アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
100年に一度の異常気象
月曜日早朝。フェアバンクスは異常気象に見舞われた。例年ならばマイナス20℃、30℃をうろちょろしていることであろう11月下旬に、なんと気温が0℃以上まで上昇。なんと雪ではなく「雨」が振り出したのである。これまで降って地面に踏み固められていた雪の上に降る雨。どれだけつるつるな状態なのか想像してもらいたい。

当日、Dr.Sの癌センター放射線科クリニックでの仕事があった私は、「あのクリニックには今日、私以外にナースは1人もいないのだ!休むわけにはいかない・・・。」と自宅を早めに出た。子供達を起こし、弁当を持たせ、車に乗せて、まずはプリスクールへ向かおう。プリスクール、病院までだと普段なら車で25分、13~14マイル(約22キロ)ほど離れている山奥の我が家から、私はそろそろと車を出した。冷や汗をかきながら坂道を登ったり下ったりして、ようやくメインの道路に出ることが出来た私がみたものは・・・。

下り坂を目の前に、車を滑らせて事故を起こすことを恐れたドライバー達が、道路脇に所狭しと駐車して4 way flasher を点灯している光景だった。私もなんとかスペースを見つけて道路脇へ車を駐車。後部座席で「Let's go Mama! We have to go to preschool!」とうるさい子供達をなんとかなだめながら、ことの成り行きを見守っていた。そうこうしているうちにも、後ろからどんどん車が詰めてくる。バカなドライバーが、道路脇に連なってじっとしている車達を追い越そうと、ゆっくりと坂を下ってゆく。その車はスローモーションで横に滑り出し、あー、あー、あー、とこっちが思っている間に、下から昇ってきていた車にまんまと衝突していた。

事故を見た人たちが助け舟を出そうと、それぞれに自分達の車から出て事故車両に向かうが、なんとその人たちまでもがつるつるの下り坂で滑って転び出す始末。私は携帯を取り出して911をダイヤルする。しばらくしてようやく電話に出たDispatcherは、「重症な怪我を負っている人はいますか?」と聞いてくる。「いや、大怪我してるようなことはないと思いますが・・・。」と場所と状況を説明すると、彼女は「町中のどこもかしこもそんな状況なので、しばらく行けないと思います。」と言うではないか。なんとなくそういうことだろうとは思っていたので驚きはしなかったが、こんなパニック状態になっているのに誰も助けに来てくれないとは!ここはなんとかして自分で脱出を図らねばならない。中には車をその場に乗り捨てて徒歩で帰宅を試みる人も出始めた。しかし我が家はもはやその場から小さな子供2人を連れて徒歩で帰れるような距離ではない。

そうはいっても前後ともに駐車車両に囲まれて身動きが取れない。携帯でクリニックに電話を入れ、状況を説明して今日は仕事にたどり着けないだろうということを伝えると、受付の彼女は「たぶん患者さんも沢山来れない人がいるだろうから、忙しくはないはずよ!大丈夫、気をつけて自宅に戻ってね。」と言ってくれた。

そこでやきもきしながらじっと待つこと1時間。ようやく車の向きを変えて逆戻りできるスペースが出来たのを見計らい、私は意を決してそろそろと車を動かし、何度も走行、停止、を繰り返しながら自宅へ向かいだした。子供達は「Yeah! Mama! Go, Mama, Go!!! Go Mama, Go!」と後部座席から声援を送ってくれる。そうして私は家を出て2時間後になんとか無事に自宅へ戻ることが出来たのだった。

その後、病院の同僚から聞いたところによると、病院では医者やナース以外の職員は仕事に出なくてもよろしい、医者やナースも道路が危険な場合は無理して仕事へ向かわないように、という通達が出、病院から自宅へ帰れない職員には宿泊場所の提供までしていたらしい。

一昨日の感謝祭前日からようやく気温が再び下がり始め、道路のコンディションもやや回復。私も数日間閉じ込められていた自宅からようやく出て職場へ戻った。「月曜日から自宅に戻っていない」という同僚に感謝の言葉をかけながら勤務を交代して仕事に入る。なんとも忘れられない感謝祭ウィークの勤務となった。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[アラスカ
とうとうやられた・・・
先週の日曜日のこと。当日働いていた精神科のナースステーションに、キヨシ君から1本の電話が入った。その日、キヨシ君は仕事が休みで子供達を自宅でみてくれていたのだけれど、自宅にいる彼から私の職場に電話が入るということはめったにない。何事かと思って電話に出ると、キヨシ君がとても言いにくそうに「えーと、悪いニュースがあるんだよね。」と言う。

車にスキーラックを取り付けるのにキヨシ君が15分ほど子供達を家の中に残して外に出ている間に。。。

サブ子が冷蔵庫の上の鉛筆立てに入っていたはさみを、椅子に昇り、カウンターに昇ってなんとか手にし、

自分と弟の髪の毛を切った、と。

しばらくの沈黙の後、「どんな感じになってるのさ?」と聞いた私に、キヨシ君は「Pretty bad...」という。キヨシ君に Pretty bad と言わしめるぐらいなんだからよほど変な頭になっているに違いない。「明日、デイケアに連れてかなきゃなんないんだから、なんとか見られるような頭にしてやらないと!子供達を連れて町まで出てきて、床屋さんでなんとかしてもらって!」と言って電話を切り、勤務を終えてから急いで自宅へ戻った私がみたものは・・・。

mayumi's haircut 1 こんなことになってしまったままの娘・・・。栄作も写真は撮り忘れたとはいえ、かなりの「トラ刈り」になっていてもう母ちゃんがっくり・・・。日曜日の夕方、床屋、美容院は皆忙しく、25分もかけて運転して子供を連れて行ったにも関わらずヘアカットをしてもらえなかったとキヨシ君が申し訳なさそうに言う。んなこと言ったって!こんな Redneck みたいになってしまった娘を翌日どうやってプリスクールに連れて行けよう!?・・・ということで、12時間勤務をこなし、疲れきって帰宅した私がなんとか髪を切ってやりましたとも、えぇ。サブ子の頭にはかなり時間がかかったけれど(極端に短いところが沢山あったのだ!とほほ・・・。)栄作の頭はもうバリカンでガーっと適当に。

mayumi's haircut 2 After。

mayumi's haircut 3 もう絶対に自分ではさみで髪を切っちゃいけないよ!とくどくど言われた娘は、笑顔で「はーい!」とうれしそう・・・。本当にもう止めてくださいよ。
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[子育て
栄作3歳の誕生日
うちのドラ息子もとうとう3歳に。Terrible Two から卒業なるか!?ならないだろうなぁー。

栄作3歳 1 誕生日11月5日は家族でスケートに。

栄作3歳 2 滑って転ぶのに飽きたのか、最後にはスケートリンクをハイハイして巧みに移動していた栄作。

栄作3歳 3 日本のSおばちゃんから届いたプレゼント(トーマスのパズル)に大喜び。サブ子までハローキティのパズルをもらった上に、あいうえお練習ボードまで。S、ありがとうよー。

栄作3歳 4 自分で選んでオーダーしてもらった「スパイダーマンケーキ」を目の前に、満足そうな栄作。

栄作3歳 5 栄作はこの夜、ケーキに乗っていたスパイダーマンと一緒に就寝。

色々と大変な目にあわせてくれる息子ですが、骨のひとつも折らず、何とか3歳まで生き延びてくれてありがとう、という気持ちです。
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[子育て
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。