アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
ベイビースリング
aoduckさんのブログでも話題になっていたベイビースリング。実は私も愛用者です。日本ではひそかなブームになっているそうですが、つい最近まで全然知りませんでした。アメリカでの浸透度はそれほどではないと思います。

実は私は、日本の昔ながらのおんぶ紐(前でクロスするタイプ。母曰く、今時の人達は皆これを嫌がるのでもう全然流行らないそうです。)が欲しくて、2月に母親が来た時に買って持ってきてもらっていたのですが、残念ながらこれ、紐とプラスチックの所があばら骨に当たって痛くて使えないのです・・・。で、ナンゴさんや職場の友人のお古のベイビーキャリアーを何タイプも借りてきて、色々試してみました。

ところがこれが、私が「お、これはいい!」と思ってもサブ子がやたらと嫌がるタイプと、サブ子が気分良さそうにしていても私がいまいちしっくりこないタイプとにすっかり分かれ、私とサブ子が一緒に「これだ!」というものがなかなかないんですよね・・・。そこで、自腹を切って買ってみたベイビースリング二種。

①最初に買ったのはStorchenweigeというドイツ製のものです。これはいたってシンプルなただの長~い頑丈な布!巻き方が何種類もあって、それに寄ってはおんぶも抱っこも(横抱きも)出来るタイプなのですが、慣れるまでに結構かかりました。買ってすぐは、正直「これは難しい・・・。買って失敗したかも・・・。」と思ったのですが、つい最近、使い方説明DVDを買ってきて巻き方をじっくり学習。その後使用してみたら、まぁなんと、楽ちんなことよ!!!サブ子も喜んでおとなしく抱っこされてます。諦めずに使い方を練習してよかった、と心から思いましたね。
storchenweige1storchenweige2

※余談ですが、このDVDが私的には大ヒットでした。これは見た人じゃないとわからない面白さなのですが、とにかく、素人が撮った映像だということがバレバレで、ドイツのヒッピーなおばさんが何故か野外で(恐らく)自分の赤ちゃん相手に巻き方を教えてくれるのです。「はい、出来あがり!」というタイミングで赤ちゃんがカメラの方を向かないと、ぐいっとその顔をカメラに向けさせたり、何の前触れもなく背景をよその赤ちゃんがハイハイしながら横切っていったり・・・。おばさんが地べたに座っていた赤ちゃんを帯に入れるために抱きあげると、口から何か出てる・・・。草です。目を離した隙に赤ちゃんは草を食べていたのです。それでもおばさんは眉ひとつ動かさずに、手早く赤ちゃんの口から草を取りだし、巻きのデモの続きにとりかかってました。ナレーションも相当おかしい。「次は、私が一番嫌いな巻き方です。危険です。」とか、「次は『新生児抱き』です。新生児がいなかったので、2歳児を使ってデモンストレーションします。」とか。探して来ようよ、新生児。このDVDを見ながら、私は「このようにおおらかな育児をすればよいのだな。」と変なところで感心したりしてました。

余談がだいぶ長くなってしまいましたが(笑)、これは人によって好き嫌いがはっきり出るスリングでしょう。私は巻き方をマスターしてからというもの、サブ子をこれで抱っこするのが楽しくて仕方ありません。トレステンとレベッカの結婚式で、キヨシ君がサブ子を抱っこするのに使っていたのもこのタイプです。これで自分の体にきつく赤ちゃんを巻きつければ、その上からコートを着て赤ちゃんに寒い思いをさせずにすむし、自分の体も赤ちゃんの体温でポカポカに。一石二鳥ですよ。

②さて、次のタイプはこれ。Maya Adjustable Pouch。その名の通り、帯というよりはパウチ=袋です。①よりもかなりコンパクトで、お出かけする時にさっとたたんでバッグに入れ、使う時もさっと出してたすきがけにし、赤ちゃんをそこに入れるだけ。①のタイプに比べるとサポート力は少し落ちるかも、ですが、とにかく簡単だし、使っていて私も楽ちん、サブ子も結構喜びます。ちなみに私が買ったのは大きさがジッパーで調節できるタイプなので、①と同様、子供が大きくなっても使えます。

maya adj pouch


今の世の中、色々便利なものがあるものですね~。自分に合ったものを探すのはそれでも結構大変なものです。ちょっとでも皆さんの参考になれば・・・。
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[子育て
Date and Fig Bread
Date and Fig Bread 1Date and Fig Bread 2


最近、ブレッドマシーンで生地作りだけ済ませ、手で成形してオーブンで焼くタイプのパン作りにはまっています。これは、Date and Fig Bread。ナツメヤシの実とイチジクのパンです。バターが信じられない量入っているのでダイエット中の人にはお薦めできませんが(笑)そのバターのせいで全粒粉パンにありがちな固さとドライ感が全くなく、外はカリッとしてるけど中はモチモチ!

噛み締めるたびに味が出るなかなか美味しいパンで、チーズと一緒に食べると最高です!前回、初めて作ったときは本の分量通りに作ってだいぶ塩辛く、外側も固すぎるように感じたので、今回は塩を減らしてみたり、砂糖をちょっとだけ加えてみたり、乾燥杏やクルミを加えてみたり、オーブンの温度をちょっと下げてじっくり焼いてみたり、と自分なりに色々工夫してみました。失敗は成功の元!

