アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
「アルゼンチンババア」
図書館から借りてきたよしもとばななの「アルゼンチンババア」。傑作だった。

登場するアルゼンチンババアももちろんものすごく魅力的なのだけれど、そんな変わり者の女性と、妻を亡くした後に一緒になる主人公の父がまた傑作だった。墓石を作る職人だった彼が、亡くした妻(イルカが大好きだった妻)の為に作ったのが、マンガのようなかわいらしい白くてつるんとしたイルカの形をした墓石だったというのがまた泣けた。

その墓石をお寺に設置するときに、お経をあげるために来たお坊さんの一人が笑いを堪えるのに大変だったとか、墓を洗っていても神妙な気持ちになりにくく、墓石を洗っているのではなくてイルカを洗っている感覚になれるのがすばらしい、と思える主人公(なにしろイルカは笑って喜んでいるのだ。)とか、そういうのを読んでいて泣き笑いしながら気持ちがすぅっとした。

私の父は陶芸家である。世渡りが下手なのでとんでもなく貧乏だが、自分の作るものに対しては決してウソがないように生きてきたように思う。父は息子(私の10も歳の離れた弟)を小児癌で亡くした時、自分の息子の為に墓石を自分で粘土で作って焼いた。7歳で逝った弟はファミコンが大好きだった。病室のベッドの上で、その痩せた身体で、抗がん剤でつるつるに禿げた頭で、よく本気になってファミコンをしていた。そんな弟が特に気に入っていたのが「ドラゴンクエスト」だった。父は「キメラの翼」の形をした墓石を作って焼いた。キメラの翼はドラゴンクエストに出てくる1アイテムで、強く行きたい場所をイメージし上空に放り投げることで、放り投げた本人の望む目的地に運んでくれる、という便利な道具なのだ。それを自分の息子の墓石のモチーフとして選んだ父を、私達家族は誇りに思っていたので、閉鎖的な小さな田舎町の墓地に異様にたたずむ変な形の墓石を地元の人たちがどう思おうが全く平気だった。ちなみに、父はお墓にあげるお花を生ける花瓶ももちろん自分で焼いたが、それらにはカラフルな「スーパーマリオ」と「ヨッシー」が象嵌されている。

イルカ(リアルに彫ろうと思えばいくらでもリアルに彫れたであろうテクニックで、なぜかマンガのようにかわいらしく、つるんとしたイルカ。)を妻の為に彫った父、そんな父の作った墓を見て、母の死に目を避けた父を許してしまう娘。変わり者として町中の人間にバカにされている「アルゼンチンババア」のところに妻の死後に転がり込み、第二の人生を謳歌している父と、とまどいながらもそんな父を受け入れていく娘。

父と娘の間に存在するアルゼンチンババアがまた魅力的で、その変わった風貌や言動といい、信じられないほどに汚いその住まいといい、とにかく異彩を放つ。

よしもとばななは、こうして心に傷を持ち、それでも前を見て生きてゆく、という人間を書かせたら誰にも負けないとファンの私は思う。よしもとばななの小説の登場人物たちは一見変わっているけれど、その心は「健全」なのだ。辛いことや悲しいことをきちんと消化しながらも、食べて、寝て、暖かいものにはしっかり心を動かされ、自分の足で立って自分の手で幸せを掴もうと、その与えられた人生をきっちりと生きる。

愛する者の死、というものは、周りの者を打ちのめすだけでは決して終わることなく、その背中を明るいものに向けて押してくれるものなのだ。そして死んだ者と共有した思い出は、残された者の心の中でひっそりと、でも確実に生き続けてゆく。よしもとばななはそれを良く知っていて、そういうことをおバカな現代の私達にわかる言葉で書き続けている。ここがすごいところだと私は思う。そんなよしもとばななの文学を「軽い」とか「無邪気」とか「能天気」とか「お手軽」だと批評する人間の気持ちが、私には全くわからない。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[
偶然の出会い
金曜日、スケート教室の後、いつものようにサブ子と一緒にランチをしているときのことだった。場所は久々に入った地元のコーヒー&デザートハウス。入り口に一番近いテーブルでランチを終え、お気に入りのデザートを頼んでわくわくしながら娘とふざけている時にその人達はドアを開けて入ってきたのだった。

