アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
再び中耳炎
先週の15ヶ月健診で「まだ右耳がだいぶ赤いわね・・・。熱もなくてちゃんと食べてるようならもうちょっと様子を見て2週間後にまたチェックしましょう。」と言われていたサブ子。月曜日ぐらいから機嫌が悪く、昨晩は1~2時間おきに起きてギャーと泣くように。大好きだった主治医のM先生がクリニックを去って以来、M先生の患者を引き継いでサブ子も診てくれていたFamily Practiceの PA(Physician's assistant)ではありますが、彼女にかかっていても一向に良くなる気配がないので今回思い切って他のクリニックの小児科医にかかってみることに。

「去年の11月、12月ぐらいから悪くなったり良くなったりを繰り返しているんです。以前かかっていたクリニックでは1回きりの抗生剤を1コース、その後また再発して今度は同じ抗生剤を5日間1コースやったんですが、健診に行くたびに『まだ赤いけどもうちょっと様子を見ましょう。』と言われるんです。それから言葉が少し遅いのが気になります。」

・・・等々、まぁ色々説明したわけですが、綺麗な女医さんは「今は確かに抗生剤の使用をなるだけ控えようという動きがあるけど、サブ子ちゃんのようにデイケアに通っている小さな赤ちゃんで何度も中耳炎を繰り返しているようなハイリスクのケースには普通はきちんと抗生剤を出して治療するのよ。それに、確かに2ヶ国語で育てられる子供の言語発達が最初は遅めだというのは事実だけれど、それにしたって15ヶ月半にもなって意味のある言葉を喋らないというのは少し心配ね。それは耳がきちんと聞こえていないという証拠なんだけど、15ヶ月健診では何も言われなかった?」と。

どうしてもっと早くちゃんとした小児科専門医に連れて来なかったんだろう・・・と後悔の気持ちでいっぱいになっていた私の心を見透かしたのか、その小児科医は笑顔で「お母さん、でも大丈夫、耳にチューブを入れてきちんと聞こえるようになったら言葉なんかすぐに追いつくのよ!実は私の息子もそうだったの。どんどん日本語で話しかけてあげてね。バイリンガルに育てるって本当にすばらしいことだと思うわ!18ヶ月健診でまたサブ子ちゃんと会えるのを楽しみにしてる。それまでには必ず喋っているはずだから。」とすぐに耳鼻科専門医を紹介してくれました。抗生剤も今度は1日2回を10日コースでしっかり処方してもらいました。というわけで、明日、さっそくサブ子を連れて耳鼻科医に診てもらってきます。それにしても・・・チューブかぁ・・・。

キヨシ君の風邪、私の風邪、サブ子の中耳炎、マイホームデザイン計画の停滞、仕事の忙しさ、これに加えて明後日からは4泊5日の予定でキヨシ君の両親が遊びに来る予定。まるで泥棒が入ったかのような状況になっている我が家の散らかりぶりに目をつぶり、現実逃避の為に日記を書いてみました。あぁ。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:12   trackback:0
[日々のこと
comment
お大事にね・・・
サブ子ちゃん、心配だね。母親としての気持ちが痛いほど伝わってきましたわ。でも、今回思い切ってクリニックで診てもらってよかったね。きっとこれから、よくなるよ!

バイリンガルの子供は言葉が遅いっていうのよくあることだよね。
うちは、小さいうちは日本語だけでやってたから比較的言葉は早かったの。でも、アメリカで子育てしてた私の友達の子供はほとんどが遅めだったよ。

とっても忙しいそうだけど、頑張ってね!そして、みなさんお大事に・・・。
2007/03/13 23:59 | | edit posted by たまちゃん
親分さ~ん
自分の体調が悪いときにサブ子ちゃんが苦しがって夜寝られなかったんじゃ、本当にしんどかったことでしょう。

すぬたがチューブ入りというのは前にお話したと思うけど、18ヶ月の頃でした。それでも5ヶ月待ちましたけどね。。アメリカじゃ、すぐやってもらえそうなんですか?なんてラッキー。