これも我が家の定番パンになること間違いなしです。
Posted by 親分
comment:3   trackback:0
[パン作り
丸いお家でも省エネ可能?!
省エネハウス建築計画のその後です。

キヨシ君は毎日毎日仕事の後に図書館に通い、家作りに関する本を大量に借りてきてはうちの居間のコーヒーテーブル(←キヨシ君がゴミ捨て場から拾ってきたもの)にどど~ん!と山積みにして片っ端からそれを読む、という生活を続けている。

ようやく気に入ったフロアプラン(設計図)を見つけたようで、「これにしよう」と彼が言うのでホッとしていると、「やっぱりこっちの方がいいかもね。これにしよう!」そして私が、「はいはい、じゃぁこっちにしよう。」次の日には「親分、昨日のよりもいいのを見つけたんだ!」「はぁ、どれどれ?あ~、そうね、じゃぁこっちにするか。」さらに次の日には「う~ん、やっぱり昨日のはいまいちつまらないなぁ~。」

おい!

とにかく、キヨシ君は勉強のし過ぎ(毎日、仕事、図書館から帰って来てから3~4時間死んだように眠り、その後は徹夜で家作りについて計画を練って、また仕事に出て行くという生活。)でおかしくなっているようなのだ。彼が何かに夢中になると、いつもこうなのよね・・・。

おとといは私もさすがに切れ、「ちょっと!ハウス、ハウス、って、家作りのこと以外、キヨシ君何にもしゃべらないじゃない!毎日遅いし、帰って来てもすぐに(家作り関係の)本読むか(家作り関係の)ビデオ見るかで、さっぱりサブ子とも遊んでやらないし!いいかげんにしてよ!もうハウスの話だったら私聞かないよ!」と。久々に私の怒り爆発で、キヨシ君、シュン・・・。おとなしくビデオストップしてました。

まぁ、そんなこんなで、キヨシ君の頭の中は大変なことになってるわけなのだが、昨日、「親分、あのね・・・。」と恐る恐る近づいてきた彼。「またハウスの話じゃないでしょうね。(ギロリ。)」「え~っと、そうなんだけど、このニュースは親分喜ぶと思うんだよね。」「え?何?」(←単純な私。)

「丸いお家でも、省エネはできるんだよね。」

へ?今、なんて言った?丸いお家でも、省エネは可能?!

「イニューと親分の部屋」時代からの読者の方々は多分覚えていることだろう。カナダの会社が作るマンダラハウス。キヨシ君と一緒にオープンハウスに行き、ひとめぼれした私は「マイホームを建てるならマンダラハウスがいい!」と大騒ぎしたのだった。しかしその後、キヨシ君が省エネハウスについての勉強を続けるうちに、この会社の作る丸いお家の構造(特に屋根の構造)はフェアバンクスのような極寒地には適さない、と専門家から指摘を受けていることを知り、泣く泣く諦めたのだった。

しかし!キヨシ君いわく、「勉強の結果、外壁の断熱の仕方と屋根の構造を変えれば、丸いお家でもスーパー省エネハウスはできる」とのこと。すでに省エネハウス作りで定評のある地元の建築業者や設計者にも意見を聞いたらしいのだが、OKが出たらしい。カナダの会社(マンダラホーム)じゃなくても、地元でこのような変わったお家を嫌がらずに建ててくれそうな腕の良い大工もいるそうで。

え~!?ということは、ですよ~!もしかして、もしかすると、夢の「丸いお家」が本当に建っちゃうかも、ということですか?キャー!

しかし、いつキヨシ君が「親分、あのね、やっぱり丸いお家を止めて・・・」と言い出すのではないか、とびくびくしながら暮らす私なのだった。どうなることやら・・・。

笑顔のサブ子
「どうでもいいけど早くお家建ててよね!」
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[夢の省エネハウス
アールグレイオレンジ食パン
アールグレイオレンジ食パンmixiのとあるパン作りコミュニティーで、「食パンに紅茶の粉とオレンジピールを入れると美味しい」と誰かが書いていたのを読み、日頃から紅茶とオレンジ風味には目がない私はさっそくオレンジピールを買ってきて作ってみました。紅茶は、私の一番好きなアールグレイを使用。名付けて、アールグレイオレンジ食パン。そのまんまですね・・・。(笑)

生クリーム食パンのレシピに、細かく刻んだアールグレイの葉っぱ(粉が手に入らなかったので葉っぱをそのまま使いました。ティーバッグに入っているものならそのままでOK。)とオレンジピール(小さな瓶に入って売られている、細かく刻まれた乾燥オレンジピール)をそれぞれ小さじ1程度加えただけです。

出来あがりは大成功!とにかく、このパンは香りが最高です。これは個人的には焼き立てふわふわのところを香りを楽しみながら食べるのが一番良いのではないかと。何もつけずにそのまま食べてももちろん美味しいのですが、クリームチーズを塗って食べても相当いけるんじゃないか、と読んでます。お試しあれ。
Posted by 親分
comment:11   trackback:0
[パン作り
アラスカンな結婚式~後編~
式終了後。すっかりかじかんだ手足を引きずりながら再び車が駐車してある所まで新郎新婦と共にハイク。(というか、下山。)この後はレセプション(披露宴)会場に車で向かうことに。

レセプション会場は星野道夫さんの友人が建てたというCloudberry Lookout B&B。いつか行ってみたい、と前々から思っていた所なので私もわくわくしながら入ってみると、星野さんの本で読んでいた通り、建物の真ん中に見事ならせん階段、そしてそれを昇りつめると、オーロラ観察には最高の天窓が。

式参列者が皆着くのを待って、いよいよレセプション開始。ディナーはPotluck(持ち寄り)形式で、皆それぞれに手作り料理を持参することになっている。私達は私が作った焼き立てのパンを持参。(←またかい!)しかし、ものすごいご馳走でした。自分で狩った「ムースの肉」とか「カリブーの肉」とか、自分で釣った「サーモン」とか、そんなアラスカンらしい料理もたくさん並び・・・。