「星野さんの奥さんの直子さんだ!」とすぐにわかった。「失礼ですけど、星野道夫さんの奥様でいらっしゃいますよね?」と思わず声をかけた私に、直子さんは「はい、そうですけど。」と笑顔で答えてくださった。あぁ何を話せばいいんだろう、と頭の中で焦りながらも、私は星野さんを知ったことがきっかけでこうしてアラスカにいることを伝えた。直子さんは「そうなんですか。」としばらく話を聞いてくださり、バックの中から「こんなの作ってるんですけど、もし良かったら。」と2010年の星野道夫カレンダーをくださった。星野直子さんと一緒にいらしたのは、息子さんの翔馬君と、星野道夫さんの親友でもあり、ブッシュパイロットでもあったドン・ロスさんの奥様であった。

写真家の故・星野道夫さんがきっかけでアラスカに来たという日本人がいったいどれだけいるのだろう。星野さんの名を口にすると「あぁお前もか。」という目で見られることが多いのは、それだけ星野さんの写真が、文章が、多くの人々を魅了してこうして実際にその人生を大きく動かしてきてしまった、ということだ。

星野さんが亡くなられた後に発行されたSWITCHの特集号を、新宿の小田急の上階にある書店で手に取った時のことを今だに覚えている。新宿の大病院の救命救急センターで新人ナース生活を送っていた頃のことで、夜勤明けでふらりと立ち寄った先でのことだった。その後、私は彼の著書を片っ端から貪るように読んだ。アラスカの土地そのもの、というよりも、彼の暖かい目を通して語られるアラスカに住む人間の持つユニークな文化、その多様性、やさしさ、強さ、そして脆さ、そういったものを全部ひっくるめて、とにかくもうどうしようもなく惹かれた。

アラスカネイティブの歴史、文化、言語、そしてドラッグやアル中という社会問題の背景を勉強したくって、アラスカ大学フェアバンクス校(UAF)に入れるように、と夢中で英語を勉強した。日勤と深夜勤の合間を縫って、夜間の英語学校に通い、2年後、無理やりUAFに入学させてもらって(実は英語のスコアが少々足りなかった)、もう日本には戻らないだろう、ぐらいの覚悟でアラスカにやってきたのだった。星野さんの目を通してではなく、どうしてもこの自分の目で、心で、アラスカという場所を体験してみたかった。

星野さんを取り上げたガイアシンフォニーというドキュメンタリー映画がある。この映画を観るために東京の雑踏の中一人歩いたのはもう14年近くも前のことなのだ。スクリーン上に映されていたよちよち歩きのかわいい男の子(星野道夫さん、直子さんの一人息子である翔馬君)が、15歳の立派な少年となって私の目の前に現れていた。ガイアシンフォニーでベイビーだった頃の彼を私は見たのだ、という話をすると、恥ずかしがりながらも「中学を卒業して、この春から高校生です。」とはっきりと言った。見た目は今時の日本の若者風だったが、芯が強そうで地に足がしっかりついている様子で、本当に感じの良い少年だった。直子さんは想像していた通り、穏やかで優しい雰囲気をまとってはいたが、とにかく凛としていらっしゃった。ゆるぎない、という感じがした。そんな親子とご一緒にランチをされていたのは、ドン・ロスさんの奥様。ドン・ロスさんの奥様が日本人であることさえ私は知らなかった。彼女も「ここに20年も30年も住んでいても、全然会わない日本人(10年ここに住んでいる私のこと。)っているものなのねぇ。」と笑っていらっしゃったが、なんとお住まいが私が妊娠する前にキヨシ君としばらく住んでいたログキャビンのすぐ近くであることまで判明し、「この人(直子さん)のお家もあの道をちょっと上がっていた所。」というので驚いた。

