アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
産婦人科の男性ナース
物腰のやわらかな、ちょっと太っちょでハゲでメガネの中年看護助手(男性)が内科で働いていた。元々大学のGeology学科で研究者をやっていたという変り種なのだけれど、「研究で数字とにらめっこするのに飽き」、やりがいを求めて看護の道に進もうと決心したらしい。ちなみに彼の趣味はお菓子作りで、彼が自分で焼いて職場に持ってきたアップルパイを食べたことがあるが、これが激ウマだった。そんな彼は最近、州の正看護師(RN)試験に合格して、晴れてナースとなった。配属先は彼の第一希望だった産婦人科。

私は以前から「免許が取れたら産婦人科で働きたいと思っているんです。」と真剣に話す彼を心から応援していた。彼も栄作と同じぐらいの年頃の男の子を持つ親。お互いの子供の話で良く盛り上がったりしていたのだ。「子供がこの世に誕生するって、本当にすごいことですよねぇ。」と穏やかに話す彼は、本気で産婦人科でナースとして出産介助を出来たらいいな、と思っているようだった。

世の中に「男性の産婦人科ナースなんて!」という偏見があるのは知っていたが、彼が希望通り産婦人科に配属になった途端に彼の陰口を叩くナースや同僚がたくさんいるのには私も驚いた。「子宮口とか、チェックするんだよ。そういうことをしたいなんていう男、気持ち悪いよ!」というのが大半の意見だ。男性の産婦人科医は良くても男性の産婦人科ナースはダメ!という気持ちが私にはわからない。それから男の世界に女が入ると皆応援するが、女の世界に男が入ると皆嫌がるのはどうしたわけだろう。

今はそうでもないのだろうけど、男性の保育士さんについても昔はかなり抵抗があったようだから、男性の産婦人科ナースとなると世間の風当たりが強いのも頷けないことはない。でも出産や子育てにおける男性の役割、専門職の可能性を完全にシャットアウトしてしまうのはあまりにももったいないような気が私はする。

女は、妊娠、出産という仕事があまりにも神秘的な大仕事なので、やり終えるとなんだか自分一人ですごいことをしてしまったような錯覚にとらわれるけれど、そもそも男性の助けなしに子供は出来ないのだし、赤ん坊にとっても「父性」というのは「母性」と同じように大切なものじゃないのだろうか。その「父性」を生かし、専門知識を駆使して働くナースというのは素晴らしいことだと思うのだけれど・・・。

産婦人科でなくとも、看護の世界はやっぱり女が強い職場。これから彼が歩む道はちと厳しそうだなぁ、と同情しつつ、やっぱりがんばって欲しい!と応援してしまう私なのでした。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:14   trackback:0
[ナースのお仕事
進級
栄作とサブ子がそれぞれデイケアとプリスクールで進級した。

大親友のアナちゃんと一緒に進級したサブ子は大喜びだが、一匹狼の栄作は新しい環境が気に入らないらしい。今まで居たクラスでは栄作の"Independent(栄作を語るときに先生達が良く使う言葉)"な所をうまーく放っておいてもらえたのでよっぽど居心地が良かったのだろう。先生はアートをやるおばちゃんと、EMTを目指しているというお兄ちゃん、Jared 先生だった。栄作はこのお兄ちゃん先生が特に好きであるらしかった。新しいクラスの先生は2人ともとても若くて可愛くてやさしいので、「2人のカワイコちゃん先生相手に、何が不満なのだ、息子よ!」と私は思うのだけれど、やっぱり小さいなりに好き嫌いはあるらしい。

今朝もデイケアに連れて行き、バイバイと部屋を出ようとしたら「ギャー」と金切り声で大泣きされた。お迎えに行った時に「その後、大丈夫でしたか?」と聞いたら、隣の部屋(元のクラス)に居た Jared 先生が栄作の叫び声を聞き、「おいおい、どうした?落ち着けよ!」と栄作をあやしに来てくれてようやくおさまったらしい。ありがたいことです。

慣れるまでしばらくかかるかなー。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[子育て
木村秋則さんのこと
日本の両親が「すごい人がいるよ」と送ってくれた一冊の本。

