アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
ジーナ伝説とブルーベリーピッキング
昨日は親友、ジーナ(39歳、バツイチ。)とベリーピッキングに行ってきました。

ジーナはうちの病院で働くフロートナース(その日、人手の足りない科で助っ人として働く、いわば「なんでも屋ナース」)でもあり、私がこっちでRNの資格を取る為の勉強を快くみてくれた友人でもあります。高校時代日本に交換留学生として1年間滞在していたことがあり、ちょっとした会話程度なら日本語が話せる彼女。ハンティングやフィッシングが好きで、良く狩りや魚釣りの旅に出ているのですが、私が「今度は何を仕留めてくるの?」と聞くと、日本語で「ムース(ヘラジカ)・・・ヲ、コロサセマス!」などと言ったりしています。←まぁ意味はわかるけれども。

水道も電気も通っていない山奥で、掘っ立て小屋にひとりたくましく住んでいる彼女は私のアラスカのお師匠さまでもあります。長くなっちゃうけどここで彼女の伝説をひとつ・・・。(これ、前に書いたかも、ですが・・・。)真冬のある日、帰宅途中に巨大なムースとの正面衝突事故を起こした彼女は、頭から血をダラダラ流しながらもふらふらとトラックから抜け出し、通りがかりの人の助けを求めました。

「このムースを私のトラックに乗せるのを手伝ってくれませんか?」

・・・そ、そこは「救急車を呼んでください!」だろ!(爆)助けを乞われたその男性は、頭から流血しながらも「ムースを持ちかえろう」としているジーナのことを、きっと頭を打っておかしくなってしまったに違いない、と思ったことでしょう。

とにかく、もう数人通り掛かりの人を集め、なんとかムースを半分つぶれた自分のトラックに乗せることが出来たジーナは、そのまま自分でドライブして自宅まで戻り、さらに電話で友人を呼んでムースの解体を手伝ってもらったそうであります。

解体が終わって、これで一冬分の食用肉確保!と喜びつつも、「なんかくらくらする」と思った彼女はそこでようやく自宅の中に入り、止まったと思っていた血がただあまりの気温の低さに凍り付いていただけだったということに気付きます。ダラダラ流れ出した血を見て驚いた友人がジーナの頭をじっくり見てみると、なんとパックリ割れていたそうです。それでも全くパニックに陥る気配なく、「針と糸、あったかな?あんた、縫ってくれる?」と部屋をうろつき始めたジーナを目の前に、その友人は呆れかえって「病院に行けよ!」と叱りつけたそうです。恐るべし、ジーナ。

そんな彼女の伝説は数え切れないほどあります。病院職員の間では「変な人」として通っているジーナではありますが、私にとってそんな彼女は憧れのたくましいアラスカの女。そういうわけで私達2人は良くつるんで遊んでいるのです。

さて、ジーナ伝説を書き終えたので本題のブルーベリーピッキング。ベリー摘みになると目の色が変わる!と皆に言われている私は、ジーナの「今年のブルーベリー、そろそろキテるね。」という一言を聞き逃しませんでした。サブ子を半日デイケアに預け、久々にジーナと出かけることに。

ジーナ1
いざ、出陣!用意周到にも長靴を履いたジーナ。


ジーナ2
ブルーベリーを摘むジーナ。


ブルーベリー
こんな風になっています。


ぬかるみに足を取られ、蚊の大群に襲われながらも、ジーナとのお喋りを楽しみながらブルーベリーを摘むこと約2時間。ボウルに2つ分ばかりのブルーベリーを採集。大満足で帰宅することが出来ました。

そして今日、そのブルーベリーを使い、半日かけて焼いたパイがこちらです。(笑)
ブルーベリーパイ


キヨシ君が仕事から帰ってきたら切り分けて味見をする予定なんですが・・・。キヨシ君、早く帰って来て・・・。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[日々のこと
comment
スゴい伝説ですね、、、

こちらでは鹿を轢いた場合、警察に届け出ないと駄目だ、って聞いたんですけど、アラスカではどうなんですか?

ベリーピック、すごいですねー。うちはパイにする前に、食べちゃいました(笑)コチラはまだシーズンじゃないみたいです。そちらはばっちり、甘いベリーでしたか???
2006/07/26 16:04 | | edit posted by なおっぺ。
たくましいっすね、ジーナさん。
アラスカの人、という感じです。
ベリーピッキング、私が行くときは長袖に、頭には蚊よけのネットがかかせません。

パイもおいしそう☆
はやくキヨシ君帰ってくるといいですね。
2006/07/26 16:10 | | edit posted by ルティカ
フェアバンクス近辺に生えるブルーベリーは木になるんだね。ツンドラに育つブルーベリーとは種類が違うのかな??