そんなご馳走を食べながら、飲めや歌えの大騒ぎ。(ちなみにテーブルには新婦の摘んだクランベリーとブルーベリーで新郎が作ったお酒が大量に並んでおりました。)サブ子は参列者の中では最年少ということで、皆に声をかけられて寝る暇もなく、最後にはこんな感じに・・・。

放心状態のサブ子
「あたち、もうげんかい・・・。」
放心状態です。
 

可哀想になってきたので、式も半ばでサブ子を連れて帰宅することに。しかし、式の間中も全く泣かず、レセプションの会場でちょっとぐずったぐらいで、サブ子は本当におりこうさんでした。サブ子、えらかった!

ということで、今時「開拓時代」のような生活をしているトレステンとレベッカらしい素敵な結婚式、私達も参加させてもらって一生の思い出になりました。どうか、お幸せに!!!

新郎新婦
自分で縫ったウェディングドレスに身を包んだ新婦レベッカと、新郎トレステン。
Posted by 親分
comment:10   trackback:0
[アラスカ
アラスカンな結婚式~中編~
さて、結婚式当日の様子。(写真はクリックすると拡大されます。)

招待状には、式は「a short walk from the top of Ester Dome」で行われる、と記載されていた。フェアバンクスの3月といえばまだ冬なのに、アウトドアウェディングだよ・・・。Ester Dome はフェアバンクスの町外れにある丘のてっぺん(小さな山の頂と言ったほうが良いかな・・・。)にある。式当日もちらほら雪が降っていたし、私はせっかく1年に1度履くか履かないかというヒールのついた靴を履くつもりでいたのだが、悩んだ結果、式の間だけはスカート&タイツにごっついハイキングブーツを履くことに。あぁ、ミスマッチ・・・。

さて、雪道をそろそろと運転しながらEster Dome目指して無謀にもトヨタカローラで登り切り、これ以上車がすすめない、というところで仕方なく下車。超・厚着をさせたサブ子をキヨシ君にくくり付け、ジャケットの中に押し込めた後、式会場目指していざ出発。

結婚式会場へいざ出発


式に参加した人の中にはもちろんご高齢の方もいるわけで。そういう方々には、なんと新郎友人の運転するスノーマシーン(スノーモービル)&そりでの送迎がありました。

さて、こうして「ハイキングブーツを履いてきて本当に良かった」と神に感謝しながら歩くこと15~20分。もうすぐ着くのかな・・・と思った頃のこと。えっ?もしかして・・・。会場って、遥か彼方、向こうの丘のてっぺんに見える、あのごま粒のように見える人達がいる所???

もしかして・・・
写真中央、丘のてっぺんの、ごま粒達が新郎&式参列者です。
(画像をクリックすると拡大写真が見られます。)
サブ子はキヨシ君のコートの下に括りつけられて熟睡中。


なにが「short walk」だよ、トレステン!と一緒に歩いていた人々と毒づきながら、仕方ないので山のてっぺん目指して歩くことさらに20分。(これは立派なハイキングだよ・・・。)

到着~!絶景の中、新郎トレステンがおりました。

新郎
写真中央、新郎。


さて、式が始まり。自分で作ったウェディングドレスに身を包んだ新婦、レベッカが新婦の父親に手を引かれてやってきます。

新婦
新婦父&新婦。


さぁ、新郎新婦2人が絶景をバックに並び、最高のシャッターチャンス!という所で私のデジカメの電池が切れ。私も心の中でぶち切れ。泣く泣く写真を撮ることを諦めて、この素敵な2人の結婚式を自分の目に焼きつけることに。トレステンとレベッカらしい、すばらしい式でした。

レセプション(披露宴)の様子はまた~後編~で。
Posted by 親分
comment:0   trackback:0
[アラスカ
アラスカンな結婚式~前編~
土曜日、キヨシ君とサブ子と共に友人の結婚式に出席してきた。新郎トレステンはキヨシ君の大学1年生時代からの友人で、一緒の寮で過ごしたこともあるとか。彼と新婦のレベッカとの付き合いはキヨシ君が私と出会うちょっと前から始まったらしい。ということで、私もアラスカへ来てキヨシ君と付き合いだして以来、この2人にはいつも仲良くしてもらってきた。今、2人は野生動物管理学科の学士号を取っていて(彼は北極熊の研究、彼女は鳥の研究をしている。)、長いこと水道も電気もないところで犬と暮らしている。

トレステンは私達の結婚式ではグルームズマンを務め、レベッカは私の投げたブーケをキャッチした張本人。この2人がとうとう結婚を決めたと聞いて、キヨシ君も私も喜んでいたのだ。「あの2人のことだから、普通の結婚式でないことだけは確かだね。」とキヨシ君と前々から言い合っていたのだが・・・。

思った通りでした。

詳しい式当日の様子は、長くなるので明日UPしたいと思います。

正装のサブ子
結婚式出席のため、一応「おめかし」したサブ子。
でもおしゃぶりは外せない・・・。

Posted by 親分
comment:2   trackback:0
[アラスカ
mizさんから・・・
mizさんの日記を開いてしまったばっかりに。。。

<強制バトン>だそうです。『見た人はすぐやるバトン!』 初めて受け取ったバトンですが、頑張って答えてみたいと思います。何しろ、「強制」らしいですから。mizさん、これ、答えなかったらどんな恐ろしいことが待っているのでしょうか?

