アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
「最近、痩せた?」
「最近、痩せた?」と良く聞かれます。

中学時代から日本を離れる25歳まで、ず~っと「太り気味」人生を送ってきた私ですが、昔はそりゃ~あらゆるダイエットを試し、ことごとく失敗したものです。

アラスカに来て、3段腹でもチビTを着ることを許されるアメリカ人に囲まれて生活しているうちに、「な~んだ。私の太り加減なんて、まだまだ甘っちょろいもんだな。」と気が楽になった途端に、私の体重はするすると減少していきました。60キロ以上あった体重が、50キロに。脂肪分こてこてのアメリカンフードを大学の学食で毎日食べていたのにも関わらず!

アメリカに来て太った、という人が多い中、「どうやって痩せたの?」と良く聞かれますが、本当に別に何もしていないのです。好きな時に好きなものをもりもり食べているし、エクササイズもしてません。出産後も、母乳で育てている以外は別に特別なこともせずに元の体重に戻りました。私の場合、「ストレス」が肥満に多いに影響を与えていたのではないかと・・・。それから「不規則な生活」。日本で仕事をしていた頃は日勤、準夜勤、深夜勤、と生活サイクルめちゃくちゃでしたからねぇ~・・・。(しかも日勤と深夜勤の間に仮眠を取らずに夜間の英語学校に通っていたし。)ストレスは日本で生活していた頃に比べると激減したし、好きなことをやって、好きなものを食べて、夜はきちんと寝て、(今は日勤専門で働いているので、夜勤は無し。)精神的に満たされているというのが1番大きいと思います。

ひょろひょろと痩せていることが美しいこと、みたいな雰囲気が日本にはあって、洋服を買いに行っても自分に合ったサイズがなかなか見つけられず、「これが1番大きなサイズなんです、ごめんなさい。」と店員さんに言われる度に悲しい思いをしていた昔が今となっては本当に腹立たしい。(笑)日本じゃ、デブはおしゃれをする権限さえないのか!(爆)日本は異常ですよ!アメリカ人の肥満度も異常ですが、日本人の極端な「痩せ願望」がないだけ、まだましなような気がします。

「痩せなくちゃ。痩せたい。」と切に願っていた頃は全然痩せられず、「な~んだ、痩せなくてもいいのか。」と思った途端にするする痩せたというのも皮肉な話ですが、アメリカ人からみたら今の私は「Stick(棒)の様に痩せている」から、「もっと食べなくちゃダメ!」なのだそうです。一応、50キロ以上あるのですが・・・。毎朝、職場での申し送り中に巨大なドーナツをもぐもぐ食べている私を、同僚は「Good Girl!」と褒めてくれています。(笑)

確かに、アメリカでは日本人のようにメリハリがなく、ただのっぺりと痩せただけの女性は魅力的でもなんでもありません。私もアメリカ人にとってはそんな「魅力ゼロな女」なのでしょうか。(苦笑)

ま、キヨシ君いわく「自然が1番!」。私が痩せようがぶくぶく太ろうが(←デブはデブなりにセクシーさがあるらしい。)おっぱいがアフリカ原住民並みにしわしわになって垂れ下がって逆三角形になってこようが、(←垂れ下がりおっぱいは垂れ下がりおっぱいなりにセクシーさがあるらしい。)全くかまわない、むしろ「その方が面白い」らしいので、そんな奇特なお人を夫に持った私はつくづくラッキーだなぁ、と思います。

ちなみにそんな彼でも、私にこれだけはしてほしくない、ということがあります。それは「体毛(眉毛、腋毛、脛毛。)の処理」。「自然体」であることと「体毛ボーボー」であることは違う!となんとか説明しようとしているのですが、キヨシ君にはどうしてもわかってもらえないようであります。キヨシ君にとっての私が、「うに」や「なまこ」や「ダンゴムシ」同様、生態観察用の「Fascinatingな生き物」でないことを願うのみです。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:16   trackback:0
[日々のこと
comment
うちのだんなさんも、キヨシさんタイプです!
私がお化粧するのも嫌がるし、腋毛を剃ったら「腋毛剃らなくていい!!」とムダ毛を処理しないようリクエストしてきます。世の中にはいろんな好みの人がいますね・・・
2006/09/04 13:46 | | edit posted by Harumi
ええ??
衝撃の新事実!
今の親分しか知らない私は「ダイエットしている親分」なんて想像つきません。昔おでぶだった、というのも「痩せている人ほど痩せにこだわる」感じなのかと思ってました。
あ~、びっくりした。
でも私は太っているより痩せているほうが、エコだと思うのですが。。。アメリカ人は食べすぎじゃ~!!

