アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
愉快な隣人達
マイホームがようやく完成して、新居に引っ越してきたのが2007年のクリスマス直前。この界隈に住んで約1年半になります。毎年この季節になると、ご近所さんのロン&ヴィヴィアン夫婦が親しい隣人達に声をかけ、ごみ拾い&ピクニックを企画してくれるのですが、今年は我が家も2回目の参加です。

この2人は本当に面白い夫婦で、ロンはだいぶ昔に引退した耳鼻科のお医者さん、引退後も常に何かしら面白いプロジェクトに取り掛かっていて、ロン&ヴィヴィアン敷地には半分できかけの建物があちこちに・・・。(キヨシ君は「あそこの家はまるで小さな村みたいだよね。」とよく笑っています。)半分ごみのような廃材を常にどこからか貰ってきて、ユニークな鶏小屋やら、犬ぞりチームのケネルの他に、夏の間は魚を放す池を作ってみたり、とにかくまぁうちのキヨシ君と話が合いそうな面白いご年配なのであります。実際この2人(ロンとキヨシ君)は年齢差を超えて会う度に話を弾ませています。一方、ヴィヴィアンは実に面倒見の良いおばさんで、夫の「完成がいつになるかさっぱりわからないプロジェクトの数々」に首を横に振ってため息をつきながらも、「子供達と一緒に鶏と犬ぞりチームを見においで!」と良く私達家族を誘ってくれます。ガーデニングとアウトドアが大好きで、夏の間は町まで1時間半かけて自転車で通勤しているという。結構な齢行ってるはずなのですが、とにかく適いません。

そんな2人が数年前に始めたという、この「春恒例ごみ拾い&ピクニック」。午前中に隣人と共に家の前の通りをぞろぞろと歩きながらごみ拾いをし、午後からはそれぞれ一品持ち寄りでポトラック式のピクニックを行います。

今年の参加者にはまだ会った事のなかった隣人もたくさんいて、キヨシ君にも私にも面白い出会いがたくさんありました。今年から私達がCSAシェアホルダーになった、我が家から歩いて15分ぐらいのところにあるオーガニック農場を経営している素敵なご夫婦、マイク&ジョアン、そしてそこにアフリカから養子にもらわれてきたというかわいい子供たち2人。(下の子はサブ子と同じ年!)森林管理学で博士号をとろうとがんばっているジェニーと、エンジニアをして暮らしているというブレット夫妻。アーキオロジーを仕事にしているというシェリルは、夏の間、私の働いている病院付属の老人ホームでパートとして働いているということもあって、何度も顔を見たことはあったのですが、自宅が数件離れただけのところにあったとはこれまでお互いまったく知らず!「世の中、狭いねぇ」と一緒に笑いました。

ピクニックのホストを務めたポーラは、仕事でアメリカ中をあちこちを駆け回り、ほとんど不在にしているという旦那の留守を、バイオロジーを勉強している娘と二匹のゴールデンレトリーバーと一緒に守っています。「旦那が帰るのを待っていたらいつまで経っても家が完成しないわ」と、ほとんど一人で建ててきたというその家はユニークそのもの。地下に光が差し込むように、とリビングの床に透明なガラスのタイルがはめ込まれていたり、外には畑や花壇がたくさん作られていました。

で、このポーラの二匹のゴールデン。まさしく犬ラバーが夢にみるようなお行儀のよい、人懐っこい、ほんっとうにすばらしい犬達でした。特にサブ子がもう大喜び。ピクニック中、ろくにお昼も食べずに犬達のために延々とボールを投げ続けるサブ子でしたが、ゴールデン達も息を切らせながらもそれに延々と付き合ってボールを拾ってくるのでした。

ピクニックその1 ボールを持ってこられてもどうしてよいかわからない栄作。

ピクニックその2 ちょっと一休み。

ピクニックその3 ボール遊び、2時間は続いたでしょうか。

私自身が子供だった頃は引越し続きだったこともあり、我が家は地元づきあいに深入りするということがあまりありませんでした。子供ながらにいつもどこかで「自分はよそ者だ」という気持ちがぬぐいきれなかったことを思い出します。サブ子と栄作には、自分の地元、隣人達の愛に包まれながら、伸び伸びと育っていって欲しい。いつか大きくなってここを巣立っていっても、地元の愉快な隣人達に囲まれて育った子供の頃の記憶、地元を愛する気持ち、そういうものが残ればいいなぁ、と私は願っているのです。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:3   trackback:0
[日々のこと
雨水タンクと芝生
建物は完成しているものの、Landscaping がさっぱりだった我が家。

