アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
Born into Brothels
2004年度のアカデミー賞でベストドキュメンタリーを獲得した「Born into Brothels」。

born into brothels

NYをベースに活躍する女性写真家、ザナ・ブリスキーが、カルカッタの売春婦の横顔をテーマに現地に住みながら撮影生活をする中で、思いがけずに出会い、親しくなった子供達に写真を教え始めるところからこのドキュメンタリーは始まります。

貧困の中で生きる子供達がアートの力を得てそれぞれの世界をそれぞれの目で切り取ってカメラに収めていく姿、その目の輝きと力。あれだけの光をアメリカ人の子供達は持っているだろうか、日本人の子供達は持っているだろうか。幸せってなんだろう、と深く考えさせられたフィルムでした。

それにしてもこのザナ・ブリスキー。カルカッタの女性や子供達と深いコネクションを持ってしまった、というだけで現地に住むことを決め、ここまで行動を起こしてしまうその底力、本当にすごいと思います。子供達のアートを生かして基金を建て、学校に入れ、貧困の渦からなんとか救い出そうとあちこちへ奔走する姿。痩せた美しい彼女の眼が本当に綺麗で、そのまっすぐな視線と姿勢に心から打たれてしまった私です。

彼女のしてきた行動に関しては、アカデミー受賞後賛否両論を引き起こしたようですが、「なにかをしないでいられなかった」彼女を、何も行動を起さないでただ見ている私達に何が言えるだろうか、と。彼女と子供達のつながり、その強さはこのフィルムを見れば一目瞭然なはずなのですが。

とにかくすごいドキュメンタリーフィルムです。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[映画
最近面白かったこと
Gran Torino の DVD が出たので、子供達を寝かしつけてから(奇跡的に成功。)夫婦で深夜の映画鑑賞。クリント・イーストウッド、歳をとってからますます良いなぁ。

サブ子が「ティンカーベル」と言えず、「チンコーベル、チンコーベル」と言う。

日本人夫妻宅でのBBQ。韓国風のたれに漬かった焼肉をたらふく食べながら友人達と喋りまくった。

受け持ち患者さん(太ったおばさん)がシャワーを浴びた後、Tシャツ一枚、下半身丸出しで廊下を堂々と歩いて出てきてしまった。

サブ子が栄作のほっぺに噛み付いた(!!!)ので、「どうして噛み付いたりするの!?弟にそんなことしちゃ駄目!わかったの?OK!?」とまくしたてたら、ほっぺに歯形をつけた栄作がすまなそうに「Okay」と謝った。お前が謝ってどうする。

ムースの親子が我が家の玄関先まで遊びに来た日の夜、栄作がベランダで"Moose! Where are you?"と延々と叫び続けた。

ICUナース作成による、病院付属の医者達をネタにした小話。

Cartoon, Maxine。(Grumpy なババアが主人公の1コマ漫画)将来の自分を見るようでちょっと怖い。我が家に里子にもらわれてきた犬の名前と一緒だという所にも縁を感じてしまう。(笑)

maxine_neighbor


maxine_giveasht


maxine_attitude
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[日々のこと
Toddler Property Laws
我が家の子供達の通う保育所の壁に飾られているToddler Property Laws。

Toddler Property Laws:

1. If I like it, it’s mine.
2. If it’s in my hands, it’s mine.
3. If I can take it from you, it’s mine.
4. If I had it a week ago, it’s mine.
5. If it’s mine, it must never appear to be yours in any way.
6. If I’m doing or building something, all the pieces are mine.
7. If it looks just like mine, it’s mine.
8. If I think it’s mine, it’s mine.
9. If it is near me, it’s mine.
10. If it’s broccoli, it’s yours.
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[子育て
Lance Mackey
犬ぞり使いの Lance Mackey に一度お目にかかりたいものだなぁ、と3月のブログで書きましたが、先週その夢が叶いました。アラスカ大学のフェアバンクス校が毎年夏に開催する無料の一般公開講座のゲストとして、8月12日に彼が大学で講演を行ったのです。仕事のスケジュールを調整し、子供達を友人に預けてキヨシ君と共に生 Lance Mackey に会いに行ってきました。

前回も書きましたが、フェアバンクス在住の Lance Mackey はこれまでに不可能だと言われていたYukon Quest と Iditarod という世界的に有名なふたつの犬ぞりレースの同年W優勝を繰り返した癌克服者。無茶なレース展開と、その痛快な発言にすっかり魅了され、私はすっかり彼のファンになってしまいました。人相が悪く(笑)、口も悪いので彼のことを悪く言う人もたくさんいますが、今回の講演を聞いてますます彼が好きになってしまった私。これまでは彼に浮かれる私を鼻で笑っていたキヨシ君さえ、「彼は本当に面白い人間なんだなぁ。」としみじみ言っていたほどです。

長袖Tシャツにジーンズ、野球帽という彼なりの「正装」で現れた彼。コーナン・オブライエン・Showに呼ばれた時にも同じような「正装」で出演したそうです。

彼が講演の中で繰り返し繰り返し言っていたことは、レースに勝つのは決して自分ではなくて自分のチーム(犬達)だ、自分は犬達の実力をうまく出してやっているだけなのだ、ということでした。そして彼は「レースに勝とう」とは一度も思ったことがない、チームが全員揃って全力を出し切り、ゴールにたどり着くことだけを目標にしている、と。「レース展開の予定表を作ってやってくる犬ぞり使いの気がしれない。」と彼は笑っていました。自分の犬達の状態を見て、これはまだいける、と思えば走り続ければ良いし、今日は調子が悪い、と思ったら早めに切り上げて休ませてあげることだ、と。