青森でリンゴ農家を営む木村秋則さんの「リンゴが教えてくれたこと」。絶対不可能と言われたリンゴの無農薬、無肥料栽培を成功させた木村さんの波乱万丈な人生が自らの素朴な語り口でつづられている。

農薬で家族が健康を害したことをきっかけに無農薬、無肥料栽培を模索し、10年近く収穫ゼロになるなど苦難の道を歩みながら、その間米や他の作物を育てて家族を養おうと奮闘したり、冬の間日本中を出稼ぎして歩いたり、キャバレー勤めやトイレ掃除までして歩いた木村さん。キャバレーの客引きで間違えてヤクザに声をかけ、顔を散々蹴られて歯抜けになりながら、「人に殴られるようなことまでしてリンゴのために戦ったその証にしようと思いました」と歯抜けのままでいる木村さん。3人の娘のPTA費まで滞納し、1個の消しゴムを3つに分けて使わせ、小学校6年生だった長女には「お父さんの仕事」という題の作文で「お父さんの仕事はリンゴ作りです。でも私はお父さんのつくったリンゴを一つも食べたことがありません。」と書かれてショックを受けていた木村さん。村八分になり、借金にまみれ、半ばノイローゼになりながら、それでもリンゴ栽培を諦められなかった彼が、無農薬、無肥料栽培を開始してから約10年後に自分のリンゴ畑に満開に咲くリンゴの白い花を前に、「あぁ白い」と涙を流し、奥さんと2人立ち尽くした時の胸のうちを察するだけで私まで泣けてきてしまう。

木村さんもすごいが、木村さんの執念、木村さんのユーモア、木村さんの優しさ、木村さんの観察力、それを信じて黙って支えてきた奥さんや義理のご両親(木村さんは婿入りしている)や3人の娘さんもすごい。

同じ東北人として誇りに思うし、こういう人が日本を、世界を変えてゆくのだと思う。「わだしはバガだから」やってこれた、という木村さんだが、「百姓」という仕事を誇りに生きる彼はどこまでもカッコいい、と私は心底しびれた。

木村秋則さん
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[
硬派な息子
今朝、一人で起きてきて満面の笑顔で「オハヨー」と抱きついてきた栄作が可愛くてめったやたらにチューしまくっていたら、

「Enough!」

と太い声でたしなめられた。2歳にしてなんとも硬派な息子。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[子育て
バレンタインデー
週末、キヨシ君は準夜勤務なので日勤の私と顔を合わせることがない。私が仕事に出る早朝にはキヨシ君はぐっすり寝ているし、キヨシ君が帰って来る深夜には私がぐっすり寝ている。

今朝、寝ているキヨシ君と子供達を起こさないように、と抜き足差し足忍び足で2階に上がってくると、ダイニングテーブルの上に水仙と雛菊、そしてチョコレートを発見。ゴージャスな真紅のバラのブーケとかではなく、スパゲティーソースの空き瓶に生けられた水仙と雛菊、というところがいかにもキヨシ君らしい。花瓶がどこにあるかわからなかったに違いない。

スクラブのポケットに忍ばせたチョコレート(健康志向の彼が選んでくれたのはカカオ80パーセントというめちゃくちゃビターな板チョコだった。)を仕事中にちびちび食べながら、そのあまりの苦さに顔をしかめつつ、やっぱり心はなんだかほんわかと暖かい1日であった。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[キヨシ君と私
ジーナと過ごす午後
ここ2日間、PALS(Pediatric Advanced Life Support)の研修を受けていたのだけれど、2日目の今日は案の定予定より大幅に早めの半日で終了。子供達は夕方までデイケアに預けてあるので、ぽっかりと空いた貴重な一人の時間をジーナ(久々の登場だなぁ。実は一緒に研修を受けていたのだ。)と過ごすことに。