昨年の夏が終わるまでには、綺麗な緑の芝生が家の周りを覆っているはずだったのですが、「芝生を種からはじめるには大量の水を要する。水道も通っておらず、井戸もない我が家では芝生をはじめる前に雨水タンクを設置することが先だ!」というキヨシ君の強い提案により、昨年1500ガロンの巨大な雨水タンクを地下に埋めたのでした。我が家の屋根を伝って集められた雪解け水や雨水がこのタンクに溜められ、芝生をはじめるのに使われるという計画です。環境にやさしいエコハウスを目指すキヨシ君は、「これでますます節水ができる!夏の間はこのタンクに溜めた雨水でガーデニングが出来るし、将来お金が貯まったら我が家のトイレや洗濯機をこの雨水タンクに配管しなおすことも出来るよ!」と満足気だったのでした。

以下、去年の雨水タンク設置時の様子。

これが1500ガロンの巨大な水タンク。ちなみに我が家で使う水を溜めているのもまったく同じタイプです。
これが1500ガロンのタンク

冬になっても水が凍らないように、このようにInsulationフォームを吹き付けます。
Insulationフォーム吹き付け後のタンク

キヨシ君&雇った気のよい兄ちゃんがブルドーザーで巨大な穴を掘り、ここにタンクを設置。
いよいよ設置

ようやく埋められている雨水タンク。
地下に埋められます

結局去年はこの一大プロジェクトを言い訳に、キヨシ君は芝生をはじめることが出来ず・・・。砂漠のような我が家の庭を苦々しく見つめる妻を前に、夫は苦し紛れに「Late Fall Planting という方法があるらしい。」と雪がちらつく9月の終わりに肥料と芝生の種をまいて今年の春を待ったのでした。(地面が凍る直前に種をまき、春になって雪解け水で発芽させて芝生を始めるという、うそのような本当にあるMethod。)

で、春になってみたら・・・本当に芝がちょろちょろと生えてくるではありませんか!すごい!が、しかし。我が家は斜面に建てられているので、雪解け水と一緒に土砂や芝生の種まで流れてしまい、あちこちひび割れが出来ているわ、芝はまだらに生えてくるわ、まぁはっきり言って見られたものではなかったのであります。

というわけで、またやり直し。地面をならし、肥料をまき、種をまき、また地面をならして1日2回の水やり。いやー・・・。芝生を始めるのがこんなに手間のかかることだとは思ってませんでした。気温が高い日中に水をまくとすぐに蒸発してしまうので、朝まだ涼しいうちに一回、夜涼しくなってからもう一回、夫婦2人でどろどろになって雨水タンクからホースを引き、スプリンクラーやらシャワーヘッドやらを設置して芝生エリアをまんべんなく湿らせるのです、蚊の大群に襲われながら!しかもエリアが広いものだから一回の水遣りに1時間弱もかかる。「これ仕事の日はホントきついなぁ」と思いながらも、青々と茂る芝生の上で家族で寝転がって遊べる日を夢見て、今日も私達はどろどろになって水遣りをするのです。毎日雨降らないかなぁと思ってるんですが、連日快晴でさっぱりですね。逆さてるてる坊主でも作ろうかしら。
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[夢の省エネハウス
ボルシチ
春到来!