●今、どこに居る?
自宅、ベッドルーム。

●今、一番近くに誰が居る?
イニュー(足元で寝てる)、サブ子、キヨシ君(後ろのベッドで寝てる)

●今 どんな服装?
長袖Tにコーデュロイのパンツ。もうのびのびパンツはやめたのよ!

●今、何食べたい?
くるまやラーメンの味噌バターコーンラーメンと餃子一枚。ひとりで全部食べたい。

●今、何飲みたい?
別に・・・。キヨシ君が常に「水分を取りなさい」とうるさいので、はっきり言って飲まなくていいならあんまり飲みたくない。

●今、真後ろには何がある?
ベッド。

●今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?
ひよこのねじ巻きおもちゃ。(キヨシ君がこんな髪型にしたら?と言った、例のあれです。目の前にある。)

●今、誰に会いたい?
元同僚であり、先輩でもあったTさん。

●その人に今伝えたいことは?
退職ではなく、他病棟への移動を決めたそうで本当に良かった!あの頃の気持ちを取り戻して、また新しいフィールドでナースの仕事を楽しんでほしい。(ついさっきそういう内容の手紙を書いて封をしたばかりなのです。会えるものなら会いたいんだけどな~。)

●今一番歌いたい曲は?
歌いたくない。(キヨシ君がいつも「何か歌うたって!」とうるさいので。)

●今頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞は?
「えっ?そんなこと聞かれても。」

●今の体調は?
お疲れ気味です。

●今どんな気持ち?
あやふやな気持ち。

さぁ、これを読んでしまった人。「強制」らしいですからね。
Posted by 親分
comment:3   trackback:0
[バトン
日本からの小包
日本の母から小包が届いた。主に日本食。これが一番うれしいのだ!色々入っていたのだけれど、その中から私が特にうれしかったもの4つ。

小包の中身ベスト4①卵焼き用フライパン。(こちらでは手に入らない。)
②味噌(こちらでも手に入るが、美味しくない。)
③たくあん(こちらでは手に入らない。)
④キュウリのキューちゃん(昔からの大好物。これさえあればご飯何杯でもいける。)

余談だが、小包の中に入っていた「フルーチェ」のパッケージに、「フルーチェグッズ当ててミルク?実施中!応募してね!」と書かれていた。久々にこういう日本の駄洒落を聞いたなぁ。

ところで、海外に小包を送るときに記入しなければならない税関のためのラベル。「内容品の詳細な記載」という欄に何がどれだけ入っているかというのを英語で記載しなければならないのだが、日本の母から小包が届く度、これを読むのが実は私の小さな楽しみだったりする。今回のヒット。

Tee →恐らくTeaのことでしょう。
seesoning →恐らくseasoningのことでしょう。

お母さん、いつもありがとう。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[日々のこと
友人の訪問
昨日、同じ町に住むナンゴさんとその次男君が遊びに来てくれました~。私はサブ子の出産前からちょくちょくナンゴさん宅にはお邪魔していたのですが、ナンゴさん達がうちに遊びに来てくれるのはこれが初めて。

ナンゴさんは最近パナソニックのブレッドマシーンを手に入れたばかりで、さっそくそれで焼いたシナモンレーズンブレッドを持ってきてくださいました!私の大好きなシナモンの香りがきいていて、みみも全然固くないしふわふわ・・・。私はこつをつかむまでに結構かかったのに、ナンゴさんは最初から美味しいパンを焼けていてびっくりしました。パナソニックのマシーンのせいかな・・・。いや、ナンゴさんの「腕」ですよね、「腕」!(笑)

ナンゴさんと私がパン焼き話に花を咲かせ、お互いの夫の仕事の話(ある意味、似たようなことをやっている。)に花を咲かせている間、1歳の次男君は自分のおもちゃで遊んだり、サブ子やイニューと遊んだり。いつもは結構シャイな次男君なのに、私の太ももに抱きついて来たりとかなりリラックスした様子。(お母さんと間違えただけだったのかな?)「ベイビー」に興味津々な次男君。サブ子の面倒を見てくれようとして、おしゃぶりをサブ子の口からすぽっと取り上げ、もう一度あげようとぐいぐいとサブ子のホッペや目のあたりに押しつけてみたり(うまく的が定まらない様子。)、サブ子の座っている椅子をぐらぐら乱暴に動かしてみたりして(さすが男の子!)、ヒヤヒヤ気味のナンゴさんに「や・さ・し・く!って言ってるでしょ!」と何度も注意されていましたが、(笑)私は実はそんな様子をわくわくしながら見ていました。サブ子はいったいどんなリアクションをするのだろうと。

・・・サブ子、笑って喜んでました。(爆)「こんな遊び、初めて!」とでも思ってたんでしょうか、目をいっぱいに見開いてキョロキョロ次男君を追いかけたり。いや~、面白かったですね。この2人の様子!私が4月に職場復帰したらデイケア通いになるサブ子。実は「こんなに早いうちからデイケア通いだなんて可哀想だよな・・・」なんて心配もしてたんですが、次男君に遊んでもらって大喜びしているサブ子を見ていたらちょっと気が楽になりました。家族以外のよその人とのふれあい、って、サブ子にとっては実はすごくプラスなことなのかもしれないな、と。

そしてイニューと次男君。これもかなり面白かった。うちにはめったにお客さんが来ないので大はしゃぎのイニュー。次男君に飛びかかったりしないといいけど・・・とちょっと心配していたのですが、次男君に「よしよし」とバンバン顔を叩かれても目をぱちぱちしながらあまりのうれしさに鼻息を荒くして次男君を追い掛け回し、匂いをクンクン嗅いでおりました。これが大人だったら、「遊んで!遊んで!」と飛びかかったり、腕やこぶしを軽く噛んだりすることもあるイニューなのだけれど、やっぱり子供相手だと一応加減するんですね。感心。しかしお客さんをベロベロ舐めるのだけは本当に止めて欲しいんですけど・・・。しつけがなってなくてどうもすみません。次男君も、巨大なイニュー(しかも見た目怖そうだし。)を怖がるかと思えば全くそんなこともなく、「わんわん!わんわん!」と喜んで遊んでくれておりました。あっぱれ!

