アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
RN to BSN
1ヶ月ほど前からプリセプターナース(新卒ナースを一定期間1対1で指導するナースのこと)をさせられています。これまではずっと教えられる立場だったので、教える立場に立たされて初めて学ぶことも多々あり。数年前、晴れてアメリカのRN(レジスタード・ナース;正看護師)の資格を取り、新人教育を終え、一人立ちしたと思ったらチャージナース(そのシフトのいわゆる”リーダーさん”)、そしてプリセプター。圧し掛かってくる責任の大きさにやや戸惑い気味の毎日です。

そんな私が病院のカフェテリアでランチを済ませ、病棟に戻るためにエレベーター待ちをしていてふと目に入ってきたビラが"The RN to BSN Program"。「そうだ、大学に戻ってもう一度看護を勉強し、学士を取るというのもいいかもしれない。」と思った私は、今日そのセミナーに参加してきました。BSNとは、Bachelor of Science in Nursingのこと。私は日本では3年制の看護短大を出ているのですが、こちらではAssociate Degreeとして扱われています。

出世に全く興味のない私は(笑)これまではAssociate DegreeのRNで充分だと思っていました。管理職についてしまうと、それだけ患者さんとの関わりの時間が削られてしまうからです。ヨボヨボばあさんになっても、現役スタッフナースとして病棟でバリバリ働くことを目標にして働いてきました。ところが最近、うちの病院付属のネイティブアラスカンの患者さんのみを対象にしたクリニックで働くナースと話をしていた私は、「BSN持ってると、アラスカ中のエスキモーやインディアンの村々を飛んで看護をすることが出来るよ。」という彼女の言葉を聞いて、そんなことが出来るんだったらBSNを取ってみるのもいいかもしれないな、と思っていたところだったのです。

うちの病院の看護部がUAA(アラスカ大学アンカレッジ校)の看護学科を招いて行った今日のセミナーに参加してみたところ、このコースはオンラインの授業がメインで、あとは看護研究と地域看護の実習で構成されており、働きながら1~2クラスずつマイペースで履修していくことも可能らしい。しかも授業料はうちの病院がすべて払ってくれるという気前の良さ(もちろん、うちの病院で働くナースに限っての話です)。

これはやっぱり応募してみるしかないですかねぇ~・・・。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:12   trackback:0
[ナースのお仕事
comment
してみるしかないですよ~。BSNを持っていると広がる可能性を考えると魅力的ですね。と思う一方、働きながらだとかなり忙しくなるでしょうねぇ。親分さんが過労で倒れないか心配だ。
2006/11/16 23:39 | | edit posted by Tami
頑張って
なんでも、挑戦!応募してみるべし~。
BSNとって、アラスカ中を飛んで看護できるってなんかやりがいがあって楽しそう。
でも頑張り屋さんの親分さんだから、Tamiさん言うように過労で倒れないようにしないとね・・・。
2006/11/17 13:59 | | edit posted by たまちゃん
個人的な意見ですがオンラインの授業、BA所有の人を対象にした教員関係のコースをUAS(ジュノー校)でかなり取りましたが、正直あまり好きではなかったです。
クラスごとに週一の電話の会議、オンラインでのディスカッションなど以外は基本的に独学の状態でした。
”実習”という形でクラスごとに一日数時間教室で教えるノルマがあり、それも毎日が手探りでした。

でも親分さんはすでにRNで基本的なことがわかってらっしゃるし、看護関係のオンラインのクラスは教員のとは全然違うかも知れないですね。
あと、BSNで夢が実現するのであれば、それだけでも価値があると思います。

親分さんが興味あるのかわかりませんが、うちの学区みたいに学区専用のRNを雇い、その人が学区全体の学校を担当して小さな村を行き来する、というような仕事もありますよ。