我が家のリビングからの景色です。若葉が本当に綺麗。吹き込む風もさわやかで、フェアバンクスに本格的な春夏シーズンがやってきたことを感じさせてくれます。

さて、今日は無茶なリクエストばかりするキヨシ君のお話。献立のアイディアが尽き果て、はて、何を作ろう、という時に、よせばいいのにその場にいる夫に「来週、ご飯何食べたい?」なんて聞いてしまうことがあります。キヨシ君はいつも「クスクス料理」とか「Barleyを使った料理」とか「ハンガリアン・マッシュルームスープ」とか「アーティーチョーク料理」とかまぁそんなこっちが今までに使ったことのないような材料を要する多国籍料理を良くリクエストしてくるのであります。こっちもこっちで「そんなの作れないよ!」と言えばよいのでしょうが、何せ負けず嫌いなので「よし、作ってやろうじゃないの」とレシピを探し出してきて、今までに見たことも聞いたこともないような料理に挑戦。キヨシ君のおかげでレパートリーも増え、今ではクスクス料理やBarleyスープは我が家の定番になりました。

で、先週末も同じような会話がなされ(笑)、キヨシ君から出たリクエストがなんと「ボルシチ」。言わずとも知れたロシアの真っ赤なビーツのスープ。知り合いのお母さんがロシア人で、一度食べさせてもらったボルシチがとっても美味しくて、どうしてもあれをもう一度食べてみたい、と言うのです。ボ、ボルシチ、って・・・。缶詰になったビーツは私も良く食べますが生のビーツを調理したことは一度もありません。

さっそくネットや自分のレシピ本コレクションの中から「ボルシチ」レシピを探し出し、ベジタリアンボルシチと豚肉が入ったボルシチの2種類に挑戦しました。ロシアの家庭料理、ボルシチはその家庭によって入れる材料も様々らしいですね!どちらも土臭いビーツの香りが生きた美味しいレシピでしたが、キヨシ君が特に気に入ったのがこちらの豚肉入りボルシチ。

ボルシチ

ビーツの他に、豚挽き肉、にんじん、たまねぎ、セロリ、じゃがいも、マッシュルーム、キャベツ、トマトが入っていて、栄養も満点。仕上げにサワークリームを落として自宅で採れたパセリのみじん切りを散らします。無茶なリクエストばかりする夫のおかげで、また料理のレパートリーが増えました。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[料理
結婚7周年
昨日、5月18日はキヨシ君と私の結婚記念日でした。結婚式から7年、出会ってからだと9年。よく続いたものです。

キヨシ君は「結婚式の写真とまったく同じポーズ、服装で写真を撮って、7年間の間にどれだけ僕達が変わったか比べてみよう」などと無茶な提案をしたのですが、あまりに恐ろしいアイディアなので即効却下されておりました。キヨシ君の頭髪、私のしわや胸のしぼみ具合、とてもじゃないけど直視できません。

記念日当日は午後から子供たちをデイケアに預けて、ふたりで地元のNursery(ガーデニングセンター、グリーンハウス)めぐり。今まで行きつけだった Holm Town Nursery の他に、Plant Kingdom と Ann's Greenhouse を初訪問してきました。私が「ふむふむ、きゅうりを鉢植えにする場合はこうすればいいのか。」とか「本葉はこんな形をしているのか。」と勉強している横で、キヨシ君は「緑の香りっていいなぁ。」と目を閉じて鼻をくんくんさせておりました。キヨシ君はどちらかというと観葉植物や野菜よりも樹木のほうに興味がある様子で(なんてったって哲学を専攻する前は Forestry を専攻してたぐらいです。)、グリーンハウスの外に並ぶさまざまな幼木に関心を払っておりました。

さわやかな風の吹き込むイタリアンレストランで、美味しいサラダとパンとパスタを食べ、大満足で記念日を終えて子供たちをお迎えに行く途中、キヨシ君は「7周年でしょ。ラッキー7だからこれからはいいこと続きだよ。」と。「結婚7年目が終わって、8年目に突入するんだから幸運はもう終わったんじゃないの。」と答える私に「そんなことないよ!」と笑う夫、こんな私と7年間も生活できるのは君だけです。これからも私の短気にどうぞお付き合いください。
Posted by 親分
comment:13   trackback:0
[キヨシ君と私
緑のある生活
過去に、緑のものはことごとく枯らしてきた私ですが、数々の失敗を経て緑のもののお世話がちょっとずつ出来るようになってきた私。観葉植物から野菜まで、育てることの楽しさに目覚めてからは「緑のある生活」を心から楽しんでいる私です。フェアバンクスにもようやく春がやってきて、私の園芸熱もまたヒートアップ。以下、こんなものを育てているよ、という例です。