そういうわけで、思う存分次男君に遊んでもらったサブ子とイニュー。ナンゴさんと次男君が帰ってしまった後は、姉妹2人(ひとり&1匹?)そろってすやすやお昼寝。よっぽど楽しくて興奮したのでしょう。良かったね!いや、そういう私が実は一番楽しんでたりするんですが。

ナンゴさん、次男君、ぜひまた遊びに来てくださいね!

お疲れのイニュー
お疲れのイニュー
Posted by 親分
comment:2   trackback:0
[日々のこと
4ヶ月健診
ちょっと早めの4ヶ月健診に行って来ました。すべて順調、健康そのもの、との結果。体重5896グラム、身長61.5センチ。サブ子も大きくなったものです。

今回も予防接種の為に太ももをブスリと3度も刺されて怒り心頭のサブ子。クリニック中に響き渡る大声で泣き叫び、待合室で「あの泣き声の主はあなただったのね。」と皆に声をかけられておりました。

サブ子
「だって痛かったんだもん。」

Posted by 親分
comment:14   trackback:0
[子育て
イラク戦争3周年
イラク戦争が始まってとうとう3年という月日が流れてしまいました。

こうして、私がパンを焼いたり、キヨシ君とどんなマイホームを建てようか、と相談したり、サブ子のうんこが出ただの出ないだのと一喜一憂したりしている間にも、イラクでは毎日人が死んでいるわけです。イラク人、アメリカ人含め。

イラク戦争の意味については、人それぞれに色々な見方があるだろうし、それに対してどうこう言いたいわけじゃない。

ただ、戦争という手段を使うことだけは、それだけは絶対に間違っている、と私は思うのです。人を殺すということを、どんな理由であれ、正当化して良いはずがない、と。

私はアメリカという国が好きだし、アメリカ人が好きなのです。だからこそ、このアメリカがしかけた戦争、過ちを一刻も早く終わらせて欲しい。そう願って止みません。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[日々のこと
後頭部ハゲ
来ました、来ましたよ~。見事な里芋頭に、後頭部ハゲ!

最近、すごい力で頭を左右にずりずり擦るので、すっかり10円ハゲが出来たサブ子です。

ハゲサブ子
ちょっと見えづらいけど・・・。
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[子育て
モラセスパンのレシピ
たまちゃんから教えてもらったのをきっかけに、昨日作ってみて美味しかったモラセスパン。キクさんからレシピを教えて欲しい!とのリクエストがありましたので、私の「クイジナートブレッドマシーン」用アレンジ版レシピ(Meduim Size、 1 1/2lbs.用)を公開したいと思います。(たまちゃん、OKしてくれてありがとう~。)

材料:
牛乳(人肌程度に温める) 1カップ
バター(室温)        大さじ1 1/2
塩               小さじ3/4
モラセス           大さじ2
全粒粉            1 1/2カップ
強力粉            1 1/2カップ
ドライイースト        小さじ2 1/4
レーズン           1/2カップ
クルミ             1/2カップ

作り方:
①レーズンとクルミ以外の材料をマシーンに入れ、Doughサイクル、Mediumサイズ、Mix-inオンにセットし、スタート。
②Mix-inブザーが鳴ったら、塩水で戻しておいたレーズンと、荒く刻んだクルミを入れる。
③マシーンの終了ブザーが鳴ったら、生地を取りだして12個に分け、卵型に形を整えて天板の上で再び30分ぐらい発酵させる。この間にオーブンを350Fに予熱しておく。
④成形した生地に全粒粉をまぶし、ナイフで3ヵ所斜めに切り込みを入れた後にオーブンに入れ、15~20分ぐらい焼いたら出来あがり。

※キヨシ君が甘いのがあまり好きじゃないので、モラセスの量をたまちゃんのオリジナルレシピ(大さじ4)よりもだいぶ少なくしてありますが、私的にはもうちょっと入れた方がもっと黒糖の味がして良いかも、と思いました。

作ってみた方、感想お願いします!
Posted by 親分
comment:2   trackback:0
[パン作り
モラセスパン
モラセスパンたまちゃんから教えていただいたレシピをベースに作ってみたモラセスパン。たまちゃんオリジナルのレシピに、クルミとレーズンを加え、粉は強力粉と全粒粉を半々ぐらいにして作ってみました。

こういう素朴な味、キヨシ君も私も大好きなんですよ!