大丈夫!看護士さんの親分さんは手順なんかはよくご存知と思いますが、うちの話をすると。。まだこの時期だとそれほど恐怖も感じないまま病院の待合室でちょっと遊んで、おそらく親分さんもいっしょに手術室に行けると思います(うちの病院はリクエストすると行けました)。それで、ここにちょっとごろんとなって~、と言った瞬間には麻酔が入って、15分後にはもうリカバリールームにいましたもん。え?もう終わったんですか?というのが正直な感想。すぐに目覚めてしばらくぐずりましたが、その後はまるで何もなかったかのような一日でした。

こんな小さい体に全身麻酔をすること、悩みました。。でもお医者さんを信じて、決断をしました。結果的に9ヶ月頃から3~4ヶ月悩まされた中耳炎からはうそのように解放されました。デイケアに行ってるとやはり風邪などもらいやすいし、鼻かぜをひいてると中耳炎になりやすくなるんでしょうね。

中耳炎になるのは、牛乳が原因ではないか、という説があって乳製品を絶ったり、東洋医学で漢方薬で治療できたりもするようですが、うちは一発の治療でとにかくすぬたが毎日ご機嫌に過ごせるようになったことに感謝しています。

長々とごめんなさい。耳鼻科専門医がどのようにおっしゃるかわからないけど、チューブっていいよ~、ってお話でした(^^;

そうそう、言葉のことですが、まだまだこれからじゃないかな。。あと、やっぱりバイリンガルで育てるとなんらかの言葉の心配事ってどこかで出てくるような気がするのですが(うちは3歳ちょうどで今停滞気味だし。。)15ヶ月半って本当にまだまだと思いますよ~。

この際、義両親さんのおもてなしなんて気にせず、甘えさせてもらって、親分さんもちょっとゆっくりされたらどうかな~と思います(^^)

サブ子ちゃん、早く良くなりますように。。
2007/03/14 05:18 | | edit posted by すぬこ
だ~いじょうぶ!!
チュービングしたらどんどん言葉が出てくるよ!
あ~っという間に終わるし、「こんなんなら迷って損した!」ってほど熱も出なくなるよ。
時々チューブが落ちて、再手術と言うこともありますが。。。
それよかご両親が来るのが大変そうだわ☆
ガッツ!!
2007/03/14 21:45 | | edit posted by きゃらはん
応援してます!
親分、色んなことが重なる時は重なりますよね・・・キヨシ君ファミリー、ちょっと延期してくれないかなぁ~??(爆)

言語に関しては、キク娘もそのくらいの頃は、たいした単語も出てなかったですよ~~!!うちは3ヶ国語なんでさらに混乱してたのか・・・それでもホームドクターから検診の時に「多言語という環境だからちょっと様子を見るけど、どうしても心配ならランゲージカウンセラーを紹介するわよっ!」とか言われた時は、検診行く前は自分でも『大丈夫大丈夫~』って思ってたのに「エッ・・・やっぱり心配されてる?心配するべきなの??」ってちょっと焦りましたよ~(^^;

ちなみに娘は今、すごい「おしゃべり」です・・・機関銃のようです。
知人の子供(英語オンリー)でも、2歳過ぎまで「ん、ん~!(指差し)」とか「あー」しか言わない女の子がいましたが、今ではちゃんとお話してますよ~(^^)
サブ子ちゃんもきっと、今いろんな言葉を収納してる時期なのでは・・・??
2007/03/14 22:26 | | edit posted by キク
お大事に!
とっても多忙な親分さんの疲れが伝わってくるようでした。
子供が具合が悪いだけでもちょっと気分が沈むのに仕事もちゃんとこなし、夫婦の時間も大切にする親分さん、いつも素敵だと思ってますよ!