Ivy & Dragon Tree
数年前の誕生日に義理妹から届いて以来、私のずぼらなお世話にも耐えてタフに育ち続けるIvyを株分けしてバスケットに植え替え。キッチンキャビネットの上でまたすくすくと育っています。窓辺でツンツンとした葉っぱを元気に茂らせているのはマダガスカル・ドラゴン・ツリー。最近私が一目惚れして買ってきた新入りです。

発芽しました!
先日友人からもらってきた日本のお野菜の種。ちょっとシーズン的に遅いかな、と思いつつも慌てて植えてみたら、次々と発芽!ここに写っているのはきゅうりと春菊ですが、このほかにもにら、かいわれ、ねぎ、しそ(今年こそは!)を植えてみました。そうそう、それから今年もトマトやりますよ!2種類のミニトマトの苗を買ってきて、今窓辺で育てています。

ハーブの寄せ植え
我が家でよく料理に使うハーブ類。バジル、パセリ、パクチー(香菜)、チャイブを大きな鉢に寄せ植えしてみました。買ってくると全部使い切るということがなくていつも半分以上無駄にしてしまい、もったいないな、とずっと思っていたのですが、これを始めてからはその都度使う分だけ収穫できるし、新鮮ハーブの香りも存分堪能できて大満足しています。

観葉植物
ベッドルーム用に寄せ植えしてみた鉢植え。今日は日当たりの良いリビングでお日様を浴びています。

ブーツとお花
7年間かけて私が履きつぶしたブーツ。捨てるのも気がひけるなぁ、と思っていた矢先、コンテイナーガーデニングの本のなかからこんな素敵なアイディアを見つけ出しました。我が家の玄関先でお客様を出迎える、ブーツに植えられたお花達。

そうそう、特記すべき(笑)は、昨年、秋口にキヨシ君のご両親にお願いして、キーナイ半島にあるキヨシ君の実家から株分けして持ってきてもらったルバーブとイチゴとラズベリー。すでに相当寒くなっていた時期だったので、ちゃんと根付くかなぁ、と心配していたのですが・・・。なんと皆大丈夫そうです!ルバーブは赤くてかわいいボールのような芽を出し、そこから小さなしわしわの葉っぱが次々と。イチゴも緑の葉っぱを少しずつ開き始めました。ラズベリーの苗はまだ茶色ですが芯(中身)は白くて生きているようです。

マイナス40度が3週間も続いた極寒の今年のフェアバンクスだったのに、そんな寒い土の中でもこの植物達はしっかり生きていたんだなぁと思うと本当に生命力の強さを感じます。元気に育っておくれ!本当の意味での「ホームメード」ストロベリールバーブパイ、今年は食べられるかな。
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[ガーデニング
夢が叶った。
明日は母の日ですが、私は朝6時に出勤し、夜8時に子供たちをデイケアにお迎えに行って帰宅予定。キヨシ君も週末は準夜勤なので、早くても帰宅は深夜1時ごろになります。

というわけで、当日一日中会えないことを考慮してか、キヨシ君と子供たちが今日、一日早めに母の日をお祝いしてくれました。週末は午後3時半出勤なので、昼ごろまで寝ているはずのキヨシ君が、なぜか子供たちと一緒に8時半に起きてくれたなぁと思っていると、台所でなにやらガタゴト・・・。何事かと思って私も布団から脱け出して覘いてみると、キヨシ君が自分の両足にしつこくまとわりつく子供たちを相手に、朝ごはんを作ろうと奮闘しているではないですか!テーブルにはお花とカードまで。カードにはサブ子の書いた家族の顔と、栄作のなぐり書きと共に、キヨシ君のサインが添えられています。しかも私の好きな雑誌の一年間定期購読手続きが済みました、というレシートまで挟まれていました。うれしいプレゼント・・・。

母の日のプレゼント

「まだゆっくり寝てていいから!まだ朝ごはんできてないから!」と慌てるキヨシ君でしたが、こんな貴重な風景を見逃してなるものかと、私はパジャマのままでダイニングテーブルにつき、危なっかしい手つきで「フレンチトースト」を焼く夫の姿を堪能したのでありました。