たまちゃん、ありがとう!
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[パン作り
親友、アンジー
アンジーから”Miss Ya”とメールがあった。彼女はうちの病棟では私が一番仲良くしているナースだ。かなり年下なのだが、仕事も出来て、人当たりも良く、すでに管理職街道を登り始めている。趣味はオートバイ&スノーマシーンライド、そしてNASCAR観戦。そんなアンジーと、なぜか私。私が「そんな排気ガスをバンバン出して、環境に悪そうなもんには乗りたくない。」と何度言っても、「アラスカに住んでいるのにスノーマシーンに乗ったことがないなんて!うちのマシーンに乗せてあげるから!」としつこく誘ってくる彼女。「日本ではトイレットペーパーローリングをしないのか!」とか「日本ではピーナッツバター&ジェリーサンドイッチを食べないのか!」とか、そんなことにいちいち驚き、面白がっている彼女。キヨシ君も、そんな私と正反対なアンジーが何故私といつもつるんでいるのか、良くわからない、という顔をする。

趣味は正反対でも、なぜかウマが合う、ということはある。そして彼女と私にだって共通点がないわけではない。それはDementia(痴呆症)看護が好きだということ。同僚達が「もうあの患者さんは持ちたくない。」とギブアップした患者さんの受け持ちはいつもアンジーか私の所に回ってくる。私達はそうして一緒に受け持つことになった患者さんの話でいつも盛り上がっているのだ。彼女はよく「長生きの秘訣」を高齢の受持ち患者さんから聞き出し、逐一私に報告してくれる。(笑)

そして彼女も子持ち。2歳になるめちゃくちゃハンサムな男の子、デイビッドがおり、現在第二子(これまた男の子)を妊娠中。彼女は「大きくなったら、うちのデイビッドとサブ子をくっつけよう。そしたら私達は本当のファミリーよ!」とワケのわからないことを言っているが、それを聞いたキヨシ君は、「デイビッドだけはダメだ!サブ子をオートバイやスノーマシーンに乗せて連れまわすぞ!」と今から影で心配している。

サブ子&アンジー

アンジーに抱っこされたサブ子。
Posted by 親分
comment:3   trackback:0
[ナースのお仕事
Barnes&Noble
フェアバンクスに、とうとう大型書店、Barnes&Nobleがやってきた。火曜日がグランドオープニングだったらしいのだが、キヨシ君は去年からこの日を待ちに待っていたのだった。一昨日、キヨシ君の帰宅後に家族そろって早速初来店。

本好きなキヨシ君が、アンカレジのとある本屋さんで、妊婦の私を6時間も待たせたのは記憶に新しい。今回はいったいどんだけ待たされるんだろう、と思っていたのだが、意外にもたったの4時間で「帰ろうよ~!」という私の誘い(命令?)に「OK」が出た。どうやら、「いつでもまた行ける場所」にあるから、らしい。

ペットショップと図書館に加え、キヨシ君の市内お気に入りスポットがまた一つ増えたようだ。

てるてるサブ子
換気中の我が家にて。
今日は「みの虫」じゃなくて、「てるてるサブ子」にされてます。
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[日々のこと
ピザ生地のレシピ
ピーナッツバター食パンのレシピを教えて下さったちびさんへ、お礼に昨日作って大成功だったピザ生地のレシピをここにUPしたいと思います。ブレッドマシーンを持っている皆さんも、興味があったらぜひ作ってみてくださいね!

生地の材料:
ぬるま湯 1 1/3カップ
砂糖 小さじ2
塩 小さじ1 1/4
オリーブオイル 大さじ2
コーンミール 大さじ2
小麦粉(強力粉じゃありません。できればUnbreachedのヤツを。)2カップ
全粒粉1カップ
ベーキングパウダー 小さじ1
ガーリックパウダー 小さじ1/4
オニオンパウダー 小さじ1/4
(お好みで)乾燥バジル少々
ドライイースト 小さじ1 1/2

作り方:
①材料をすべて焼き型に入れ、Doughサイクル、Mediumサイズ(1.5pounds)にセットし、スタート。
②生地を取りだし、空気を抜いてから、生地をボールの形にまとめる。
③台の上に少しだけ打ち粉をし、その上でボールの真ん中に親指の付け根を使ってくぼみを作り、そこから外に向かって生地を伸ばしていく。
④ある程度広がってきたら、イタリアピザ職人のように生地を横にし、空中に放り投げて伸ばせる人はそのように。(笑)私のように出来ない人は、生地を体の前に持ってきて、縦に持つ。両手で生地の端を挟み、手の位置を少しづつ移動させながら、重力を使って生地を伸ばしていく。(わかるかな~???)
⑤生地をオリーブオイルを薄く塗っておいた天板の上にのせ、10分間休ませる。
⑥生地全体にオリーブオイルを薄く塗り、その上からピザソースをごく薄く塗り、400Fのオーブンで5分間焼く。
⑦生地をオーブンから取り出し、オーブンの温度を425Fに上げる。その間にピザソースと好きなトッピング、チーズを乗せ、オーブンに戻して12~18分焼いたら出来あがり。

※ちょっと面倒ですが、味が違います!
※※全粒粉がないときは小麦粉だけでも大丈夫。ただし小麦粉だけで作る時は、水分の量をちょっと減らすか、粉の量をちょっと増やしてください。
Posted by 親分
comment:2   trackback:0
[パン作り
母乳の出~その後~
昨日の私の日記「母乳の出が・・・。」を読んだ実家の両親は、このような会話を交わしたそうであります。

父:「しかだねーっちゃ。ばばあなんだがら・・・」
母:「しかし,本当だとはいえ,はっきり言うね~!」

・・・。会った事すらない、すぬこさん、キクさん、そしてたまちゃんが「心配することないよ!それはおっぱいの需要と供給のバランスが取れてきて、本当に必要な分しかおっぱいが作られなくなった、っていう証拠だから!」という暖かいコメントの数々を残して励ましてくれたというのに、実の親がこんな発言をしているというのはいったいどういうことでありましょうか。

悔しいのでネタにしてやりました。31はまだババアじゃないんだよ!