赤ちゃんだから耳の調子の悪さがわからないから大変でしたね。
でも良い小児科医が見つかって本当に良かった!
私も小児科医は何回か変えました。
病気になった時の自分の判断ミスで反省した事数知れず...
まあ良い経験になったと思っています。
言葉は家も全然早い方ではないですよ!2歳過ぎから急に言葉数が増えました。
つい不安になってしまう時もありましたが、サブ子ちゃんはきっと一生懸命言葉を脳内に蓄積しているのだと思います。
ずっと前に読んだ本の中の単語を半年後に急に出てくる事とかもあるので子供の脳の発達には本当に驚かされます。
心配しないで今までどおり愛情一杯に育てる事が一番大切だと思いますよ~!
頑張りすぎて体調崩さないようにしてくださいね。
2007/03/14 22:37 | | edit posted by miz
親分さん。サブ子ちゃんの具合はどうですか?
良いお医者さんに出会ってよかったですね。
早くサブ子ちゃん良くなれば良いですね。
そして、親分さんもキヨシ君も早く良くなってくださいね。
2007/03/15 04:08 | | edit posted by Mr
皆さん、ありがとうございます~。
たまちゃん>
ありがとう。そうだね、私も今回思い切って主治医を替えて良かったな~と思ってます。チューブを入れて良くなってくれることを願って!言葉もたまちゃんの言うように焦らずのんびり見守ることにするよ!

すぬこさん>
経験者からのチュービングに関しての感想。一番心強いです。簡単な処置だとはわかっていても、自分の娘のこととなると色々と心配になるもので・・・。でもそっか、カナダじゃ手術も数ヶ月待ち!アメリカは医療費は高いけれどそういうことはないですね~。サブ子の手術も来週の金曜日にやってもらえることになりました。(私の働く病院で。)
すぬた君のようにチューブ入れたらうそのように中耳炎に悩まされることがなくなった!と御報告できる日も近いかな~。

きゃらはんさん>
小児科ナースがそういうんだから間違いないね!来週の金曜日です。昨日サブ子が診てもらった耳鼻科の先生は、うちの病棟で私も何度か会った事のあるなかなか感じの良い先生でした。手術の前にもう一度受診する予定なんだけど、心配性のキヨシ君は今から「ドクターへの質問リスト」を作ろうとしてるよ・・・。(苦笑)

キクさん>
そうなんです!「(キヨシ君のお父さん&お母さん)え、延期してもらえないかな~」って実は心の中で切に思ったんですけど(笑)、今回の訪問をず~~~~~~っと楽しみにしてた2人のことなのでそうとも言えず。あはは。
キク娘ちゃんもそうでしたか。そうそう、私も今回その小児科ドクターに指摘されるまでは「サブ子にはサブ子のペースがあるんだし2ヶ国語で育ててるんだから遅くて当たり前~。大丈夫、大丈夫~。」とのんびり構えてたんですが、やっぱり専門家から指摘されるとちょっと焦りますよね。もともとのんびりした子みたいなので、キクさんのおっしゃるようにあまり心配せずに様子を見たほうがよさそうですね!

mizさん>
いつも暖かいコメントをありがとう!
そうですね、私も今回のことでは色々学んで良かったかな~とポジティブに考えようと思ってます。やっぱり2カ国語で育てられると言葉が遅いのは仕方ないことみたいですね。耳の聞こえが悪いからと言われて、そっか~、もうちょっと早くに耳をきちんと治療していたら言葉の発達も早かったのかな~と思ったりしたんですが、そうとも限らないですものね。
サブ子のペースにあわせて、こっちものんびり構えてやっていきたいと思います。

Mrさん>
新しい抗生物質を飲み始めてから夜中に泣く回数が激減しましたよ!心配してくれてどうもありがとう。私の風邪はほぼ回復しましたが、キヨシ君は絶不調です。普段薬をぜ~ったいに飲みたがらない彼が、昨日タイレノール飲んだら?とダメ元で聞いた私の言うことを聞いたのでそうとう具合が悪いのでしょう。Mrさんも風邪には気をつけてね~。
2007/03/15 10:09 | | edit posted by 親分
ええ~、
来週の金曜日ですか!す、すごい!早いっ!カナダでは、逆立ちしたって、ま~~~ずありません。ま、医療費無料ですが。。