あともうひとつ。体毛処理駄目?
眉毛はともかく、腋毛は剃りたいわ。。。
うちの旦那は私の足を見て、「お~、じょりじょりだねえ」と嫌味を言います。
キヨシ君が羨ましいような、そうでもないような。。。
2006/09/04 14:11 | | edit posted by きゃらはん
私も太った親分さんってなんか想像できないです。
大学生のときに一年アメリカ留学から帰国後、体重が減っていてかつ小学校からほとんど伸びていなかった身長がなぜか伸びていてびっくりした事がありました(笑)
しかし、結婚してからは毎年確実に体重増えていってます。
ストレスも何もないんだけどな(笑)
冬支度に備えて身体が蓄えモードなんでしょうか(泣)
2006/09/04 18:13 | | edit posted by ルティカ
Harumiさん>
Harumiさんの旦那さんもですか?そうそう、キヨシ君も「化粧はしないほうがいい。」と言います。化粧水とか保湿クリームとかも嫌がります。ケミカルの臭いがする、と。でもぬらないと、乾燥したフェアバンクスでは生きていけないのですが。ほんと、世の中には変わった男性が結構いるものですね。(笑)

きゃらはんさん>
確かにアメリカ人、食べるよね。キヨシ君も私も痩せの大食いなので(ルティカさんもご存知のように。笑。)あんまり人のこと言えないんですけど・・・。サブウェイサンドウィッチも一人でフットロングぺろっと食べちゃうし・・・。
私も腋毛だけは剃らせてもらってます。脛毛はもうボーボーです。じょりじょりもいいね!

ルティカさん>
ルティカさんもアメリカに来て痩せた経験があるのね!あのね、もう1つの原因は、アメリカには「美味しいものがない」ということがあると思うよ。あとコンビニがないこと。日本にいた頃はコンビニでおでんとか惣菜パンとか美味しいもの買い放題、食べ放題だったもん。(笑)
結婚してからの体重増加、それは「幸せ太り」という奴じゃないでしょうか!うやらましいです。


2006/09/04 18:48 | | edit posted by 親分
赤裸々告白ありがとう>腋毛

初めて出会ったときに比べて、今は大分痩せ細った感がある。

会うたびに痩せていくので「この人はちゃんと飯食っているのだろうか?」と心配になるのだが、実際ちゃんと食ってるし。。。

つくづく君たち夫婦は不思議の宝庫だと思うよ。
2006/09/04 19:07 | | edit posted by マキスタ
おもしろい!
おもしろかった~!読んでて笑ってしまいました。親分さんが太ってたなんて。。。でも、日本人のいう「太ってる」だったんでしょう??私も最近は日本に帰る度に、驚かされます。不健康なやせ方の人が多い!ガリガリよりはチャビーの方がいいなあ・・・
それにしても、面白い夫婦だなあ。。。
2006/09/04 21:59 | | edit posted by メロン
痩せたよ…、親分、
「親分、やせたなぁ~」って思ったのは、産休が終わって仕事が始まってから。仕事の大変さを親分の頬のコケ方で(おおぜさだね、笑)悟りました。オッパイから栄養でちゃってたのかな…(笑)

私も14歳まで70キロの巨漢(爆)。それで剣道部の先輩に恋をして、むちゃくちゃダイエット約一年。20キロ痩せました。体重が減って喜んでも、精神的におかしくなってたよぉ~。それに懲りて「体重は健康の図り」だと思い、やせすぎず太り過ぎないようにしてます(理想体重55キロ、きゃ、いっちゃった、こんなとこで、爆)。でもさ、55キロって日本ではちょっとオデブちゃんにされたりするじゃない?だから、親分さんの言うとおり、アメリカに住んでてのびのび(爆)できるのよねぇ~。

こんど、昼ごはん食べに来て!たっぷり作るから、二人で栄養つけよ!(って私はつける必要ないんだけど…笑)
2006/09/04 22:25 | | edit posted by Nango
理由が増えた
これでアラスカに住みたい理由が一つ増えました。(そ、そうじゃないって?!)