ちなみにうちの父はれっきとした道産子ですが、宮城暮らしが相当長いため、すっかりズーズー弁が板についてしまっております。母がアラスカから日本に帰る時、お土産に、とズッキーニブレッドを焼いて持たせてやったのですが、それを食べた父は「ズッチーニパン、うめがったね!」と何度も言っていたそうです。お父さん・・・。美味しく食べてもらえたのはうれしいけど、「ズッチーニパン」って・・・。

なぜかいっつも困り顔

「おっぱい・・・。」
Posted by 親分
comment:3   trackback:0
[子育て
ピーナッツバター食パン、手作りピザ
ピーナッツバター食パン今日はいよいよちびさんに教えていただいたレシピ、ピーナッツバター食パンに初挑戦。作り方はシンプルなのに、すご~く美味しく出来てびっくり!ピーナッツの香ばしさと、ほのかな甘さがなんとも言えないのだ。焼き立てふわふわのところを、キヨシ君と「美味しいね!」「美味しいね!」と言いあってもぐもぐ食べた。(笑)ちびさん、ありがとう!


ピザそして夜。またまたブレッドマシーンを出してきて本日2度目の使用。今度はサブ子のお食い初めの日に初めて作って失敗に終わったピザ生地に再挑戦だ。レシピも焼き方もネットで色々探して、良さそうなのを自分なりにちょっとアレンジ。オニオンパウダーと乾燥バジル、コーンミールが入っている。トッピングは玉ねぎ、ピーマン、トマト、オリーブ、アーティーチョーク、マッシュルーム、そして大量のチーズ。キヨシ君の「ベジタリアンピザでお願いします。」という希望に添ってあげてみた。生地の伸ばし方も焼き方のこつも今回は予習済みなので気合が入る。そして出来あがりは・・・。大満足~。ふわふわモチモチで香りのいいクラストに仕上がったのだ!うれしい・・・。

・・・やばいほどブレッドマシーンに狂っている今日この頃です。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[パン作り
母乳の出が・・・。
これまで、すごい勢いで出ていた母乳。出すぎて、サブ子がおぼれそうになってむせたりするので搾乳して冷凍したり、イニューにあげたりしていた。(←だって捨てるのもったいないし・・・。栄養満点だからいいかな、と思ったのだ。これで、「私は犬も母乳で育てました。」って言えるかな・・・。)

ところが。

2~3日前から、急に出が悪くなってしまったのだ。特に何も変わったことなどしてないのに・・・。慌ててもっと頻繁に搾乳してみたり、牛乳を飲んでみたり、水分をたくさんとってみたりしているのだが、あまり効果がないようだ。こんなことなら、絞った母乳をイニューになんてやらずにすべて冷凍保存しとくんだった!と舌打ちをしているのだが、時すでに遅し。

もうちょっと様子を見てみるつもりではあるけれど、最悪このまま出なくなっちゃったら粉ミルクに変更するしかないのかなぁ~、と。母乳だけで育てたいと思ってたんだけどな~。なんか、ショック・・・。

何かアドバイスがある先輩ママさんがいらっしゃいましたら、どうぞコメントお願いします。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[子育て
マイホーム建築計画
思い起こせば2年前。(ん?3年前か?もうわからなくなってきてる・・・。)フェアバンクス郊外の田舎に5エーカーの土地を購入し、さぁ、夢のマイホームを建てるぞ!と意気込んでいた私。

「マンダラホーム(カナダの小さな会社が建てる丸いお家)がいい」と言ってはキヨシ君に「良く調べたんだけど、あの構造、特に屋根の構造がアラスカの極寒地には適さないみたいだからダメ」と却下され、「じゃぁ丸いお家じゃなくてもいいから、ログハウスがいい」と言っては「良く調べたんだけど、ログハウスは断熱効果がどうしても普通のフレームハウスに比べると落ちるみたいだからダメ」と却下され、「じゃぁログじゃなくてもいいから、リビングは大きな窓をど~んと入れて、2階と吹き抜けにしよう」と言っては、「良く調べたんだけど、大きな窓を入れたり、リビングを吹き抜けにすると家の強度と断熱効果が下がるみたいだから、ダメ」と却下されてきた。

・・・もう「良く調べ」ないでください。

「じゃあ、キヨシ君はどんなお家が建てたいの?!いつになったらマイホームが建てられるの?」と半ば切れ気味に聞いた私に、彼は即答。「環境にやさしい、必要最低限のものだけ取り揃えられた、省エネハウス。」

キヨシ君は、ダンゴムシの観察日記をまめに自分のコミュニティーにUPする傍ら、「どうやって最高の省エネハウスを建てるか」ということについて現在猛勉強中だ。アラスカ大学のCooperate Extension Serviceがオファーする「省エネハウス」についてのセミナーや勉強会に積極的に参加したり、自分で図書館にこもり、省エネハウスについての本を読み漁ったり、専門家にコンタクトをとりまくったり・・・。

彼が何か大きな決心をするとき、とことんそれについて学び、納得するまでは絶対に動かないのを知っているので、私も腹をくくり、「ま、焦って彼をせかしても無駄だし、彼に任せておけば本当に省エネハウスが建つだろう。」ぐらいに思って気長に待つことにした。丸いお家もログハウスも大きな窓も吹き抜けもあきらめた。

