アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
サブ子の高熱騒ぎ
日曜日にデイケアから帰宅して以来、サブ子の高熱が続いています。Infant Tylenolを6~10時間おきに飲ませているのですが、飲ませた後だけちょっと熱が引き、ほっとしているとまたすぐに高熱が出るというのを繰り返して、月曜の夜はなんと104.9F(40.5℃)を記録。 

長年ナースをしているこの私ではありますが、職場でも104.9Fなんてめったにお目にかかることのない値。もうクリニックも閉まっている時間だし・・・どうしよう・・・と悩んだ挙句に職場に電話してみた所、ちょうどその夜のナーシングスーパーバイザーが私の大好きなリンダであることが判明。「ちょっと、リンダにつないでくれる?」

私的な相談にもいつも親身になって相談に乗ってくれるリンダ、その夜も忙しいにも関わらず電話に出てくれて、「えっ?サブ子が高熱?Tylenolはあげてる?よし。そうね、熱以外にはどんな症状があるの?ぐったりしてる?水分は取れてる?熱はいつからなの?お通じはどんな感じ?吐いたりしてる?耳は引っ張ったりしてる?」等々、様々な質問を私に投げかけた後、「とりあえず、冷たいと感じない程度のめちゃくちゃぬるいお風呂に入れて体全体を冷やしてあげること、電解質と水分を補給すること、ものを食べているならヨーグルトを食べさせること(下痢で失われる腸内の正常な菌を補給するため)」等のアドバイスをくれ、「でも24時間以上もそんな高熱を出してるってのはやっぱり気になるから、30分から1時間後にまた熱を測ってみて下がってこないようだったらERに来た方がいいかもしれないわね。何かあったらまたいつでも電話するのよ!」と言われて電話を切りました。冷静になって考えてみれば当たり前のことですが気が動転していた私には「あっ!そうか。そうだよな。」と正気に戻らせてくれたリンダの冷静でおだやかな口調でのアドバイスには本当に感謝してもし足りない気持ちでした。

言われた通りにぬるめのお風呂に入れ、冷たいヨーグルトと水分を取らせ、熱を測ってみると103F。下がってきています。そういうわけでERにはかからずに済んだのでした。(ちなみに、こちらではERにかかったというだけで日本円で5万円ほど取られます。)

しかしタイミングの悪いことに、当日の月曜日と翌日の火曜日には私がどうしても欠席することの出来ない研修が組まれていました。月曜日はキヨシ君に仕事を休んでもらってサブ子を自宅で看てもらっていたのですが、さすがにキヨシ君も2日連続で仕事を休むことは出来ないらしく。・・・ということで火曜日はうちの病院の小児科の「Sick Daycare」プログラムを利用することにしました。これは小児科のベッドの空きがある場合に限り、職員の具合の悪い子供を小児科スタッフが預かって看ていてくれるというプログラムです。昼休憩の間にはランチを持ってサブ子の病室を訪れ、二人で一緒に昼ご飯を食べましたが、研修に戻るのにまだ熱のあるサブ子を残して去らなければならない時は本当にこっちも辛かったです。ベッドの柵につかまって火照った顔で我が子に泣かれて辛くない母親っていないでしょうけれども。

そういうわけで昨日もなんとか研修に参加し、早めに抜けさせてもらってサブ子を閉まる直前のクリニックに連れて行きました。

数日間に及ぶ高熱&発疹(特にホッペやあごのあたり)。「ウィルス性の風邪&中耳炎」とのこと。しかし、お薬はなし。熱が出たら今まで通りに市販のTylenolを飲ませる(なかなか下がらない場合はTylenolとMotrinを交互に飲ませる)こと、水分を充分に与えること、熱が今後二日経っても下がってこない場合は抗生物質の投与も考える、とのことでした。この辺、アメリカに来たばかりの頃の私ならば「何もなし?!」と憤慨していた所でしょうが、今の私は違います。とりあえず「自分のやっていたことが正しかった、心配することはないんだな。」とわかっただけで安心しました。

というのも、こっちの医療期間で働き初めて、日本の医療がいかに「薬漬け」の医療であるかがわかってきたからです。タダの風邪にすら抗生剤を出してしまう日本の医療はおかしい!ということが「風邪なんかでは医者にかからない」タフなアメリカ人を見ていてだんだん納得いくようになってきました。体が自然治癒力を発揮する前に薬で治してしまったら、どんどん薬に頼らないと治らない体になってしまうのは至極当然のことのような気がします。

小さい頃はこうしてしょっちゅう病気をしたりと色々心配なこともこれから多いでしょうが、サブ子の自然治癒力を信じて、ゆくゆくはキヨシ君のようなスーパー健康優良人(笑)に育って欲しいと願っています。

