アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
今更ながら・・・紅白歌合戦の感想
日本の両親が録画して送ってくれた紅白のビデオ。正月気分もすっかり消え去った頃に届いたので別に見る気分にもならず。しかし今夜あまりのテレビ番組のつまらなさに閉口した私は「紅白でも見てみるか~。」とテープを出してきてビデオデッキにセットしたのであります。

見た感想・・・

①演歌歌手以外知らない歌手ばっかりで悲しかった。
②司会者の下手さにびっくりした。中居君のヘアスタイルはどうなのか。
③審査員がいったいどういう基準で選ばれているのかが不思議でならない。(どうでも良いが審査員の一人、渡辺謙は歳を取ってますます良い男になってきましたね。画面の前でひとり見とれてました。)
④夏川りみという人の「花」がとても良かった。
⑤母親がファンだという「コブクロ」に期待していたのに、思ったほど良くなかった。(お母さん、ごめんよ・・・。)
⑥日本にいた頃大好きで良く聞いていたスガシカオの声がいまひとつでがっかりした。(歌が良くなかったのかな・・・。「黄金の月」が聞きたかったなぁ~。)
⑦私が日本を離れて早7年。いつの間にか堀内孝雄の髪の毛が増えていた。
⑧徳永英明の「壊れかけのRadio」が妙に懐かしかった。昔は別に好きでもなかったが、今回聞いて彼の声は良いなぁ~としみじみ感じた。(しかし彼も見た目やっぱり老けましたね・・・。)
⑨森昌子の目じりがますます下がっていたということに驚いた。
⑩aikoのカワイイワンピース姿とカワイイ声に浸っていた所に、キヨシ君が「彼女はなんで”ムームー”を着ているのか。」と聞いてきたので頭に来た。

以上です。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[日々のこと
Float Pool ポジション
今の病棟で働き始めて以来、内科看護の魅力にとりつかれてしまった私ではありますが・・・。実は最近「このままでいいのかな」と思いはじめるようになりました。理由は以下の通り。

師長が変わって以来(新しい師長さんもまた良い人ではあるのだけれど。)科の雰囲気が変わってしまってなんとなく寂しい。

最近後輩指導やチャージナースをさせられることが多くなり、自分自身のペースで好きなように自分の受け持ち患者さんの看護をすることができなくなってストレスがたまる。

自分に子供がいるのに小児看護の知識が全くないナースの自分っていったい如何なものか。

内科看護だけでなく、他の分野の看護の知識も身につけたい。



まぁ色々他にも細々とした理由はあるのだけれども、そういうワケでそのうち他の科に移ってみようかなと思い、病院内のRN(正看護師)ポジションをひそかにちょくちょくチェックしたりしている毎日なのであります。そんな私が今一番惹かれているポジション。それはFloat Pool。いわゆる「なんでも屋」です。その日一番人手の足りない科に送られて働かされるFloat Poolナースは、どこの科でも働ける最低限の知識を求められます。一般内科、外科はもちろんのこと、ICUや精神科、小児科、産婦人科でも働く機会があるので、様々な分野の看護を広く浅く学ぶにはもってこいのポジションです。

ちなみに私の親友、ジーナがついているのもこのFloat Poolポジション。「その科その科の人間関係に惑わされるようなこともないし、仕事も毎日変化があって飽きるということがないから楽しい。」と自由人な彼女はこのポジションにかなり満足している様子。

問題は今Float Poolで募集しているポジションが夜勤のみということ。夜勤はさすがに辛いな~・・・。それから今の科で後輩指導に当たれるようにと研修を受けさせられたばっかりで、これから新人さんが入ってきたらどんどんプリセプターをしてもらう、と上司から言われたばっかりなのでこのタイミングで今の科を辞めるのは気がひけるのです。

とりあえずはFloat Poolに日勤のポジションが開くのを待ちつつ、今の科で様子を見ようかな~と思っているところです。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[ナースのお仕事
夫婦喧嘩
昨日のバレンタインデーはキヨシ君が私の大好きなガーベラのお花とチーズケーキを買って帰って来てくれました。過去、バレンタインデーや私の誕生日に特に何もなしということが何度かあって、その度に私が非常にむくれていたせいか、キヨシ君もようやく学んだようであります。(笑)ちなみに私からは日本式にチョコレートでした。

実は先週喧嘩をしていた私達。いつもの通り私が一方的に怒ってキヨシ君はただひたすら聞いているというパターンではありましたが。「キヨシ君だってたまには自分が休みで私が仕事に出てる日ぐらい、『親分疲れて帰ってくるだろうから簡単なご飯ぐらい作っといてあげようかなぁ』とか、そんな気を利かせてくれてもいいんじゃないの?料理が出来ないんじゃなくてする気がないんでしょ!もう私今月はご飯作らないから!ご飯よろしく!」と。(これ、日本の男性が聞いたらどう思うんだろう。即、離婚?)