卵を割り、やたらと時間をかけてかき混ぜるキヨシ君。心の中でいいぞ、いいぞ、と思っていると、彼はそこにそのままパンを浸し始めました。「ちょっと!お砂糖とか牛乳とかバニラエッセンスは入れなくていいの?」と思わず口を挟んだ私に、キヨシ君は余裕の表情で「いいから、いいから。甘いのが好きだったら、焼けたのに好きなだけシロップをかければいいじゃない。」と・・・。作ってもらっている身なのであまり贅沢も言えず、それじゃー、フレンチトーストじゃなくてただのエッグトーストじゃないか、と思いながらも黙って見ていました。

出来上がったキヨシ作「エッグトースト」は、バターとシロップをたくさんかけて食べたらなかなかのお味!馬鹿にしたものでもありません。「すごい!とうとう夢が叶った!夫に作ってもらった朝ごはんを食べるのが夢だったんだよ!」と興奮する私を前に、キヨシ君もかなり得意気です。あ、忘れてた、とイチゴとグレープフルーツまで出してくれ、私は夢のような朝ごはんを思う存分に楽しんだのでありました。彼はその後、きちんと皿洗いまで済ませて、「Happy Mother's Day!」と仕事(夜勤)に出かけて行きました。

いやー、これは普段さっぱり気の利かないキヨシ君(ごめん。)にしたら快挙でしょう!いったい何があったんだろ・・・。ちょっと怖い気もする・・・。

父の日、私もがんばらないとな。
Posted by 親分
comment:12   trackback:0
[子育て
残雪バックに半袖短パン ~子供たちの成長振り~
週末雪が降ったと書いたばかりですが、週が明けたらあなた。連日20℃超えてますよ。
子供たちも犬も大喜びでベランダに出て遊んでます。

spring09_1 栄作1歳6ヶ月。
spring09_2 相変わらず仲良しなマキシーンとサブ子。
spring09_3 サブ子さん、お口にケチャップがついてます。
spring09_4 残雪をバックに、半袖短パンで走る栄作。
spring09_5 「早く毛代わり済んでくれないかしら・・・。私、暑くて。」
spring09_6 表情が相変わらずおっさん風な栄作。

すでに日焼けし、虫刺されが出来ている子供たちを見て、母は今日慌てて日焼け止めと虫除けスプレーを買いに走りました。

久しぶりに登場の子供たちなので、最近の様子をちょっとここで記録しておこうと思います。栄作はあと数日で1歳6ヶ月。やたらと部屋の中を走りまわり、カウチに登っては飛び降り、椅子を使ってはテーブルによじ登り、キャビネットを開けては中のものを出しまくり、本は破りまくり、おもちゃは壊しまくり、まぁとにかくやんちゃです。あざや擦り傷が耐えません。バーン!と顔面から床に倒れて唇から血を流しつつ、ちょっと泣いたらもう気も済んで、ものすごいタラコ唇でまたニコニコとよろついた足ぶりで走り出すという。母は「こんどはいったい何をやらかされるのか」といつも冷や冷やもの。栄作の脳には「恐れ」という感情が欠けているとしか思えません。キヨシ君も、笑顔で恐ろしいことをしでかす息子を、「全くクレイジーだ・・・。」と首を横に振りながら見ています。

サブ子は3歳半になりましたが、いまだにオムツが取れず。(笑)しかし!数週間前に「おまるで初うんこ」を成功させてからようやく Potty Training が起動に乗り始めました。なぜかうんこをする時には全部洋服を脱ぎ捨てて素っ裸になってしまうサブ子。しかしそんなことはどうでもいい!母はオムツにうんこをされるよりも、素っ裸でおまるにうんこをされることを選ぶ。サブ子がいつの間にか消えたな、と思っていると、素っ裸の娘がトイレのドアをバーンを開け、「ママ!アイ・プープード・イン・ザ・ポティーチェアー!」と出てくる様子は世にも誇らしげ。こっちがちょっと気を抜いているとリビングのフローリングの上にうんこをされてしまうこともありますが、まぁそれもオムツの中にされるよりは一応?進歩なのだろうと思うようにしています。オムツが取れる日も近い?

子育てって、奥が深すぎ。
Posted by 親分
comment:11   trackback:0
[子育て
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。