有名になっても、無名時代からの友人やスポンサーを大事にする彼ならではのエピソードも数々。Yukon Quest と Iditarod のW優勝をした途端に、手のひらを返したように「スポンサーにならせてくれ」と言ってきた大きな会社を次々と蹴り、無名時代の彼を支えてくれた小さなドッグフード会社との契約を堅くを守っているという彼。「お金だけがすべてじゃない」という彼の言葉は、「もう一生出来ないだろう」と医者に言われたことを次々と成し遂げ、伝説を作り続ける彼から出ただけあって、さすがに重みがありました。

講演をさっさと切り上げて、質問&回答に1時間以上も費やした彼は、とにかく気さくで飾らない「その辺にいる、ガラは悪いが気の良いにーちゃん」といった感じで、「きちんとしたスーツは持っているのか?」という質問に「裁判所に呼ばれたのはもう大分昔のことだからなぁ。」と返して会場の爆笑をさらっていたり、「トレーニングはどんな感じで進めているのか」という質問に、「どこの犬ぞり使いから(スパイとして)走らされてきた?」と逆に質問を返していたり。

私も思い切って質問してみました。「医者のいうことをさっぱり聞かず、決して『良い患者』とは言えないあなたが、そうして立派に癌を克服して今も精力的にレース生活を続けていけているのはどうしてですか?」彼は笑いながらも、「そうだなぁ、確かに俺は問題患者だったことは間違いないけれど、俺は『あれはするな、これもするな、もうこれは出来ない』と言われると、なんで他人に自分の人生決められなくちゃいけないんだ、と意地になってがんばるところがあるから、そのせいかな?」と答えてくれました。

コーナン・オブライエン・Showに出演後、コーナン本人が Lance をつかまえて言ったそうです。「私は仕事柄、自分を自分以上のものに見せようと四苦八苦しているセレブリティー達と話す機会が山ほどありますが、今日はあなたのような人間とお話できて本当に楽しかったです。どうもありがとう。」

コーナンだけでなく、 Lance Mackey 本人と直接話したことがある人なら誰もがそう思うのではないでしょうか。自分は自分以外の何者でもない、少々の Attitude はあっても、彼は有言実行を果たす為の努力は惜しみません。友人や家族を思い、出会いを大切にし、自分の夢を決してあきらめない。そんな彼の素顔に触れられて、大満足の講演会でした。

ちゃっかり講演後には当日着ていった Yukon Quest 2009 Tシャツの背中にサインしてもらい、キヨシ君にそんなミーハーな自分と Lance Mackey の写真を撮ってもらった私。写真とTシャツ、一生の宝物になりそうです。
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[アラスカ
初霜
記録的な高気温と乾燥が続いたフェアバンクスの今年の7月。2004年以来の山火事の煙に悩まされ、連日きれいな空気が吸いたくて気が狂いそうな毎日でした。なにしろ煙だけでなく灰まで降ってきて、そんな空気を吸っていたら体に悪いこと間違いなし、子供達も外で元気に遊びまわることも出来ず家の中に閉じこもりがち。暑いのに窓も開けられないし、まぁとにかくストレスのたまる1ヶ月でありました。

ところが!8月に入ったとたんに雨、雨、雨、そして気温もぐんと下がり、なんと先日は初霜が!木々の紅葉も始まりました。この変わり様、日本ではありえない劇的な変化です。でも今年は文句言いません!煙や降灰よりも私は連日の雨と寒さを選びますとも。(笑)7月タンクトップで過ごしていたのに8月に入ってからセーター出して着てます。フェアバンクスの秋の始まりです。

そんなめちゃくちゃな天候にも負けず育ってくれた日本のきゅうり!種から育てたのでうれしさもひとしお。生のまま味噌つけてバリバリ食べました。美味しかったー。
きゅうり
手塩にかけて育てた娘&きゅうり。
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[アラスカ
芝、その後
この、それでなくても乾燥していることで有名なフェアバンクスで、例年に比べても降雨量が記録的に少なくて山火事多数発生、煙臭い毎日が続くというこの夏に、芝を始めたというチャレンジャー(=愚か者)な私達ですが。

見よ、この成果!

芝もどき 我が家のバックヤード

近くで見るとそりゃーもうまばらに生えていてこれを「芝」と呼んでいいものか、とためらってしまうほどなのですが、遠目にみたら結構いい感じじゃーないですか?(笑)タンポポやらファイヤーウィードやら雑草も混ざり放題なんですが、刈ってみたら芝らしく見えないこともない。

まあねぇー、ずぼらな私達に「青々とした芝生」など作れるわけがない、とは最初からわかってましたけどね。斜面に建っている我が家なので、雪解け時に土が流れてグランドキャニオンのようにあちこちパカっと裂け目が出来るのをなんとか食い止めるために蒔いたという芝の種。その目的だけは何とか果たせそうであります。いやー、でもこの芝始めるのに使った水代、計算するのも恐ろしいわ。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[ガーデニング
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。