アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
日本語プレイグループ
数ヶ月前からNangoさんの提案をきっかけに、日本人ママさん&その子供達の為の「子供の会」が開かれています。手遊びや読み聞かせ、季節の行事なんかを月イチでやるのですが、今日のメインは「お正月飾り作り」でした。

日本語プレイグループ
サブ子はここでもマイペース・・・。全然違うことして遊んでます。(笑)

寝坊して危うく今回も参加しそこねる所でしたが(我が家で待ち合わせして一緒に行くことになっていたNちゃんがドアをノックする音で目覚めた。笑。)、行って良かったです。

サブ子はアメリカで生まれアメリカで育っていくことになるでしょうが、彼女には日本人の血が半分流れています。アメリカと日本、2つの国の文化になるだけ触れさせ、自分のルーツをしっかり理解してユニークな人間に育っていってほしい。そういう思いで子育てをしているキヨシ君と私は、この日本語プレイグループはサブ子を日本文化に触れさせる貴重なチャンスだと思っているのです。

言葉の問題にしても、私はなるだけサブ子には日本語のみで話しかけるようにしています。無理矢理詰め込むつもりはありませんが、私はサブ子が大きくなったときに日本のおじいちゃん、おばあちゃん、おばちゃん、そして親戚の皆と何不自由なくコミュニケーションが取れるぐらいの日本語力は最低限つけさせたいと思っているのです。言葉はアイデンティティーを語る上では欠かせない要素。UAFでイヌピアック語(最北に住むエスキモーの言語)を勉強していた時、私は切にそう感じました。英語にも日本語にも翻訳のしようがない表現をたくさん学んだからです。物の見方、考え方、そういったものが言葉には必ず表れています。英語でしかうまく説明できないことがあれば、日本語でしか表現できないこともありますよね。

「2ヶ国語以上で育てられた子供は言語の発達が最初少し遅れるけれど、そのうち必ず追いつくから焦らず根気強くがんばるように」とファミリードクターのM先生もおっしゃっていました。キヨシ君が日本語が出来ないので、家族3人そろった時は思わず英語で喋ってしまう私ですが、「おっと!いけない、いけない。」と自分を戒めながらサブ子に対しては出来るだけ日本語を使うように心がけています。最近ではキヨシ君まで頼んでもいないのに「サブ子~。日本語の本を読んであげよう!」とサブ子を膝に乗せ、間違いだらけの怪しい日本語で絵本を読んであげている始末。日本語教育には理解の深い夫です。(笑)

でもやっぱり自宅で自分達だけでやるには限界があるのも否めない日本語教育。プレイグループでサブ子が同じ年頃の日本人のお友達をたくさん作って、遊びの中から自然に学びとっていってくれたら、やっぱりそれはサブ子にとっては一番良い方法なのではないかと。

まだ1歳。わかってるんだかわかってないんだか、という感じがしないでもありませんが(笑)、私から見たところではサブ子はサブ子なりに楽しんでいる様子。これからも出来る限り参加させてもらいたいと思っています。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[子育て
comment
言葉って大切!!
いつも思うのだけど、、、日本の病院に来る外国人患者さんの不安な表情!!そして、私のつたない英語でも、話しかけるとパッと表情が明るくなる瞬間!これを経験すると、ほんとに英語の勉強をしていてよかったなあ~、、、。と、しみじみ思います!そして、それが英語を学ぶ活力になるのです!が、、、。(最近サボっています。)2カ国語を覚えるのはたいへんかもしれないけど、、、、きっと、それ以上に素敵なことにめぐり合うことも増えると思います。親分やキヨシ君も大変だろうけれど、私はサブ子ちゃん2カ国語計画!?賛成です!!
2006/12/10 03:17 | | edit posted by しんちゃん
頑張ろう
今回サブ子ちゃん参加できてよかったね!そういう環境って大事だからね~。
言葉って本当難しいよね。うちの子は二人とも日本語しか喋れなかったのに
、こっちにきて英語になって・・夏に日本に帰ったときはまた少し日本語に戻って、また英語に・・・を繰り返してます。将来は絶対日本に住みたいので、今は上の子が、来年日本では小学校入学予定なので、教科書送ってもらったら、少しづつでも勉強させたいと思ってます。日本語のプレイグループ
にも参加したいけど、朝早くて・・・。でも、いつか参加してみたいです。
2006/12/10 10:36 | | edit posted by たまちゃん
楽しかったねえ☆
こわいおばちゃんは、じゃあこのまま日本語のみ!でサブ子ちゃんと接することをお約束いたします。無理やり日本語で通す言い訳が出来てよかったわ(笑)
2006/12/10 12:22 | | edit posted by きゃらはん
児童心理学で学んだんですが
幼少期に特定の言語を話すのに必要な”音”を学ぶので、赤ちゃんの頃から話しかけてあげるのはとても大事らしいです。
あと、親分さんがやってらっしゃるように2ヶ国語同時に教える場合は、1つの言語を1人の親が担当し子供に話しかけることで、赤ちゃんも2ヶ国語混同しないできちんと区別できるようになるそうです。
バリバリのバイリンガルに育ててあげてくださいね♪
2006/12/10 14:58 | | edit posted by ルティカ
しんちゃん>
しんちゃんの言うとおり、言葉って本当に大切だよね。特に具合が悪くて病院に来ている人達にとって、言葉がわからないということはものすごく心細いことなんだろうと思います。そんな時にしんちゃんの英語での対応を受けると、やっぱり患者さんもほっとするんだろうね!
あせらず、のんびり、でも諦めずにサブ子にも日本語を伝えていけたらなぁ~と思ってます。