夢に向かって頑張ってください。
2006/11/17 18:58 | | edit posted by ルティカ
Tamiちゃん>
大丈夫ですよ!東京で看護師をしていた時代は週に一度は日勤ー英語学校ー深夜勤(睡眠時間ゼロ)というような無茶な生活をしていて、体を壊すこともなかったという私のことです!まぁでもあれは25前の話だからなぁ~。30過ぎたら、また話は違ってくるのかもしれないです。(笑)

たまちゃん>
やっぱり挑戦してみる価値ありですよね。ますます真剣に考えてます。(笑)ネイティブの村の暮らしを知りたくてアラスカに来たようなものなので、自分の仕事で村々を廻ることが出来るだなんて私にとっては夢のような話なんですよ。

ルティカさん>
そっか、ルティカさんはオンラインクラスの受講経験者なんですね!貴重な御意見をありがとうございます。私も実際にクラスルームに行くことなく、一人で自分のペースを守って勉強するなんてちょっときついんじゃないか、とちょっと心配しています。
>週一の電話の会議、オンラインでのディスカッション
RN to BSN のコースでは、これさえないらしいんですよ!大丈夫なのか?!まぁでも地域保健の実習というのは面白そうですが。
その学区に雇われるRNというのも面白そうですね!そういうオプションもあるのかぁ~。BSN持ってると夢が広がりそう。がんばります!
2006/11/17 19:41 | | edit posted by 親分
いいよぉ~、がんばれぇ~!
いいよぉ~親分!輝いてる!!

私も復学したくてタイミングを見計らってるわ。今は育児を第一に考えて、無理にするつもりはないけれど、いつかUAFでB.A.を違う学部で取り直したい! 私は働いてないから、自分で時間をつくれるはずなんだけど、「子どもにとって、鬼母(鬼婆、爆)」にならないように、ゆとりを持たなきゃいけないと、もう少し様子をみています。

きっと、「これがチャンスなんだ!」って思えるタイミングがあるはず!(今がその絶好のタイミングかもしれないしね!) そう確信があったら、するべきだとおもう。

旦那さん、確か今学期オンラインコースとDistance Edを教えてるよ。心理学と看護学部じゃ全然違うかもしれないけど、聞いてみたら?
2006/11/17 20:24 | | edit posted by Nango
BSNを持ってると良いですね!!取るしかないでしょ親分さん!
村々を回って看護出来るなんて素敵なことですよ。ぶっ倒れない程度に頑張ってね!応援してますv-218
2006/11/17 22:43 | | edit posted by
チャンス
親分、皆さんが言っているように、波が来ているんだよ、きっと!
たぶん、親分も、「やらないで後悔するより、やって後悔する方が良い。」タイプだと思うので、とりあえずチャレンジよ!
いつも目標を持って生きている親分、頑張ってねー!
2006/11/17 23:07 | | edit posted by 弟子1号
頑張れ~
チャレンジ出来る環境があるならばチャレンジしないと後悔するよね?私もいろいろやりたいことはあるけど日本にはアメリカのような環境はないし、家庭環境もあるから無理だけど・・・でもそんな環境があるならやりたいことはたくさんあるよ。
もちろん、周りがどんなに応援していても、キヨシ君やサブ子ちゃんの理解がなければ出来ないことだろうけど・・・
2006/11/18 05:51 | | edit posted by あーちゃんのかか
いいぞ!いいぞ!
久々にまじめな内容・・・。(ごめん、親分!笑)          家庭と仕事のスキルアップについて、考えてしまうね。両方の両立を考えてしまうと、大丈夫かな?って、心配になって、足踏みしてしまうけど、、、、ちょうどこの前、私の上司と面接があって、そのときに言われた言葉が、「勉強はしようと思えば、年をとってもできるし、本当に自分がやりたいことだったら、いくつになってもしようとするのよ。」って。私は家庭のことを理由にあることをあきらめかけていたんだけど、この言葉で、また頑張ってみようかな?って、思い始めたんだよ!
親分の性格上、あきらめるなんてしないだろうけど(笑)、Nangoさんの言うとおり、タイミングを感じて開始するべし!学校は逃げないけど、サブ子の今は今しかないもんね!(←なんか、ややこしいね。笑)あーちゃんのかかも子育て離れてからでも、遅くないよ!!(ところで、久しぶり!!)
いつも、目標にトライしていく姿勢は、一生自分を成長させるんだって!
働くママさん達、頑張れ!!!
 