以来、彼が作った料理メニュー
その1:野菜スープ。鍋にためた水の中にゴロゴロ切った野菜(にんにく、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、トマト)を炒めることすらなくそのまま入れ、ただひたすら煮たもの。味付け一切なし。
その2:豆のスープ。豆とにんにくと玉ねぎとハムを水に入れてただひたすら煮たもの。味付け一切なし。
その3:スパゲッティー。全粒粉スパゲッティー(←この辺、健康嗜好の彼なりのこだわりがあるらしい。)を水から入れてくたくたになるまで茹で、それに冷凍庫にあったターキーの残り物をぶつ切りにしてスパゲッティーソースに混ぜたものをかける。

彼の背後から「あの~、野菜は最初に炒めたりしないんでしょうか~?」とか「あの~、スパゲティーを水から入れるのはどうかと思うんですが~。」とか「味付けにはいったい何を使うの~?」とかコメントを入れずにはいられない私に、キヨシ君は「ちょっと!僕が親分の調理のし方にチャチャ入れたことある?僕に任せて。レシピはオリジナル、味付けはもちろんシークレットだよ。(←シークレット!味付けしないのがシークレットなんだろ!笑。)」と・・・。怖い。

彼は出来あがった自分の料理を食べながら自我自賛。「うぅ~ん、素材そのものの味が生きてる~。僕って料理に向いていたんだなぁ~。」と。せっかく彼が頑張って作っているので私もネガティブなコメントは控え、味のない(もしくは味のおかしい)料理をただ黙々と食べ、「キヨシ君、ありがとう。」とその都度感謝の言葉をかけているのですが、そろそろまともなご飯が食べたくなってきたので今日ぐらいからまたご飯作りを再開しようかなぁと思っている所です。「昨日はお花とケーキをもらったから、今日は私がご飯作ったよ。」とかなんとか理由をつけることも出来るし。
Posted by 親分
comment:13   trackback:0
[日々のこと
イニューのしつけ教室
今月の頭から1ヶ月間、週2日イニューの成犬しつけ教室に家族で通っています。

エンドレスで吠えまくる犬とか狂ったように飛び上がりつづける犬なんかが参加しているので、この教室に参加した初日、我が家のイニューですら天才犬に見えました。(笑)トレーナーから「あんたはおりこうさんだねぇ~。」と褒められてイニューもまんざらでもなさそう。

イニューとサブ子のこじれた関係(笑)とかイニューの問題行動もすべてトレーナーに相談しました。まずは日常生活の細々としたことからさっそくトレーナーの言う通りに変えているのですが(帰宅後や起床後すぐには犬を無視すること、とか自分達の食事が済むまで犬には食事を与えない、とか寝室には犬を入れない、とか。)、心なしかイニューの態度も少し落ち着いてきたような気がします。

イニューが子犬の時からちゃんとしつけ教室に通っておくんだった!ま、今からでも遅くないということで。根気強く、家族でがんばっていきたいと思ってます。
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日々のこと
自分がレズビアンだったら・・・
Ellen DeGeneresと結婚したい。
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[日々のこと
ムース!
我が家のすぐ前を走るMストリート。日曜の朝、車で家を出たら道の両脇にムースが。

御近所さん1

御近所さん2


ネバーエンディングストーリーで恐れの心を見せず見事ゲートをくぐったアトレーユを思い出しながら(←また例えが古いんだな、これが。)、平静を保ってこの2頭のムースの間をカローラでそろそろと通りました。これもまたアラスカならではの日常。
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[アラスカ
中耳炎
月曜日。サブ子をデイケアに預け、スキークラスに参加。スミスレイクまで滑り、湖の上をもう少しで一周という所で私の携帯に電話あり。サブ子のデイケアの保育師さんが、「サブ子がまた熱を出しているから迎えに来て欲しい」と言います。

前にも言ったと思いますが、電話を受けてから30分以内に迎えに行かなければならないというルールがあるので、クラスメイトに事情を話し、独り群れから離れてスキーを履いたまま駐車場を目指してトレイルを滑ります。帰りはなだらかながらもず~っと上り坂!汗だくになりながらも「走れメロス」のメロス並みに頑張って滑りましたよ!(笑)

結局30分以内に迎えにいくことはできませんでしたが(あぁ、まだまだスキー修行が足りないわ・・・。)、デイケアでサブ子を拾い、そのままクリニックへ直行。かれこれ1週間も熱が出たり下がったり。原因がいったいなんなのかつきとめなくちゃというわけです。結果、なんとサブ子の左耳が中耳炎になっていたことが判明。Zithromax(Azithromycin)という抗生物質をもらって帰宅しました。サブ子もちゃ~んと飲んでくれて、以来熱は下がったままです。

しかし子供の中耳炎治療事情。日本とはだいぶ違うようですね。アメリカでは軽い中耳炎だと治療一切なし。何もしないで自然治癒を待つ、というのが最近の中耳炎治療の主流だそうで。(実はサブ子が12月にウィルス性の風邪で熱を出した時にも軽い中耳炎にかかっていたのですが、何もしないで様子を見ましょう、と言われていたのです。)ちょっとひどくなってきたらZithromaxの1回内服ということが多いようです。日本で小児科ナースをしていたきゃらはんさんは「日本じゃ慢性化するのが怖いからしっかり抗生剤でたたくんだけどねぇ~。」とびっくりしていましたが。

サブ子が良くなってきたと思ったら今度は私が久々に風邪っぴき。喉の痛みと闘ってます。楽しみにしていたスキーの授業も今日は我慢してお休みし、サブ子とおとなしく自宅で過ごしています。サブ子はセサミ・ストリートに夢中!私はおかゆ&梅干&昆布の佃煮を食べながらネットサーフィン中。親子共々、早く復活したいなぁ~。
Posted by 親分
comment:14   trackback:0
[子育て
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。