東京で仕事をしながら、英語の勉強をしながら、夢中で星野さんの著書を繰り返し繰り返し読んでいた頃は、こうして直子さんや大きくなった翔馬君やドン・ロスさんの奥様と、フェアバンクスのコーヒーハウスで我が娘とランチをしている最中にばったり出くわすことになろうとは夢にも思わなかった。昔からアメリカ原住民の哲学に惹かれていたとはいえ、夜勤明けのあの日、新宿小田急の本屋で星野さんの特集が組まれた雑誌を手に取っていなければ、今私がこうしてフェアバンクスに住むことも、キヨシ君と出会って結婚することも、サブ子や栄作が誕生することもなかったのだ。

直子さんは「連絡先を交換しましょう。」と言ってくださり、お互いの連絡先を交換して別れた。(星野さん親子は、今は主に東京で暮らしていらっしゃるが、翔馬君の学校の休みを利用してちょくちょくフェアバンクスのご自宅に滞在しておられるそうだ。)この先、また出会える機会に恵まれるかどうかはわからないけれど、星野さんを知ることがきっかけで私が今こうしてここに生きていることを奥様の直子さんにお伝えできただけでも、本当に良かった。

偶然の神様に、心から感謝する。
Posted by 親分
comment:12   trackback:0
[アラスカ
日本語の本
UAF の学生だった頃、一夏働いていたことのある GI(Geophysical Institute) Library で司書をしていらっしゃるCさんからメールが届いた。日本語の蔵書が増えたのでどうぞ利用してください、とのこと。

GI Library は、International Arctic Research Centerという日本の研究者が沢山働いている施設の中にある。もともとはCさんのアイディアで、フェアバンクス在住日本人の、要らなくなった日本語の本の交換の場、という形で図書館の中に設けてくださった1コーナーだったような気がするのだが、スケート教室の後にサブ子を連れて久々に図書館に足を踏み入れてみると・・・。すごい!日本語の本コーナーが確実に大きくなっている!子供用の絵本あり、日本の映画(ビデオ、DVD)あり。サブ子も「めばえ」などを手に取って「あんぱんまん!」と興奮していたが、もっと興奮していたのは親の私のほうで、吉本ばなな、伊坂幸太郎、石田衣良、等々の小説を片っ端から手にとって目をぎらぎらさせていた。見かねたのか、Cさんが小さな段ボール箱まで持ってきてくださったので、その中に借りたい本やビデオやDVDを一杯に入れ、「どうぞゆーっくり楽しんでくださいね!」というCさんの笑顔に見送られ、ホクホク顔で帰宅した。

以来、私は寝不足になりながら日本語漬けの生活を送り、ちびっ子達は連日ビデオで「千と千尋の神隠し」を見る、という生活を送っている。

後日のCさんからのメールで知ったのだけれど、なんとパブリックライブラリーに日本語の本をリクエストし、「インターライブラリーローン」で入手してもらって貸し出ししてもらう、という手もあるらしい。「インターライブラリーローンでのリクエストで利用者がどんな本を必要としているか、を知ることにもなるので、図書館にとってもいいことなのです。」とCさんもおっしゃっていたけれど、こんなサービスを無料で受けられるなんて!日本語の本がフェアバンクスに住みながら好きなだけ読めるなんて!

というわけで、フェアバンクス在住日本人には朗報だと思うのでここに書きました。皆さん、一緒にGIライブラリーとパブリックライブラリーで日本語の本、DVDを借りましょう。あ、そうそう、それから自宅にもう読み終わって手放しても惜しくないような日本語の本が眠っていたら、ぜひぜひGIライブラリーの日本語の本コーナーに寄付しましょう。
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[
スケートその後
4月の頭でスケート教室も終了予定。最初は怖がって私の手を離さなかったサブ子もこの通り!

サブ子スケート教室1 カラフルなコーンをまたいで滑ったり。

サブ子スケート教室2 転んでも、もう泣かなくなって。

サブ子スケート教室3 アマンダと。 大好きなアマンダ(青いフリースを来たフィギュアスケーター)に可愛がられて喜んでみたり・・・。

サブ子スケート教室4 教室のお休みだった週にもママと一緒に市のスケート場でスケートを楽しむまでに!

