気に敵に回してしまったかなぁー。笑。)がんばって稼いだお金を次から次へとブランド物や流行物の購入に回してしまう人とか、乗ってる車やバイクの自慢話しか出来ない人、本当にたくさんいてうんざりしました。ただしその一方で、地方では見ないような突飛で面白い人っていうのもたくさんいて、自分では想像も出来なかったような(いろんな意味での)冒険をたくさんしてきた、周りとは一味違って輝いている人間にもたくさん出会いました。まぁ、東京というところにはいろんな人が住んでいるものです。

職場で出来た親友、英語学校で出来た親友と、新宿の中華屋や四谷の餃子屋や渋谷のベトナム料理屋(ここで出している鳥粥は、いまだに夢に出てくるほどの美味しさ・・・。)で時間も忘れて語り続けた夜がたまに懐かしくなります。真夜中になっても暗くならなず、眠らない町に住んでいるという妙な安心感、蒸し暑い夏に人ごみの中で気の合う友人と待ち合わせをした夕暮れ、準夜勤明けに良く寄ったコンビニ、近々やってくる別れを惜しみつつ、友人二人と寒さに鼻を赤くしながら一緒に食べた屋台のおでん、そういった思い出がたまーに脳裏をよぎります。

なんでこんな話を突然し始めたのかというと、そんな親友のうちの一人が近々縁あって東京からアメリカに引っ越してくるかも、という話で、しかも候補地のひとつがアラスカだというじゃーありませんか!きらきらした瞳でまっすぐな疑問を良く投げかけてきた生粋の東京人の彼女には、まるで仲の良い姉妹のようにして付き合ってもらったものでした。お互い得意な毒舌を吐きまくり(笑)、大好きな食べ物を「おいしー!おいしー!」と馬鹿に興奮しながら一緒に食べ、お互いのアパートでご飯を作って食べながらごろごろしたり銭湯に入りに行ったり、まぁ彼女との楽しい思い出はつきません。

来てくれるといいな、アラスカに。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:10   trackback:0
[日々のこと
comment
Re: 東京暮らし時代
読んでいてとっても懐かしく思ったよ~!
楽しかったよねー。みんなでロイホの机囲んで朝まで語り合ったりしたねー。

アメリカに引越しのお友達って私も知ってる人?
2009/03/05 15:46 | | edit posted by Ying-zi
Re: 東京暮らし時代
うわ~~~
アラスカで再会だなんて、実現するといいですね!
親分さんを追ってたくさんの人が移住したりして、、、ありえるぅ♪
2009/03/05 16:09 | | edit posted by coco
Re: 東京暮らし時代
新宿時代の親分があって今の親分があるんだなあ。
お友達、アラスカに来られたらいいですね。アメリカ行きの飛行機では必ず通る道なのに、なかなか気軽に行けない場所ですから、、、。

しかし、アダルト関係のチラシをためて、お父さんに持って行った親分のことが頭から離れない、、、。眠らない町、新宿ならではのエピソード。(笑)

2009/03/05 18:46 | | edit posted by ちび
Re: 東京暮らし時代
友達、本当にアラスカに来てくれるといいね。
私も大阪の友達とか村に引っ越してくれないかな?(←無理)
2009/03/05 19:09 | | edit posted by ルティカ
なつかし~!!
私も、Ying-Ziさん同様よみがえってきましたよ、新宿時代!!!
ついこの前、古巣で研修があったので、行ってきましたよ!

研修後はあーちゃんのかかさんの引率で、元上司や先輩方や同僚にあいさつまわり!
みんな変わってなくて安心したのと、でも、年齢は年齢だけに仕事の責任がかな~り重くのしかかってているようで、、、、
みんな個々でいろんな物を抱えているんだな~って、、、そして、その抱えている物を乗り越えようと頑張っているんだな~って、感じました。
でも、乗り越えた先には何かあるはず!!!と、私は信じてます。また、2~3年後のみんなに会うのが楽しみになってきました。
あのつらい時期を一緒に乗り越えてきた戦友!!は、私の人生の宝物でもあります。
今の職場で腹を割って話が出来る人、、、、私達の年齢になると、なかなかいませんね~。(みんな、結婚や出産でそれぞれの道を歩んでいるもんね~)そういった環境のなかで、「戦友は自分を取り戻す」のに必要不可欠、カラカラに干からびたダムを水いっぱいにしてくれるような存在!!
「心にダムはあんのかい!?」(←あんちゃん台詞、、、最近、ひとつ屋根の下の再放送みたもんで、、、つい、、、恥)