2人でタイ料理を食べに行き、カフェでお茶をした後、Creamer's Field のトレイルを一緒にお散歩。気温は0℃近くまで上がり、太陽も照っていてとっても良いお天気だったので、ジーナがどうしても外を歩きたがったからだ。トレイルの途中にあった見晴台に一緒に登り、目の前に広がる雪景色と青空に気分を良くした私が、冷たく澄んだ空気を思いっきり胸に吸い込んでいると、ジーナが

ブーッ

と豪快なおならを一発。この人は・・・。

ジーナは電気も水道も電話も通っていないような山奥に住んでいるので、下界とのつながりは携帯電話にかかっている。最近、新しい携帯に買い換えたのか、携帯で写真を撮れる、という機能にとても喜んでいるようだった。(今更何を言っているのだろうか、携帯で写真が撮れるなんて当たり前ではないか、と思われるかもしれないが、現に私は未だに親子電話の子機?と間違われるほどシンプルで分厚い携帯を使っている。もちろん写真も撮れなければメールも送れない。)女子高生のようにイェーイ!と頭を寄せて自分と私の顔のアップを自慢の携帯で撮っていたジーナ。他にどんな写真が入っているのかとふと気になって見せてもらったら、なんと暗闇にかすかに写る「イタチ」の写真ばかりであった。「うちに住んでるみたいなんだよね。」と言うジーナはなぜかうれしそうだった。新しい携帯で、カメラ機能を試したくてやたらと自宅に住んでいる(らしい)イタチの写真を撮りまくる彼女の様子が目に浮かび、思わず吹き出してしまう。

ジーナと居ると話が尽きず、私には姉というものが居ないけれどもし居たらこんな感じなのだろうな、と思うことさえある。彼女のカッコイイ所もダメな所もメチャクチャな所も全部ひっくるめて、私は好きなのだ!気が合う友人が同じ職場に居るということは幸せなことだな。
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[日々のこと
子育ての先輩
冬晴れ1 これは昨日キヨシ君が帰宅直後に「ちょっと!外綺麗だから写真撮ってきて見せてあげる!」と玄関のドアを開けるなりカメラをつかんで飛び出してゆき、撮ってきた写真。前日に妻が同じことをしていたとは知らない夫。結婚生活もうすぐ8年、考えることが似てきたなぁ。

冬晴れ2 私が写真を撮った日とはまた違った空の色に、白い木々が映えて本当に綺麗。北海道銘菓、「白い恋人」のパッケージを思い出してしまうのは私だけ?

さて、今日も娘と行って来ました、スケート教室3日目。サブ子はちびちびとしたステップながら、母につかまることなく1時間。亀よりも遅いスピードではあったけれど、転ぶ回数も減って、泣いたのも1度きり。これは立派な進歩だろう。やっぱり根気強く励ましてやればいつかは滑れるようになるのかな。

この教室に参加している生徒さん達の中に「太った中年夫婦」がいると前回書いた。奥さんのほうは結構滑れるのだけれど、旦那はもう、私とサブ子レベルだ。腹が出ていて長髪でめがねをかけていて、いかにも運動が出来なそうなオタク風だが、この夫婦はサブ子が転んで立ち上がった時や、スケートリンクの端から端まで延々かけて歩ききった時(決して、「滑って」はいない。)なんかに、大きな拍手で大げさにサブ子を褒めてくれる。

奥さんは「今、あなた娘を必死で手招きして呼んでいるときに自分がバックで滑っていたの、気づいていないでしょう。親って子供の為なら絶対に出来ないと思ってるようなことでもやっちゃうものなのよね。私もそうだったわ、自分の息子を教えようと必死になっていた時。で、後で一人で練習してみると全然出来ないの。」と笑いながら、親の私まで励ましてくれるし、オタク風旦那も、すってーん!と豪快に転んだ後に、「ほら、おじちゃんも転んだよ!でも大丈夫!」とサブ子に笑顔を送ってくれるという、なんともやさしい夫婦なのだ。