私は今日も仕事のはずだったのですが、同僚と勤務を交代してもらって自宅でサブ子を見ています。ここ数日のサブ子の高熱騒ぎで、理解のある夫、上司&同僚に恵まれて、本当に自分はラッキーだなぁ~と実感している私です。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:14   trackback:0
[子育て
comment
高熱怖いですよね。親分さんはさすがに強い!私なら大騒ぎして、アメリカの医者は駄目だ!薬出せ!と泣いて騒いでいた事でしょう。サブ子ちゃんの風邪早く治るといいですね。親分さんも体壊さないように気をつけてね。
2006/12/13 15:23 | | edit posted by Mr
サブ子ちゃんのこと、さぞかし心配だったでしょうね・・・。子供が40度以上熱出したら絶対に私焦ってます。
うちの子はそこまで高く熱が上がった事ないので・・・。
ましてや、ナースである親分さんでさえも動転してしまうんですから、私だったら尚更です。
でも、職場の人によきアドバイザーとかいて恵まれた環境ですよね。そういうときは、本当に心強いんじゃないですか?
日本の病院が薬漬けっての分かります。
日本に帰って、子供達を病院に連れて行くと大量に薬出ますものね。
私も最初アメリカに来たときは、こっちの病院ってなんで薬でないの?って思ってたけど、きっとそれが普通なのかもね。日本がおかしいだけなんですね。自然治癒力を発揮できる体、目指しましょう。
サブ子ちゃんお大事に。
2006/12/13 15:39 | | edit posted by たまちゃん
サブ子ちゃんその後熱は下がりましたか。私の子供も40度以上の熱を三日間くらい出した事があって、夜も寝ずに看病した事あります。子供が病気すると本当に心配ですよね。
日本の医者が言ってましたが、医者もこの薬は効かないとわかっていても、患者が希望していると出してしまうそうです。日本の国のように皆保険があるからそういう事が出来るんでしょうね。サブ子ちゃん早く元気になるといいですね。
2006/12/13 16:33 | | edit posted by kiska
Mrさん>
いや、強くない、強くない。のんびりしすぎという話もあります。(笑)「大丈夫、大丈夫。」が私の口癖・・・。でも今回ばかりはさすがの私もビビりました。子供の病気っていやですねぇ~。

たまちゃん>
そうなんです。こういうとき、専門家(医者やナース)の意見をタダでもらえるというのは特権だなぁ~と思います。(笑)
日本を出るまではわからなかったけれど、日本の医者って本当にすぐ薬を出しますよね。そういう私も昔はささいなことで病院にかかり、薬をもらってまめに飲んでいたクチです。あはは。こっちに来て薬飲まなくなって少し丈夫になった気がしますよ!

Kiskaさん>
サブ子の熱は今日になってようやく下がってきました!ふ~。
薬の話ですが、「患者が希望するので出してしまう」というお医者さんのそのセリフ。確かに薬をもらわないと納得しない患者さん,日本には多いような気がします。薬に頼らず、自分で自然に治せる丈夫な体を持ちたいものですよね。
2006/12/13 18:05 | | edit posted by 親分
納得!!
サブ子ちゃん。突発性発疹だったのかな??それにしても、生まれて初めての高熱にはお母さんもびっくりするよね~ でも、これから徐々に慣れてくると思います^^うちの子は42度くらいまでは何度も上がったことがあります。1度なんて、14時間のフライト中に・・・でも、この子は熱に対して強い子らしい。なので症状をみて薬を与えます。自分の子の特徴?を掴むまで、何度熱を経験したことか・・・
それの繰り返しですからね~
それにしても、日本とアメリカの薬事情。反省するとこと多し・・・・
早く治りますように♪
2006/12/13 22:11 | | edit posted by メロン
具合いかがですか?
サブ子ちゃん具合はいかがですか?
うちもちょっと前3人まとめて風邪騒ぎでした。ようやく落ち着いてきたけれど、熱が下がったら鼻水&咳になって3人落ち着くまで2週間以上かかってました(-_-)下の2人はやっぱり中耳炎もでしたー。確かにアメリカだと薬でないですよねーうちのダンナさんも日本の病院は薬だしすぎって憤ってましたよ!子供の病気って大変ですよね~お互い気をつけましょうね~&めざせ健康アラスカンキッズですね☆
2006/12/14 08:42 | | edit posted by
名前忘れました↑
↑前のコメント名乗るの忘れました^^;
えばさちでしたー。
3人ってとこでバレマスね。。。笑
2006/12/14 08:47 | | edit posted by えばさち
サブ子ちゃん、どうですか?うちはまだ、予防接種後のちょっとした熱しか経験していないんで、これからですね・・・。でもこんな高熱が出たら、絶対に焦りますよ。色々経験して慣れていくんでしょうが、怖いですよね。「ぬるいお風呂に入れて体全体を冷やす」って知らなかった!覚えておこう。。。サブ子ちゃん、早くよくなりますように。お大事に。
2006/12/15 00:00 | | edit posted by Tami
サブ子ちゃん大丈夫でしたか?
良くなりました?