スケート教室後のランチ 教室後にダディーと待ち合わせて遅めのブランチを一緒に楽しんだのも良い思い出。

母の私も娘と一緒に教室に通ううちになんとか上達し、まだ上手に止まれはしないけれどバックでも滑れるようになった。運動神経ゼロの私にしてはこれは快挙と言っても良いだろう!

娘と一緒に新しいスポーツを習う、というのは本当に楽しい経験で、教室後のランチやお買い物や友人と待ち合わせて過ごすひと時も充実した数ヶ月間だった。今日も教室後にあっこちゃん&○ーリ○君というめちゃくちゃ可愛くて面白いカップルと一緒にランチをし、娘共々楽しませてもらったばかりだし。(あっこちゃんはサブ子よりもDoraの塗り絵に熱中し、普段はシャイなはずのサブ子と、『子供が嫌いだ』と宣言していた○ーリ○君が意外にも打ち解けて仲良く遊んでいた。)

というわけで、来月の頭にスケート教室が終わったら、4月の後半から水泳にチャレンジすることに!しかも今回は栄作も一緒です。週1回、親子3人で水泳教室に通う予定。サブ子は幼児クラスで、栄作と私は親子クラスで水泳に初チャレンジ、はてさて、どうなることやら・・・。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[子育て
マリファナ無しで勝った Lance Mackey
今日の午後、Lance Mackey が Iditarod 犬ぞりレース史上初の4年連続優勝という快挙をなしとげた。

喉頭癌と闘い、唾液腺まで摘出され、放射線や化学療法の後遺症から末梢の血行不良をおこしているのに Dog Mushing なんて過酷なスポーツをしているものだから、寒さにやられて手の指を失ったり昨年は感染症を起こして危うく片腕ごと失くす所だったらしい、というなんともボロボロな犬ぞり使い。唾液腺がなくて口の中や喉が渇くのでレース中も絶え間なく何かを口にしているのだそうだ。極寒の中を眠気や痛みと戦いながら、延々とスナックを口にして走り続ける・・・。それでも彼は「こんなに面白いことはない。」と犬ぞりレースを心から楽しんでいる様子。

今回の Iditarod 犬ぞりレースでは、初めてレース中のランダムなドラッグテストが行われたことでも話題になったけれど、今までメディカルマリファナを疼痛コントロールに使っていることをオープンに語ってきていた Lance Mackey にはこれは不利な条件であるはずだった。医師に「マリノール」というマリファナの錠剤を出してもらって例外として認めてもらう、ということも出来たはずだったのに、彼はそうせず、このレースをマリファナなしで走りきった。「この『ドラッグテスト』騒動は元々自分に向けて作られたものに違いない、と俺は思っている。皆、俺がこれまでドラッグの力で勝ってきたと思っているんだ。これまで自分が勝ててきたのは、俺の力ではなくて俺の犬達の力量だということを、このままでは誰も信じてくれない。だから今回はマリファナなしで走る。」と言う Lance Mackey の新聞でのコメントを読み、私は「くーっ、なんて男らしい!痛みを我慢してなんとかレースに勝ったら、思う存分マリファナを吸わしてやる!」と拳を握って応援していたのだ。

まぁ、年々レース展開を追っていれば、寝る間も惜しんでチェックポイントでろくに休憩も取らずに走り続け、勝ち続けるLance Mackey に懐疑の目を向ける犬ぞりレースファンが出てきたことも理解できなくもない。今回の優勝で、彼の汚名も少しは返上されるといいな、と Lance の一ファンとしては願いたいところ!