早くやってもらえるようで、ほんとよかったですね。いやいや、今のが最後の抗生物質になりますよ(きっぱり)。とにかく全てが終わるまで安堵できないかもしれませんが、本当にバラ色の生活が待ってます(笑)

サブ子ちゃんもキヨシ君も親分さんも、どうぞお大事にね。

2007/03/15 10:27 | | edit posted by すぬこ
うちも悩まされてます
リーも8ヶ月のころから(11月から)ずっと中耳炎が続いてます。 もうすでに10日コースの抗生物質を4回飲んでます。 4ヶ月の間に4回です。 これって多いですよね。 夜中も30分間隔で泣いて起きる夜が4日も続いたこともありました。 その時はさすがに参りました・・・

でも何故だかチューブを入れることはしません。 チューブを入れると『うそ?』ってほどよくなるって聞いたことがあるのですが、一体なにを基準にチューブを入れるのかがわかりません。  中耳炎になった回数? 程度? 月齢? 

お医者様には『とにかく子供を他の子供に近づけない事が1番です。』って言われましたが、そんなの絶対に無理!! 鼻水が出るたびに『あ~、また中耳炎になる・・・』って憂鬱です(涙)  
2007/03/16 06:26 | | edit posted by Minnie
そうだったんだ…
親分、日々ご苦労様。
みんなでどうしてるのかな…とこの間話していたよ…。

そうか、サブ子ちゃん、チューブすることになったんだね、これでもうすぐ良くなるといいね。 親分も忙しいのに大変だね、おっかちゃんが体調を壊さないように。

今ではベラベラ2ヶ国語(どちらもなまってますが…笑)をしゃべるうちの次男は15ヶ月くらいからだったよ、急にしゃべりだしたの。だからこれからよ、サブ子ちゃんもきっと。

会合メンバーは待ってます、大変だろうけど、体に気をつけて、この忙しい時期を切り抜けてね!
2007/03/16 21:26 | | edit posted by Nango
お大事に・・
サブ子ちゃん、そして親分さん、本当に今は大変な時期だと思いますが、いいお医者さんもみつかったようだし、きっといい方向になると信じて祈ってます。

サブ子ちゃん、親分さん、そしてキヨシ君、お大事になさってください。
2007/03/19 18:10 | | edit posted by mayuko
すぬこさん>
医療費無料のカナダ・・・。しかしその「手術待ち期間中」に悪化とかあるでしょうに。アメリカの医療費の高さにも閉口しますが、どっちもどっちですねぇ~・・・。
私の風邪もキヨシ君の風邪もほぼ完治。サブ子も抗生剤を飲み始めてから調子が良さそうです。あとは金曜日の手術のみ~。

Minnieさん>
>一体なにを基準にチューブを入れるのかがわかりません。  中耳炎になった回数? 程度? 月齢?
耳鼻科の医師に説明してもらったんですが、確か6カ月以上良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性中耳炎、6ヶ月以内に4回以上の中耳炎(だったかな?この辺記憶があやふやで。)、デイケアに通っていて鼻風邪をひきやすい子供、なんかがチュービングの対象になるみたいですよ。
>『とにかく子供を他の子供に近づけない事が1番です。』
そんなの無理ですよね~!あ、そうそう、中耳炎の子供には喫煙者を近づけてはいけないと小児科医からきつく言われました。子供の前で吸ったりしなくても、服にしみついたタバコの煙でさえ良くないそうですよ。参考までに。

Nangoさん>
ありがとう。今月も後半になってなんとか先に明かりが見えてきた感じよ。
そうだね、言葉はやっぱりのんびりじっくり待つのが一番良さそうだね。サブ子も東北訛りをしゃべる日が来るかもね。(笑)
今月は会合参加できなくて寂しいけれど、4月になったら行けるかも!明日も皆によろしくね~。

Mayukoさん>
ありがとうございます。家族揃って元気になりつつあります。重なる時は重なるものですね~。金曜日のサブ子のチュービングが終わればとりあえずは落ち着く(予定の)我が家。また面白い仕事の話なんかもここでじっくり書けたらな~なんて思ってます。
2007/03/19 21:12 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/178-43b01a3a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。