2006/11/18 06:28 | | edit posted by しんちゃん
Nangoさん>
そうなんだよね。家庭があると、何か新しいことを始めるのにも時期を見計らわなくちゃないのよね。Nangoさんはいつも家庭第一、素敵なおっかさんを全力投球でやっていてすごいなぁ~と思っています。私は「これがやりたい!」と思ってしまうと、待てないタチなので・・・。じっくり考えてみたいと思っています。

Mrさん?>
結婚して家庭を持った時点で、「エスキモーの村に住む」という夢は諦めたんですよ。ただ、ナースとして一週間に一度とかそういう数日単位で村を訪れることができるんだったらそれは私にぴったりな仕事んじゃないかと。今すぐじゃなくても、サブ子の手が離れるようになった頃に、そういう仕事を出来たらいいなぁ~と思っているんです。

弟子1号>
そうなんだよねぇ~。マイペースで何年かかっても良いからやるかぁ~!がんばってみるよ!そういう弟子1号もそうとういろんなことやってるよね。今度はどんなみやげ話を持って日本に帰ってくるのかといつもひそかに楽しみにしているんだよ。体にはくれぐれも気をつけて!

あーちゃんのかかさん>
そうだね、「勉強を続けることが出来る環境」のことを考えると、アメリカは仕事や家庭を持つ人には日本よりはず~っとやさしいかもしれない。キヨシ君も、「絶対にトライしてみるべきだよ~。親分、エスキモーの村に行きたくてアラスカに来たんだもん。ナースとして行けるなら最高じゃない!」と言ってくれています。まぁ、サブ子の子育てのこともあるし、何年かかっても良いから1学期、1クラスとかそういう単位でがんばってみようかなぁ~と思っています。

しんちゃん>
そうなんだよね、
>学校は逃げないけど、サブ子の今は今しかないもんね!
しんちゃんの言うとおりだね。よ~く時期を見計らって一番良い時を考えなくちゃね。アメリカにいると、家庭を持っていようが子供が居ようが、どんどん学校に行ってどんどん教育を受けて自分を成長させている人がたくさんいるので、そういう人達から刺激をうけやすいんだよ。(笑)だけどしんちゃんの言うとおり学校は逃げない!ま、じっくり考えてみるよ!

2006/11/18 10:56 | | edit posted by 親分
頑張れ~!!
やっぱり私の思ったとおり~!
親分はトラベルナースになるって、いつか言うんじゃないかと思ってたよ☆
やりたいことと、出来る環境があるのなら、やるべきです!!
私はまだまだやりたいことと自分のアビリティーに差があって出来ないけれど、幅を埋めるよう頑張っています。
働きながらは難しいだろうけど、応援してます。
頑張って~!!
2006/11/18 19:03 | | edit posted by きゃらはん
きゃらはんさん>
いや、やっぱり子供も旦那もいるから本物の「トラベルナース」にはなれないだろうけどさ・・・。でもこの友人が言っていたポジションだと、2~3日かけてその村に滞在してドクターの診察介助したり予防接種打ったりとか、そういうことをしてまた帰って来て、という風にフェアバンクスに居ながらにして「出張」という形で時々村々を訪れることが出来るという。
きゃらはんさんが言っている「差」は諦めさえしなければ絶対に埋まるよ!経験者は語る。お互い、がんばりましょう。
2006/11/18 19:40 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/144-acc0eb66
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。