アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
内閣官房参与の小佐古敏荘(こさこ・としそう)・東京大教授
まずはこれを読んでください。

福島第1原発:内閣官房参与、抗議の辞任
http://mainichi.jp/select/science/news/20110430k0000m010073000c.html

Japan prime minister's nuclear adviser resigns
http://www.asiaone.com/News/Latest%2BNews/Asia/Story/A1Story20110429-276447.html

小佐古さんのような日本人が居てくれて良かった。

署名をしてくださる方はこちらから。
http://e-shift.org/?p=166


スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日本東北関東震災
1ヶ月帰国
今月25日の深夜に1人フェアバンクスを発ち、実家宮城で1ヶ月実家の手伝いをしたり地元の避難所でボランティアをしてきます。「原発問題が落ち着くまで・・・。」とキヨシ君と日本の父親からストップがかかっていたのですが、どうにも落ち着く気配がないので思い切ってチケットを取ってしまいました。

ところで、心配しつつも子供達の面倒をみながらフェアバンクスに残って私を送り出してくれるというキヨシ君と、その助っ人としてフェアバンクスに1ヶ月(私の不在の間中)滞在してくれるというキヨシ君のご両親。そんなこちらの家族とのコミュニケーションの手段として、小さなラップトップを購入しました。帰国時はこれを持ち歩き、頻繁にメールなどで連絡を取り合いたいと思っているのですが、私が今持っている携帯は海外からアメリカへ電話をかけられるプランというのがありません。

調べてみると、今の世の中、空港で携帯電話をレンタルしてくれるらしい、とのこと・・・。これをラップトップにつなげば日本中どこからでもネットが使えるし、海外への電話もかけられるという話なのですが、なにしろそういうハイテクな話にはからきし弱い私・・・。簡単でお奨めのプランや携帯会社などをお知りの方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ教えていただきたいのです!

成田空港で貸し出しをしている携帯会社リストはこちら
→http://www.narita-airport.jp/jp/guide/service/list/svc_19.html

成田から仙台、岩沼までの交通手段は、今月末までにどの程度回復しているかわからないということで、もう少し様子を見てみようと思っているところです。新幹線が今月末までに通る、とか、仙台空港の国内線の一部が今月末までに再開する、とか色々良いニュースはあります。原発が危険で福島を通過できないとなれば、山形や新潟からバスで、という手段もあるようです。なんとか帰れるでしょう!

大震災から1ヶ月以上経った今も、大きな余震や放射能問題で落ち着かない地元。家族や隣人の死を悼む間もなく、日常生活を取り戻そうと必死な地元人。微力ではあるけれど一応援団員として、少しでもお力になれたら、と思っています。
Posted by 親分
comment:11   trackback:0
[日本東北関東震災
妹からのメールその2「震災の残したもの」
震災の残したもの

仕事に復帰しました。辞令交付はスーツ厳禁。ジャージ出勤。市役所内は忙しいので、所属部・課への挨拶も短く済ませ、保育所に直行。

保育所では入所式を中止して通常の保育がスタートし、私も2歳児のクラス担任になりました。子供たちは変わりなく元気にやってきて遊んでいますが、やっぱり遊びは「地震ごっこ」。「にげろ!」「やばいぞ!」「外にいけ!」とリアルな再現遊びが流行中。砂場では年長さんがバケツを運んで「救援物資でーす」とやってきて、お皿に砂を盛り、「これ二人で食べてくださいね」という配給ごっこ。切なくなるけど楽しそうで笑っちゃいます。こういう再現遊びは、恐い体験が「過去のものなんだ」と納得させる為に重要な遊びの課程なんだとききました。

親は会社が津波に流されて仕事を失っていたり、職員も家を失ったり、親戚を亡くしたり、たくさんの問題を抱えています。

知っている方の遺体の火葬も次々とあります。火葬場は大変で、遺族が順番待ちをしている状態です。

荒浜にいた保育士さんは、小さい子供二人と旦那さんとともに流され、一家全員亡くなりました。彼女は妊婦さんでした。

岩沼のおいしいとんかつ屋一家は、藤曽根の自宅にいた奥さん、子供たち(保育所在籍の6歳の女の子と3歳の男の子)おじいちゃんおばあちゃんが亡くなり、店にいたご主人ひとりが生き残りました。震災から三日後に長男の遺体をみつけ、一人ぼっちの火葬。つぎに奥さんを。そして、ずっと探せなかった長女が三週間以上過ぎた今朝、水の中で発見されたとの連絡が入りました。

これは二万人を超す亡くなった人々のうちのひとつの話にすぎないのです。こういう酷い話が、いくつもいくつもあり、物語ではなく現実なのです。

かける言葉もみつからず、ただただ涙がこぼれ、みんな耐えています。



辛いけど、忘れてはいけない3月11日・・・!!
Posted by 親分
comment:0   trackback:0
[日本東北関東震災
玉浦小学校への学用品寄付の件について
お友達のちびさんが、ご自分の寄付分を郵送するまえに直接玉浦小学校へ連絡してくださいました。これから寄付分を送ろうとしてくださっている方の為に、以下、ちびさんからのコメント二つそのまま載せます。

①今玉浦小学校に電話してみました。ランドセルは生徒の数以上に集まったのでもう必要ないそうです。ただ、ノートや鉛筆などの消耗品はまだまだ必要だと言うことです。小学校ウェブサイトに載っていない、色鉛筆や絵の具などもあればありがたいとおっしゃっていました。A4やB5の印刷用紙もあれば受け付けられるとおっしゃってました。

②今日ゆうパックで玉浦小学校へ荷物を送りました。
郵便局と小学校へ確認の連絡をしたところ、直接学校へ送付可能だということです。宅急便はその地域への配達はまだ受け付けていないということです。

ご協力してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。


Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[日本東北関東震災
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。