ヤンキーあがり(に違いない。)で人相も悪く、言葉は悪いし態度もでかいので彼を嫌う人も多い。だけど私は彼の痛快なコメントにいちいち「あちゃー、また言っちゃったよ!」と笑い、いいぞ、いいぞ、その調子!と応援してきたのだ。去年キヨシ君と行った彼の講演会では、なんとも気さくで面白い彼のトークに笑いながらも、意外と人情が厚く、有言実行を果たす為には努力も惜しまない、というその姿勢に心から関心したものだった。 Lance Macky、4年連続優勝、本当におめでとう!8日間、23時間、59分、9秒という歴代2位のスピードでの立派な優勝でした!(ちなみに歴代一位はルティカさんの応援する Martin Buser 氏。)

iditarod 2010
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[アラスカ
姉と弟
こんな感じで遊んでます。注:散らかり具合には目をつぶる事。

姉と弟1 弟の散歩に出るサブ子。

姉と弟2 無意味にヘルメットをかぶって喜ぶ栄作。

姉と弟3 寝起きでこのテンションは母にはキツイ。クレヨンを床にばら撒き、ショッピングバッグに入ってぴょんぴょん飛ぶ子供達。

栄作お昼寝中 遊び疲れて意識を失う息子。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[子育て
母娘の時間
栄作が生まれてからというもの、弟のパワーに押され気味だったサブ子。ヤキモチを焼いてみたり、「お姉ちゃんなんだから貸してあげなさい!」と我慢させられたり、栄作と喧嘩して負けて泣いたりしてきたサブ子。それでもやっぱり弟は可愛いようで、栄作がママに怒鳴られていたりすると、「Say ゴメンナサイ to Mama!」と小声で栄作に知恵を貸してやったりしているやさしい子だ。

そんな娘は、スケート教室に親子で通うようになり、ママを独り占めできる時間が出来て喜んでいる様子。スケート教室の日は5時間ほど栄作をデイケアに預けてあるので、教室後はいつも母娘で外でランチをする。今日はスケートをがんばったから、何か美味しいものを食べに行こうか!というわけ。

先日、何が食べたい?と聞いたら「パンケーキ!」というので地元の古き良き Diner に連れて行って、お子様パンケーキセットを頼んでやった。サブ子はそりゃーもう大喜びで、「サブ子、今日がんばったよね!スケート上手になったもんね!」と自分を褒めつつ満足気。ボックス席に2人並んで座り、私のコーヒーに砂糖を入れてくれたりクリームを入れてくれたりするのが楽しくて仕方がなさそうだ。変な顔を作ってみせたり、私の手をつないで「うふふ」と気持ち悪い笑い声を漏らしてみたり、私にもたれかかったりして妙にママにベタベタしてくる。気の良いウェイトレスのおばちゃんが運んできてくれたパンケーキセットに「うわー!おいしそうー!」と目をまん丸にしている娘を前に、一枚一枚バターを塗ってやり、シロップをかけてやるのは私にとっても妙に楽しいひと時だった。

その後大量のパンケーキをぺろりと平らげたサブ子に、ウェイトレスのおばちゃんが「うわー、全部食べたの!偉いねぇ!じゃぁ偉い子にはアイスクリームをあげようかな!(実はセットに付いていたのだが、おばちゃんが最後のサプライズとして取っておいてくれたのだ。)」と声をかけると、サブ子は映画の名子役並みの大げさな喜びようで、「Ice cream?! For me?!」と胸に手を当てて満面の笑顔になった。

ホイップクリームがねりねりと乗せられたイチゴのアイスクリームを「あぁ美味しい」とちびちび食べているサブ子を前に、私はなぜかこの娘とのパンケーキランチを一生忘れないだろうな、と思った。

小さな子供達との生活は日々忙しく、仕事や家事に追われている時には、あーもう子供が居なかったら思う存分昼寝したり、本を読んだり、クロカンを楽しんだり、夫とふらりと(海外旅行とは言わないまでも)小旅行に出かけたり出来るのに!と自分勝手な妄想に恋焦がれることもあるが、こういうふとした子供と過ごす幸せなひとときに、ハッと我に返るのだ。自分がいったいどれだれの幸せを子供達からもらっているのか、ということに、もうちょっと日頃から感謝しないといけないな、と再確認した未熟な母親です。
Posted by 親分
comment:13   trackback:0
[子育て
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。