アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
栄作、中耳炎手術
サブ子も慢性中耳炎に悩まされ、鼓膜切開&チューブ挿入術を2回、その上アデノイド摘出までしたものだったけれど・・・。

元気いっぱいだった栄作も去年辺りから風邪をひくたびに中耳炎をやるようになり、今年の春に入ってからは1ヶ月ごとに中耳炎を繰り返して抗生物質を飲む生活。小児科医にも薦められ、耳鼻科の医者にかかって先日鼓膜切開&チューブ挿入術を終えてきた。手術とは言っても、オペ室に入ってからリカバリー室に帰ってくるまで、わずか30分という簡単な処置。

栄作中耳炎手術1 オペ室入りを待つ栄作。リモコンを片手に、自宅では見られないテレビを堪能中。

栄作中耳炎手術2 スポンジボブに大喜び。この直後、ナースに抱っこされて泣きながらオペ室入り。

栄作中耳炎手術3 30分後、すでにリカバリー室に帰ってきてこの通り。血液中の酸素濃度を測るセンサーをずるずると引きずりながら脱出を試みる栄作。

栄作中耳炎手術4 着替えを済ませた後、ナースに「お家に帰ってもいいよ!」と言われた途端に、この大きな椅子からジャンプしながら飛び降り、ナースを死ぬほどヒヤヒヤさせた栄作。

栄作中耳炎手術5 りんごジュースを手に、病院を後にする栄作。

術後も順調な日々を過ごしています。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[子育て
物置プロジェクト 屋根
屋根1 キヨシ君が仕事休みの月曜日。ご近所さん、Rの助けを借りて屋根をかけているところ。

屋根2 向こうでトントンカンカンやっている大人たちを真似、自宅ベランダの手すりをめったやたらと叩く栄作。

屋根3 トタンに釘を打ち付ける穴を、前もって小さなスクリューで開けているキヨシ君と、それを監督するサブ子。

屋根4 男2人でよくがんばった・・・。

屋根5 キヨシ君は高所恐怖症なので、高いところでの仕事はもっぱらRの仕事に。

屋根6 屋根がかかったよー!大喜びの子ども達、大興奮で物置の中をぐるぐる走り回る。

さーて、あとは壁とドアだな!
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日々のこと
物置プロジェクト番外編
物置を建てている間、子ども達を見ているのはもっぱらキヨシ母か私の仕事。これが結構大変だったのだ。なにせ電動鋸やら釘やら危ないものがそこらへんに転がっている現場。そこから離れたがらない子ども達の気をそらせるのに一苦労!

物置番外編1 敷地内になる野生のラズベリーを摘みに。これでしばらく時間を稼げる。

物置番外編2 グランマとサブ子のお医者さんごっこタイム。

物置番外編3 それでもやっぱり現場に向かい、こうして脚立に昇りたがる息子。

物置番外編4 電動鋸には触らないのよー!グランマ監視中。

物置番外編5 水遊び。おいおい、それは入って遊ぶものじゃないだろう。

物置番外編6 いちばん「おりこうさん」なのはこの人?なのでした。
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日々のこと
物置プロジェクト報告
1週間半で物置どこまで建てられるかチャレンジ!結果報告です。

物置1 1日目の計測?を終え、2日目基礎作り開始。てっきりこれは「父と息子のプロジェクト」で、私は料理や洗濯や掃除や子守り等の裏方にまわるものだと思っていたら、こうしてバンバン手伝わされた。笑。基礎の木材やコンクリートを埋める穴を掘っているところ。ナメた服装でごめんなさい。だからこんなことまでさせられると思わなかったんだってば。

物置2 父と母に助けられながらがんばる息子、キヨシ君。

物置3 木材を電動鋸で切るときにかけるゴーグルがやたらと似合っていたキヨシ君。めがねの上からゴーグルをかけているところがミソなのだ。左は息子を見守る母。

物置4 床を基礎に打ち付ける釘のラインをつけているキヨシ父とキヨシ君。

物置5 向こう(写真左手)に写っているのが自宅です。けっこう離れている・・・。

物置6 現場をちょろちょろするサブ子。なぜかスキー用のティンカーベル手袋を自分で探してはめて来た。手伝う気満々?!