ストレスで太るってわかります。
でも私が言うとなんか言い訳がましい、何故だろう。フフッ。
2006/09/05 04:22 | | edit posted by miz
おかえりなさい!
「おかえりなさい」のメッセージを書いたのだけど、パソコンの調子がおかしかったようで、アップされてませんでした。んで、改めましておかえりなさ~い、なのです♪キーナイ半島って地図で見て見ました。キヨシ君のお父さんお母さん、笑顔がすてきですね♪キヨシ君&お父さんは、地元でもそっくり親子として有名なのでは(笑)

さてさて、私も太り気味(あ、日本の感覚では太りすぎ!)の人生を送って早何年でしょうか。。
里帰り中に日本で足の長さにあったズボンを買いたくてもまず無理(苦笑)

北米の感覚ってちょっとおかしいけど、日本の50キロ以上はもう終わってる!みたいな感覚って絶対おかしいですっ!かくいう私の理想体重は、Nangoさんと同じく55キロ。あくまで理想で、ずいぶんオーバーしちゃってますが(爆)私は産後、何もしなくても元の体重より5キロ痩せて、仕事に復帰するとともに戻りました~っ(泣)。やはりストレスか。。

なんかみんな赤裸々な告白が続いてますね(笑)
2006/09/05 05:20 | | edit posted by すぬこ
親分さんが太ってたなんて本当信じられません。
私も若い頃は太った、痩せたって結構きにしていまいたが・・・

ところでアメリカ人って脱毛している人って多くありません?脛毛、腋毛・・つるつるです。それとも金髪だから目立たないのかな~?家の73才の母曰く、年取ると抜けるし生えなくなるからそれまでまてば~だって(笑)
2006/09/05 08:49 | | edit posted by coco
親分の日本時代を知っている私としては、アラスカで撮った写真を見せてもらった時に『大丈夫?異国の地でストレス?』ととても心配しました。
でも、日本時代が異常だったんですね!?新人のあの頃は確かに人生で一番ストレスを感じていたように思います。
私もストレスから解放されれば出産前に戻るかな・・・・と考えてしまいました。
2006/09/05 10:11 | | edit posted by あーちゃんのかか
希望が
今回の日記、共感です!!!
そうですよ、今の日本はおかしいですよね。毎回日本に帰るたびに自分のデカさが嫌になって帰ってきます。
でも、アメリカにくると自分のデブってきにならないんですよね。
そっか~、親分さんも体重60あったのか!(今の私と一緒です・・・)ってことは、あんまり痩せようと躍起になるよりは、リラックスしてストレス溜めずに規則正しい生活してれば、痩せれるかも?!とっても励みになります。
2006/09/05 13:38 | | edit posted by たまちゃん
親分さんの意見に賛成!
Mrはアメリカではいけてる!と思い込んで毎回、成田で撃沈します。
日本の女性痩せすぎです。なので、Mrはこのままで突き進みたいと思ってます(爆笑)
2006/09/05 15:35 | | edit posted by Mr
Maqista君>
>赤裸々告白ありがとう>腋毛
いいえ、どういたしまして。
そうだよ、食べてるんだよ。同僚にもびっくりされるぐらい食べてるんだよ。カロリー消費量がその上をいっているだけなのか、代謝が異常に活発になっているのか・・・。謎だ・・・。
UAFの学食でMaqista君夫妻と皆でご飯食べた時、「親分、食うね。」とChikaちゃんにびっくりされたことを思い出しました。うふふ。

メロンさん>
そうそう、日本人の言う、「太ってる」でした。アメリカ人のデブから見たらかわいいもんですよね。・・・ね?家族には「トド」とか言われてたし(いっつもゴロゴロ畳に転がってお菓子食べながら本読んでたので。笑。)、屈辱の青春時代を過ごしました。日本はデブにはやたらと厳しい国ですよね!