もし、親分さんの友人がアラスカに来たら、心のダムがいっぱいになる感じ味わってくださいね!!
戦友達にも、このサイトを紹介してるので、みんなのぞきにくるかも!?
2009/03/05 20:47 | | edit posted by しんちゃん
Re: 東京暮らし時代
私も新宿懐かしいです。あの洗練された高層ビルの近くは実はごみごみしていて実は小さな汚い(?)お店がごろごろあって、不思議な街でした。学生時代の同僚は東京の出身で寮には一緒に入っていなかったんですが、こうコメントしていました。地方から出て来た子たちが、都会の中にもまれて試行錯誤して不思議な格好をしてくるのが実に不気味だった・・・〈苦笑)東京人としてみたらそういう風に見えたんだろうな・・と思わず笑ってしまいました。親分さんのお友達来られるといいですね~
2009/03/06 08:47 | | edit posted by きすか
Re: 東京暮らし時代
親分さん、新宿に住んでたんだね。
もしかしたらその辺ですれ違ってたかもよ(笑)


友達アラスカに来てくれると良いね!
2009/03/06 14:52 | | edit posted by Mr
Re: 東京暮らし時代
Ying-ziさん>
同期の結束は強かったよね、もまれたせいか!(笑)
アラスカに来るかも、というのは夜間の英語学校で出会った友人なので、Ying-ziさんは知らないかも。

cocoさん>
本人が「でもあんな暗くて寒い冬を乗り越えられるか不安」って言ってますので、駄目かもです。(笑)おいでよ!と説得してるんですが。

ちびさん>
気軽に行けない、なんて言わずに来てくださいよ!ちびさん一家ならいつでも歓迎。
アダルトビデオちらしの話、そんなに衝撃的でしたか?あれもひとつの親孝行ですよ。

ルティカさん>
自分のために村まで引っ越して来てくれる友人がいたら、それはそれで不気味だろう。(爆)

しんちゃん>
>研修後はあーちゃんのかかさんの引率で、元上司や先輩方や同僚にあいさつまわり!
この辺があーちゃんのかかさんやしんちゃんの「ちゃんとしたところ」だよね。立派な日本人になって。。。(涙)でも懐かしいなぁ、私も会えるものなら会ってみたい。
確かに年をとってくるにつれて、気の合う友人を作るのって難しくなってくるので、昔からの友人というのは大切にしなければならないなぁと私も思ってます。もちそんしんちゃんもそんな中の一人よ!

きすかさん>
きすかさんの元同僚(東京人)の地方人に対するコメントに笑わせていただきました。私もきっと気づかないで「試行錯誤して不思議な格好」をしていたに違いない!(爆)
そうそう、新宿、あんなところにさすがに一生は住めないなぁと思いますが、ある意味貴重な経験でした。新宿中央公園で同僚と流しそうめんをしたり、まぁ面白い経験をたくさんしました。若かったなぁ。

Mrさん>
そうだよ、Mrさん生粋の江戸っ子じゃん!そうだね、もしかしてすれ違ったりしてたかもよ。で、「なんだよ、このおのぼりさん!」ってあの怖い目でぎろりと田舎者の私をにらんでたでしょう。(爆)
2009/03/07 18:36 | | edit posted by 親分
Re: 東京暮らし時代
きゃ~ 私のことではありませんか!

親分がさらっとアラスカの良さを説明してくれたので、そんな自然ええやん!と思ってしまったよ!

でも、私曇り空がダメなんだよな~。でも、雪なら良いか。

おでんも香屋も懐かしいね~。
怪しい人形作ったり。
毎日爆笑して過ごしたね~。

本当に良い思い出です。
転勤決まったら一番にお知らせしますね!

書いてくれてありがとうv-238
2009/03/11 04:18 | | edit posted by kiki
Kikiちゃん>
あのころのことを良く思い出すんだよ。

N人形のすね毛を一本一本縫いつけながら「リアルすぎるー!」と笑っていたKikiちゃんが忘れられません。学校の前に美味しい鯛焼き食べに行ったりね。本当に楽しかったよね。

お互い、結婚して子供が出来て、あのころには考えもしなかった人生を生きているけれど(私は鯨狩りしてないし。笑。)、今あってもKikiちゃんとはあのころと変わらず話が出来るって確信しています。またあえる日を夢見て・・・。
2009/03/11 16:17 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/267-da31a7ca
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。