アメリカの医療、わからない事だらけでいつも風邪の時はどうするのかな?と思っていたのですごく興味深かったです。
うちの子も風邪をひいていて、小児科で薬を貰ってきたのですが(勿論抗生剤あり!)、もう薬を無理矢理飲ませても、逆に吐きそうになったりするのが可哀想になって飲ませるの辞めちゃいました。
それでも良くなって来てるので、今後は気休め程度に飲ませるかなんて思っていた所です。(でもまだ医療費がタダだからすぐ小児科に連れて行ってしまいますが。)
2006/12/15 04:38 | | edit posted by miz
うちも
今週、月曜の夜あたりから熱が出て、大変でした。なにぶん体温計がいやなので、体温測らせてくれなかったので最高はわかりませんでしが、一回測ったら38.5くらい。。デイケアで風邪が流行ってるので、またウィルスもらってきたのかな、明日家でゆっくりすればいいかな、くらいに思ってたら、毎晩夜だけ熱が出るのです。水曜の夜はほとんど寝てないので、ついに昨日木曜に医者に行ったら、中耳炎!!すぬたはチューブを入れてるのですが、どうも片方は取れたようで。。(涙)悲しい。。

やっぱり我が子の高熱はプロでもあせりますよね。医療に携わってる私の友人も熱性痙攣で救急車呼んでしまったって言ってましたもん。

子どもが一番しんどいんですが、看病するほうもしんどいもの。。お互い、お疲れ様でした(笑)
2006/12/15 12:48 | | edit posted by すぬこ
メロンさん>
長時間フライト中の発熱はイヤです~!!!みんな色々経験してるんだなぁ~。私もど~んとかまえて頑張らねば~。

えばさちさん>
3人まとめて・・・。大変すぎる!(笑)一人でいっぱいいっぱいな私はまだまだですね。えばさちさんも看病疲れで倒れるようなことがありませんように!

Tamiちゃん>
さすがに慌てたよ~。これまでも何度か高熱は出してるけどこんなに上がったのは初めてだったし、なかなか下がらなかったからねぇ~。ま、今回のことで度胸がついたからいっか。Tamiちゃん家も風邪には気をつけてね。

mizさん>
そうですね、脱水症状を起こしていなかったりきちんと食べたり飲んだりしているようであれば無理に抗生剤を飲ませる必要はないかも、です。アメリカに来て「風邪で抗生物質を飲む」ということがどんなに大げさなことなのか、初めて知りました。お国変われば、ですね~。

すぬこさん>
すぬ太君も!やっぱり時期なんですかねぇ~。私も妹も中耳炎なんて全くやらずに育って来たのですが、子供の中耳炎ってこんなによくあることなのか~って最近になって知りました。
チューブ入れられちゃったのか~、すぬ太君・・・。可哀想に。早く良くなりますように!!!
2006/12/15 13:47 | | edit posted by 親分
サブ子ちゃん、具合はいかがですか?子どもの高熱って焦りますよね。娘も1歳半位の時に40.5度の高熱が3日続き、結局、扁桃腺炎で1週間入院しました。今ではちょっと風邪を引くと(また扁桃腺炎になったら可哀想!)と思い、すぐに医者に連れて行ってしまいます。掛かりつけの小児科は、やはりすぐに抗生剤を処方しますね。そして私も飲ませちゃうし...。先週もジスロマックという早く効くらしい抗生剤を処方されました。あんな小さな体で薬漬けなんてどう考えても良いはずはないですよね...。
2006/12/17 07:51 | | edit posted by kim
早く、よくなりますように(祈)
子供の熱は心配だよね~(沈)子供はよく熱を出すって言うけど、、、。40℃は私もビビっちゃう値です。しかし、回復に向かっているようで、なによりです!!そして、今回のスーパーバイザーのリンダさん!私はしびれたね!!すごい!!的確なアドバイス!日本では看護師で判断することはまだ禁じられているような雰囲気があって(何かあったときに責任がとれないという事で。)、電話の問い合わせもなんてないことでも、最終的にはドクターに確認しないといけない所があるの。それだけ、専門看護師の育成が遅れているんだと思う。最近、ミニドクターって言う言葉がいやで、どうせ自分で判断しちゃいけないなら、全て医師に確認すればいいや、って思って自分で判断することが少なくなってきた私。今回のエピソードに何か火がついたような気がします。ありがとう、親分!!!
2006/12/18 06:37 | | edit posted by しんちゃん
Kimさん>
カナダでもそうなんですか?意外~。お医者さんにも寄るのかもしれませんね。Zithromaxはうちの病院でも良く患者さんに処方する抗生剤です。(笑)

しんちゃん>
リンダは素敵よ~!(笑)ああいう上司の元で働けるというのはつくづく幸せなことだなぁ~と思います。ヤエミとは大違いね!(爆)サブ子は熱もすっかりひいて元気になりました。ただし発疹がなかなか消えなくて見た目すごいことになってます。
2006/12/18 15:37 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/152-d907b793
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。