Nangoさん>
前にちょろっと「昔は肥満児だったんだ」とは聞いていたけれど、激痩せの原因が「恋」だったとは知りませんでした。剣道部の先輩、か~!カ、カワイイ~ッ!!!(笑)その先輩には恋心をきちんと伝えたのかい?
私も55キロぐらいがきっと1番健康的でベストな体重なんじゃないかと思います。私ももっと食べて運動して筋肉を増やして健康美を目指したいとは思っているのですが、なにしろぐうたらなもんで・・・。(苦笑)
はい、今度お昼食べに伺います。肝っ玉母ちゃんの作る美味しいご飯で栄養つけさせてください。(笑)

mizさん>
アラスカはデブにはやさしいところですよぉ~!アラスカにますます住みたくなったでしょう~?(笑)
いや、冗談抜きで、「ストレス」って絶対肥満の大きな原因だと思います!ストレスフリーで、のんびり暮らせると1番いいんですけどね。

すぬこさん>
>日本の50キロ以上はもう終わってる!みたいな感覚って絶対おかしいですっ!
そうそう、そうなんですっ!売ってる洋服のサイズも限られすぎ!おっぱいもお尻もなくって、のぺーっと痩せてるのが「スタイル良い」ことになっていて、本当に変だと思います。
子供産むとやっぱり体重減りますよね!子育てって大変な仕事ですもんね!(笑)しかしすぬこさんはストレスで戻りましたか・・・。ほらね、やっぱり皆、太る原因はストレスなんですよ!

cocoさん>
無駄毛・・・これはこっちの人は皆剃っているのではないでしょうか?歳を取ったら抜けて生えなくなるからそれまで待つ、お母さん、そりゃ~名案です!!!(爆)

あーちゃんのかかさん>
痩せたでしょう~?他の同僚達にも「親分は実は末期のカルチなんじゃないか、大丈夫なのか?」とか色々噂を立てられました。健康そのものだったのに!(笑)
新人時代は辛かったよねぇ~。あそこの新人教育は病んでるよ!こっちの病院じゃぁ、褒めて褒めて育てられ、のびのびと学べて本当にびっくりしたよ。これも文化の違いなのかなぁ~。

たまちゃん>
たまちゃん60キロあるように見えないよ!!!でもさ、重要なのは体重じゃなくて体脂肪率だからね。体重が重くても、それ筋肉のせい、ってこともあるからさ。(筋肉は脂肪よりもずっと重いじゃない?)たまちゃんはちゃ~んと栄養考えてバランス良く食べてそうだし、アクティブな生活送ってるから「これでいいのだ~」と気を楽に持てばいいと思うなぁ~。

Mrさん>
成田で撃沈・・・。(爆)わかるわぁ~。でもMrさんちゃ~んとお化粧したり、がんばって綺麗にしていて本当に偉いと思います!!!私なんか、最後に化粧なんかしたのいつだろう?って感じです。連日すっぴんで、素肌で太陽浴びて、もう大変なことになってます。キヨシ君がそれで良いって言うから、まっ、いいか!
2006/09/05 19:41 | | edit posted by 親分
確かにそうです!
確かに日本の女性は痩せすぎですよ!
でも、欧米の人は痩せているよりも、メリハリのあるからだのほうがセクシーでいいのかもしれません。
でもほんと、芸能人なんかをみていてもガリガリすぎます!
健康的な体でいるのが一番ですよね。
2006/09/13 03:09 | | edit posted by ひつじ
ひつじさん>
初めまして、ですよね???(←以前に書き込みされてたらごめんなさい。)

ほんと、日本人はただ痩せてれば「スタイルが良い」ということになるけれど、アメリカじゃ~、あれじゃ「ただのやせっぽち」。(笑)出るとこ出てないと魅力も何もあったもんじゃないですよね。

そういう自分もさっぱり「出るとこ出てない」んですが。(爆)
2006/09/14 18:27 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/124-2dbc79dd
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。