アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
年の離れたお友達
アラスカ大学に留学していた当時、受講していたESL(English as a Second Language:外国人のための英語)の授業を教えていたリン。白髪に白いひげが良く似合っており、お腹の出具合もあいまってまるでサンタクロースのような容貌をしています。

リンの授業は彼の世間話で終わってしまうようなことも多く(しかも「あ、その話この間聞いた。」という内容も多々あり。)、「こんな授業、さっぱり役に立たない!」と噂されることも多かった彼のクラスではありましたが(笑)、私は彼の人柄と独特の雰囲気が大好きで、同時期アラスカ大学に留学しに来ていたmaqista君と一緒に1年間もの間まめに彼の授業に出ていたのでした。「また今日も同じ話してたよね。」なんて授業の後に笑いながら。

ところで余談になりますが多趣味なリンは地元のコントラダンス(フォークダンスの一種)の集まりを長年企画しており、初心者にダンスを教えたり、そのダンスの集まりで生演奏を自分でしたいが為に50歳を過ぎてからフィドルを習い始めたり、健康の為に太極拳をやっていたり、冬の間はダイエットの為に飼い犬と共にスキージョアリングに出たり、最近になって演劇を始めたり、と日々忙しい生活を送っています。

最近、人類学者の奥さんの仕事についてトルコで一年間暮らしていたリンがどうやらフェアバンクスに戻ってきてまたUAFで教えているらしい、という情報をきゃらはんさんから聞き、この間地元のコーヒーハウスでリンとの数年ぶりの再会を果たしてきました。

リンの企画するコントラダンスには大学時代キヨシ君やキヨシ君の親友達とよく参加していたし、当時車のなかったキヨシ君と私を自分の二人乗りオンボロトラックの助手席にぎゅうぎゅうに座らせて送り迎えしてくれたリン。彼は当然キヨシ君のこともよく知っています。しかし私達にサブ子が生まれていたことは今回の再会まで知らなかったようで、私が一緒に連れていったサブ子を「キヨシと親分を足して2で割ったような顔だなぁ~。」とまるで孫を見るような目で見つめ、しみじみと大好きなコーヒーをすすりながらお腹をさすっておりました。(笑)

人類学者の奥さんが最近大学を退職したこと、自分もそろそろ退職しようかなぁ~と考えていること、トルコでの生活、自分の息子とそのガールフレンドの話、最近友達がどんどん歳を取って死んでいく、そんな話を一通りした後に、退職したらこんなこともやりたい、あんなこともやりたい、と自分の抱負を語り、「ま、自分が Grown up (成長)して自分が何をやりたいかがはっきりするまでは大学で教えようかな。」と言っていたのには笑ってしまいました。白髪のおじいちゃんから「自分がGrown upしたら・・・(自分が大人になったら・・・)」なんてセリフを聞くとは思ってもみませんでした。

私達の省エネハウス建築計画を聞いたリンは「じゃあ、大学が冬休みに入ったらキヨシも連れてご飯でも食べがてら我が家を見においで!」と。数年前に建てた自慢のお家(ダンスフロアがある。笑。)を見せてくれるそうであります。

友人の多い彼はサブ子と私とお茶している間にも次々と人が声をかけていくのですが、その度に「これは私の友達とその娘。」と私とサブ子を紹介していました。気付いたのですが、彼は自分の教え子を誰かに紹介するとき、いつも「これは私のFRIEND」と言うのです。こんな所からもリンの人柄がうかがえるというもの。

そろそろ帰ろうか、とコートを着て帽子や手袋をし始めた頃になり、「あ、そういえばレジでお金を払うのを忘れてたんだった。友達と立ち話をしていたらすっかりタイミングを逃しちゃって。」とゆったりとレジに向かい、「Well、僕そろそろ帰るんだけど、ご馳走になったコーヒーとスコーンのお金は払っておいた方がいいかと思って。」と言ったリンに、笑いながら「That's a good idea!」と返すカフェの店員さん。こんなのんびりしたフェアバンクスの住人達が私は大好きなのです。(笑)
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日々のこと
comment
素敵なお友達だね
なかなか味のある素敵なおじさんですね。歳をとってからもいろんなことに興味をもち、人生を楽しんでていいですね。私もそんなふうに歳をとりたいな。
そういう人生経験豊富で暖かい人がお友達ってのもいいですね~☆
2006/12/18 17:58 | | edit posted by たまちゃん
名前を聞くと、彼の容貌がすぐさま浮かんでくるね。元気そうで何よりです。今度会ったらよろしく言っておいてね。
2006/12/18 18:02 | | edit posted by マキスタ
たまちゃん>
そうなんです!私も歳をとっても彼の様に積極的に人生を楽しみたいものだなぁと思ってるんですよ。

マキスタ君>
ふふふ。懐かしいでしょう?今度会ったらマキスタ君がよろしく言ってました、と伝えておきましょう。私もリンと会うのは数年ぶりだったけど、全然変わってなかったよ。
2006/12/19 20:46 | | edit posted by 親分
偶然にも!!
この前一緒にルルズに行った時に偶然会った日本でALTしていた女の子、実はリンの息子の元奥さんだったんだよ~!!リンの息子は日本(富山)で奥さんと共にALTをしていて、私は彼らの家に泊まったこともあるのだ!!
世界って狭いなあ。。。
2006/12/20 10:30 | | edit posted by きゃらはん
きゃらはんさん>
レスが遅れてごめん!キヨシ君の実家、ニニルチックに帰省していたのだよ!

それにしても偶然だねぇ~。あのLuLu'sで会った彼女がリンの息子(昔キヨシ君と一緒にUAFの図書館で働いていた。)の元奥さんだったなんて。そうそう、キヨシ君も「ガールフレンド?Dは結婚していたはずだよ?」と私の話を聞いて不思議がっていたのですが、別れてしまったというわけなのですね。

ほんと、どこで綱がってるかわからないねぇ~。

2006/12/24 22:03 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/153-7dd94c0a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。