8月といえばベリーピッキングの季節。朝から晩までひたすらベリーを摘みまくる作業は恐ろしく単調かつ、根気の要る作業なので、俺は実際の所あまり好きではないのだけど。

まぁそれだけの思いをしながら(とはいえ、摘んでいる本人達はそれを労苦とは思っていないだろうけど)摘み取ったベリーで作るからこそ、アクータック(エスキモー・アイスクリーム)は美味しいのだとも言えそうだけど。
2006/07/26 16:38 | | edit posted by maqista
野生のブルーベリーですか?
何かそんな風に見えるんですけど、、。
蚊の大群の中でよく2時間も頑張りましたね。私だったら弱音をはきそうです。親分さんもたくましい!

ブルーベリーパイも美味しそう。じゅるじゅる、、。

それにしても、ジーナさん、Xena: Warrior Princessみたいに強そうですね(ってテレビ番組みたことないけど、、)。

そのムースの剥製、もしかして家に飾ってあるとか???



2006/07/26 20:03 | | edit posted by ちび
なおっぺさん>
そうなんです!轢いてしまったムースを自分で手に入れるのはアラスカでも違法なんですよ!(笑)ジーナはそんなこと全然気にしてないみたいでしたが。
ブルーベリーはこちらでも時期が始まったばかりなので、まだ完全に熟してはいませんでした。かなり酸っぱかったです。でもうちのキヨシ君が酸っぱい方が美味しい!というので、砂糖も余分に足すことなくパイを作りました。私はアイスクリームと一緒に食べましたが、美味しかったですよ~!

ルティカさん>
私も蚊よけネット買おうかなぁ~。昨日は顔も首も腕も背中も刺されて、ぼこぼこになりながらそれでもベリー摘みに夢中になってました。ジーナに「あんたすごい顔になってるよ。」とまで言われましたが、ベリーのためなら・・・。(笑)

maqista君>
そっか、maqista君は村できっとベリー摘みに何度も駆り出されていたのだね。私もアレは1日中は出来ないなぁ~。2~3時間だからこそ楽しんで出来る、という。
でもmaqista君の言うとおり、あれだけの時間と労力を要して摘んだベリーだからこそ美味しい、ということはあると思います。私もきのうかなり真剣に摘んで、パイ2つ分にはちょっと足りないぐらいでしたから。

ちびさん>
もちろん野生ですよ!スーパーで売っているブルーベリーと比べると、もっと酸っぱ味も風味も強くて、大きさもかなり小さ目です。でも野生のブルーベリーを一度食べたら、スーパーで売っているブルーベリーはもう食べられない、というぐらい美味しいです。ブルーベリーがなっているのはたいてい湿地帯なので地面がすごくぬかるんでいるのですが、ムースのウンコとかころころあちこちに転がってます。ムースも今の時期一生懸命ベリー食べてるんでしょう。
ジーナが狩りをするのはそれを「食べるため」であって、ただハンティングを楽しんで剥製にするようなことはないようです。ジーナが不在中にキヨシ君と一緒にジーナ宅に寄ったことがあるんですが、「ジーナいる~?」とあちこち覗いて回っていたキヨシ君が、「あ、あの倉庫にすっごい数のムースの足がゴロゴロ転がってるよ!」と怖がってたことがあります。(笑)
2006/07/26 21:28 | | edit posted by 親分
ああ、ピッキング
ジーナさん、すごい。頭ぱっかりにはびっくり。「あんた縫ってくれる?」って…(爆)。

写真すごいブルーベリー!やっぱり奥に行くと違うのね~。
はい、次男も一緒に行きましたよぉ~!(メイルありがとう)次男と一緒だから奥までいけず、手前側で必死。でも次男は「ブドゥーベディー!」と言って採り立てをバクバク食べてました(でも一時間が限度、飽きるみたいです-笑)。

引越し前に作ってしまいたいジャム。少量でできる電子レンジレシピ検索してみます!
2006/07/27 22:06 | | edit posted by Nango
かっこいいなあ。
ジーナ、かっくいい。
もちろん頭を縫った後は、日本酒を口に含んで「ぶぶーっ!!」とやるのでしょうか(笑)

もちろんベリーからパイやジャムを作る親分もかっくいいっす。
2006/07/28 13:27 | | edit posted by きゃらはん
Nangoさん>
1時間でも立派なもんよ!偉いっ、次男君!一度野生のベリーを食べたら、もうスーパーでは買えないのよね・・・。味が全然違う・・・。スーパーで売っているベリーの風味も甘味も酸っぱ味も煮詰めて濃くした感じ?ラズベリージャムもおいしそう!(日記読みました。)あぁまた摘みに行きたくてうずうずしてきた・・・。でも仕事が・・・。(笑)

きゃらはんさん>
>日本酒を口に含んで「ぶぶーっ」と・・・。
や、やりそう・・・。(笑)でもブブーっとやる前に飲んでそう。(爆)きゃらはんさんも病院で働き始めたら会えますよ、噂の彼女に。ちなみにジーナは元・小児科ナースです。
ジャム作りは簡単ですよ!パイはクラストを作るのが面倒なんだけど、手作りパイのあの美味しさを考えると手間も時間も惜しまない、結局は「ただの食いしん坊」なのですね。(笑)



2006/07/28 22:01 | | edit posted by 親分
comment posting














 

trackback URL
http://oyabun.blog54.fc2.com/tb.php/112-7df1730f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。