1時間のレッスンが終わり、スケートリンクを出ると、観客席で自分の子供達(初心者コースではなく、フィギュアスケートクラスに来ている「滑れる」子達)を見ていたお母さん達からも、「がんばったわね!」「お母さんにつかまらないで一人で歩いて偉かったね!」とサブ子に暖かい言葉がかけられ、誇らしげに「私、ティーチャーにバイバイしてくる!」と笑顔になるサブ子に皆笑いながら、「今のこの時期をうんと楽しんでね。ふと気が付くと、もう10歳ぐらいに大きくなっちゃってるものよ。」と私にも声をかけてくれる。

子育ての先輩方に暖かく見守られながら、下手くそ母娘、がんばってます!
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[子育て
スケート教室
月曜日から、大学で行われている週3日の「スケート超初心者コース」にサブ子と一緒に通っている。慎重派で新しいことが大嫌いな娘に何か大きなことにチャレンジさせてやろう!というもくろみで始めたのだけれど、子供達がウィンタースポーツを覚えてくれれば、私も冬の間子守りで家を出られない、ということがなくなる、子供達と一緒にウィンタースポーツを楽しめるようになる、という本音も実はあったりする。

初日はもう、こっちが転ばないようにとヒヤヒヤしながら(私もスケートが全然出来ない)サブ子にしがみ付かれっぱなしの1時間。スケート靴を履いて、中腰でバランスをとりながら小さな娘の体制を整えるというのは私にとっては神業のようなもの。他の生徒さん達がどんどんインストラクターの教えに従ってバリバリ上達している横で、母と娘はよろよろと歩いたり転んでは起き上がり、の繰り返し。それでも去年はスケート靴さえ断固として履いてくれなかった娘なので、今回はスケート靴を履いてスケートリンクの中に入ってくれただけで母は満足だったのだ。

2日目の昨日はインストラクターから「お母さんがそうやっていつまでも好きなようにしがみ付かせていると、子供は上達しないわよ!絶対に出来るから!あんた、いったい何歳よ?ほら、一人で立って歩いてごらんなさい!そうじゃないとお母さんが腰痛めちゃうわよ!」とありがたい忠告をいただき、「I want to hold onto Mama's hands.」とぼろぼろ涙をこぼしながら赤い鼻をしたサブ子に見つめられるものの、助け舟を出すことも許されず、言葉で「ほら!出来るから!がんばって!」と励ますばかり。最後にはうえーん!と大泣きされ、とほほ、もう絶対スケートには来ない、って言われるに決まってる、と思っていたら、レッスンが終わった途端に「I'm going to say bye-bye to my teacher!」とパッと笑顔になり、わざわざ遠くのインストラクターの方まで歩いていって「バイバイ、ティーチャー!またね!」だと。レッスン中はあんなに泣いて「トイレに行きたい」だの「お腹がすいた」だの「疲れた」だの思いつく限りの言い訳を搾り出していたサブ子なのに、「金曜日、またママとスケートに来る?」と聞いたら「Sure!」だと。子供って親の思ってる以上にタフなものなのかもしれないなぁー。インストラクターの言うように、助け舟ばかり出していたら成長しないものなのかもしれないなぁー(スケートに限らず)、と帰り道に思ってみたり。

生徒さん達の中にはUAFの学生さん(若くて飲み込みも早い!)から、小学生らしき男の子から、太った中年夫婦までいろいろ。そんな中でも一番下手くそなのが私達母娘です!(なにも威張らなくても。)ちなみにサブ子が最年少です!

スケートレッスン 最後には笑顔に!結局、大泣きしながら、何度も転びながら、一人でスケートリンクの端から端までママにつかまらずにちゃんと歩いた娘です。偉いっ!

スターバックス がんばったご褒美に、とママに買ってもらった大好きなスタバのグリーンティーフラペチーノを堪能中のサブ子。何が欲しい?と聞いたら「The green stuff with whip cream on top!」と本人がリクエストしてきたもので。

寒さに負けない栄作 母と姉がスケート教室に行っている間、デイケアに預けられている栄作。今日は外で雪の坂の上をごろごろと転がり落ちるゲームを延々と楽しんでいたそうです。これは帰宅後、自宅前で撮った写真。手に持っているのは機関車トーマスの古本。

凍りついた木々 玄関からの風景。雪?氷?をまとった木々が近頃本当に綺麗。
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[子育て
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。