物置7 邪魔でしょうがない息子。
 
物置8 釘打ちの飲み込みが早い!とキヨシ父におだてられ、調子に乗る私。

物置9 最終日、ようやく屋根に取り掛かり・・・。

物置10 夜の11時までかかってここまで出来て時間切れ。父から息子へ、1週間半の大工仕事教室終了!キヨシ父は慢性腰痛と万年の不眠症に悩まされつつも、連日コーヒーをがぶ飲みして朝から晩まで息子と働いていた。「大変だったけど、もう二度としたくないけど(笑)、面白かったなぁ。」と呟いて帰っていった。ありがとう。

未完成の部分はキヨシ君と私が、ご近所さんの力を借りてなんとか完成させる予定です!
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日々のこと
物置プロジェクト
7月9日に32歳のお誕生日を迎えたキヨシ君。

ただいま Shed (物置)を建てるため、キーナイ半島に住むキヨシ父の助けを借り、1週間の休みを取って連日体力仕事。数日前から来週の水曜日まで、キヨシ父&母がやってきて、私達の手助けをしてくれている。キヨシ父は How to Build a House という本を読んで本当に自分の家(キヨシ君が生まれ育った実家)を自分で建ててしまったような人なので、大工仕事にかけては素人であるキヨシ君には強い見方なのだ。ただしキヨシ父は慢性の腰痛持ちで、力仕事はあまり出来ないため、キヨシ父指導の下、キヨシ君、キヨシ母、そして私が主に力仕事をする。

レンタルしてきた道具(なんと呼ぶモノかさえ私は知らない。巨大なドリルのようなもの。)を使い、基礎のコンクリートや木材を埋める穴をドドドド!と4人で掘るのはなかなか面白い作業であった。キヨシ父の掛け声に合わせ、ドリルを4人で沈めたり持ち上げたりするのだ。皆、泥だらけ。うーん、日本で嫁に行っていたら、こんな経験は果たして出来ていただろうか。

キヨシ君の両親が帰ってしまう来週の水曜日までに、完成するかどうかはわからないけれど、とりあえず本日基礎は出来上がった。私も連日掃除、洗濯、料理にと忙しく、その上私は仕事を休めないのでとにかくバタバタしているのだけれど、キヨシ母は我が家の暴れん坊達、もとい、子ども達の面倒も良く見てくれるし、家事も良く手伝ってくれる。ありがたいことです。
Posted by 親分
comment:3   trackback:0
[日々のこと
こんな田舎に・・・
我が家からわりと近い、Blue Loon という小さな味のあるバー&ミニ映画館があるのだが、なんとそんな場所にこんな大スターがやってくるらしい!

屋外で3000人。っていうか、Blue Loon のオーナー、がんばったなぁ。劇場公開されないような、マイナーで面白い映画を上映してくれることからも、地元人には愛されている Blue Loon なのだけれど、まさかあんなちっぽけなバーに Snoop Dogg を呼んじゃうなんて!まさにダメもと!笑。本当に来ちゃう Snoop Dogg も Snoop Dogg だけど。

Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[日々のこと
子育ての助言
昨日、仕事中に Dr. D と世間話をしていたときのこと。4歳児と2歳児の有り余るパワーに困っている、と弱音を吐いたら、20歳から5歳まで、6人(!)の子を持つ彼は笑いながらこういった。

「はっはっは!子育てはね、時々自分の脳みそを取り出してしまうことを覚えないとやっていけないよ!」

「子どもを持つ前は飛行機なんかでうるさい子どもに会うと、その親を見て『全くもう、静かにさせられないもんかね!』と思ったもんだけど、実際、本当に『させられない』もんね。」

あっけらかん、と言う彼の言葉になんだかちょっと救われた。ちょろちょろと落ち着かない子ども達。泣き叫んで喧嘩を繰り返す子ども達。「うるさーい!!!」と頭をかきむしりたくなる瞬間も多々あるが・・・そうか、自分の脳みそをちょっと取り出して違う世界に行ってしまえば良いのか。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[子育て
笑える・・・
昨晩、Fred Meyer で買ってきた「えのき茸」。

パッケージに Enoki Dokey とプリントしてあった。

カラオケが「カラオキー」になるアメリカでのことなので驚かないけれど、スペルまで変わっちゃうのはどうかな、と思った。やっぱり Enoki Dake と表示すべきだと思う。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[日々のこと
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。