たまちゃん>
たまちゃん家の子供達はまだ小さいから頭が柔らかいじゃん?!大丈夫だよ~。今だって両方ちゃんと理解は出来てるんだし、口からぱっと出るか出ないかの違いだけで。
子供の会、確かに朝早いんだよね。(笑)私も1回寝過ごして参加し損ねてるし。でも朝起きて行く価値ありよ!今度機会があったらぜひ~。

きゃらはんさん>
昨日はどうも~。その後のランチも楽しかったです。旦那達のオタク話に花が咲き・・・。(笑)
そうそう、サブ子にはどんどん日本語オンリーで話しかけてやってください!怖いおばちゃんの話なら注意して聞くかもしれないし。

ルティカさん>
>1つの言語を1人の親が担当し子供に話しかけることで、赤ちゃんも2ヶ国語混同しないできちんと区別できるようになる
そうなんだ~!じゃぁ、キヨシ君のでたらめな「日本語読み聞かせ」はサブ子を混乱させるだけだね?(笑)これからはわたくしが責任をもって日本語担当させていただきます!キヨシ君には英語の本を担当してもらおう~っと。

2006/12/10 21:47 | | edit posted by 親分
バイリンギャルに育ちますよ!むしろ私が話しかけますよ。日本語オンリーですのでwww
私も、雪が溶けた頃に参加したいです。
2006/12/11 21:50 | | edit posted by Mr
いいですね~
サブ子ちゃんはまだ小さくても日本語を話すお友達、仲間がいるということで、これからサブ子ちゃんの日本語でのコミュニケーションに大いに役立つと思うのです。

うちも私はずっと日本語で話しかけてます。すぬ夫と3人で会話を成り立たせねばならないときは英語にしていますが、こっち向いて日本語、あっち向いて英語がだんだんできるようになってきました(笑)最初はこの切り替えが難しかった。。

でも、すぬたは今私の言うことはほぼわかってますが、発話は8割で英語です。これは日中英語でデイケアで過ごしているから仕方ないですが、だんだんボキャブラリーも増えて「マミーとは日本語」となる例も聞いてるので、がんばっていこうと思ってます。日本人の同年代の子が回りにいなかったのだけど、最近出会ったので仲良くしていければいいな、と思ってます。
2006/12/12 05:52 | | edit posted by すぬこ
Mrさん>
日本語オンリー会話、よろしく!雪解け後の再会、楽しみにしてます。その前にまたGirl's Night Outでも実現させたいね!たまちゃんが車出せる時に合わせて!(笑)

すぬこさん>
>こっち向いて日本語、あっち向いて英語
これ、本当に難しいですよねぇ~・・・。キヨシ君や他のイングリッシュ・スピーカーがその場にいる場合は特に。これもやっぱり慣れなんでしょうか。がんばりたいと思います。
すぬた君も日本語でお話できる同世代のお友達が増えると良いですね!
2006/12/13 12:09 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/151-762350a8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。