イライラすることもあるけれど、こういう点はキヨシ君はすごいよなぁ、と関心したりもする。ANWR(北極圏自然保護区)を石油開発の為に開けよう、とやっきになっているブッシュやアラスカ知事のことを「バカじゃないの!誰もアラスカの自然保護のことなんて考えてないんだから!」とけなす私だが、じゃぁ自分がその問題について具体的にどう考えているか、石油の代りとなる資源使用についてなにかアイディアでもあるのか、実際にその問題について自分なりにどう取り組んでいるのか、と問われたら、はっきり答えることができない。

キヨシ君は違う。彼はガソリンを使いたくないが為に、車に乗るのは極力控えるし(出来る限り自転車か徒歩。)、電気はこまめに消すし、電化製品のコンセントまでちょくちょく抜くし、使える、使えない、に関わらず「リサイクル」と言って物を絶対に捨てないし(苦笑)、「自分にできることから」省エネに取り組んでいる。そういえばガソリンではなく、植物油で走る車、というのを本気で作ろうと勉強していたこともあったし、常に節水に気を付けている彼は、夏のある日、大雨が降りだした途端に素っ裸になってシャンプーと石鹸を持って外に飛び出して行き、頭と体をごしごし洗って私を唖然とさせたこともあった。とにかく、彼の意見には行動が常に伴うのだ。(極端な行動に出ることもあるので他人はびっくりするが。)

そんなキヨシ君が建てる省エネハウス。気長に、楽しみに、待ってみようと思います。
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[夢の省エネハウス
コミュニティー
maqista君と奥さんのchikaちゃんにお誘いいただいて何気なく参加してみたmixi。かなりはまって、実は自分でコミュニティーまで立ててしまった。「海外で頑張る日本人ナース」というコミュなのだけれど、なんと現在参加者150名。すごい。世界中で活躍する日本人ナース、もしくは海外で働くことを夢見る日本人ナースとこうして気軽に情報交換が出来るというのはすばらしいことだと思う。まぁネット上でのことなので色々と気を付けないといけないこともあることにはあるのだが、今の所メンバーさん達が情報交換の場として大いに役立ててくれているようなので、管理人としても喜ばしいことだと思っている。

さて、実は私がこの「海外で頑張る日本人ナース」を作成する前から、キヨシ君は自分のコミュニティーを立てて地味~に活動中なのだ。(もちろんmixiじゃありません。彼、日本語、ダメなので・・・。)その名も、「ダンゴムシ」。参加者、管理人のキヨシ君含め現在3名。いるんだな、キヨシ君のような千石博士が、海外にも!昨日、そのメンバー第3号がめでたく参加となったらしく、キヨシ君は大興奮・・・。その第3号のメッセージを私も読ませてもらったのだが、「まさかこんなコミュニティーが存在するとは夢にも思わなかった!このコミュニティーを見つけた時の僕の興奮をどうして表してよいかわからない!Awesome!」らしきことが書かれてあり・・・。

いつも「キヨシ君のダンゴムシのコミュ、今参加者何人?うちは100人超えたよ!」などと私に嫌味を言われ、悔しがっていたキヨシ君なのだが、「うちのダンゴムシのコミュニティーだって少しづつ大きくなってきてるよ!」と昨日は鼻の穴を大きくしていたのでありました。

オタクめ。
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[日々のこと
母とナイサーダイサー
2月に母が初渡米、アラスカの我が家に2週間滞在していた間、母のお気に入りのテレビ番組は「テレフォンショッピング」だった。英語がわからなくても内容がわかるからだろう。

そんなある日、サブ子を抱っこし、カウチに座る母の目はテレビ画面に映る「ナイサーダイサー」なるもの(これ)に釘付けに。「あら、これいいね。」「あら、これ便利。」しばらくひとりでつぶやいていた母がくるっと私の方を向いて一言。「お金払うから、これ買って!2つ!~~(私の妹)にもあげたいから。」

私は嫌~な予感がした。実は私もこっちに来てから一度だけテレフォンショッピングで買い物をして大失敗したことがあるからだ。(買った物→これ)「辞めた方がいいよ、私も前にこういうので買ったらとんでもない粗悪品が送られてきてひどい目にあったことがあるよ。」という私の忠告も聞かず、母は「いいの!お金は私が払うから!2つ!」としつこく繰り返す。

母のあまりに自信満々な様子と、"CALL NOW!"と叫んでいるテレビを前に、つい私は「じゃあ、ひとつだけ買ってみて、もし良かったらもうひとつ後で買って送ってあげるから。」と言ってしまった。母は「そうしよう。あ~楽しみ。これで玉ねぎのみじん切りも簡単!涙も出ないよ!」と大喜び。

で、母も帰国し、そんな話も忘れた頃にようやく届いたナイサーダイサー。さっそく日本に送ったのだが、昨日、「届きました。」と母からメールあり。以下、母からのメール一部引用。

大喜びでおじい(私の父)に色々自慢げに説明したら「俺も切るとき見たい」って言うので夕食後、おもむろにテーブルに細かい方のナイサーダイサーと皮をむいた美しいたまねぎ!セットして、「じゃあ、やるよー!」っと力をいれて押した!・・・・・けど、え?もう一度力をいれて、えいっ!っと押しても・・・・・少し、たまねぎちゃんが頭,つぶれた?ッて感じ?

(そんな~・・・・・・)結局,三分の一くらいしか切れなかった。テレビと違うじゃ~ん!しかも,途中で切れずにダイサーにつまったままのたまねぎを取ろうとして自分の指,血出したりして!最悪!!


やっぱり・・・。2人して「アメリカのテレビって嘘つきだなー!」という結果に落ち着いたらしいのだが、2つも注文しなかったのがせめてもの救いだよ。
Posted by 親分
comment:7   trackback:0
[日々のこと
みの虫サブ子
3月に入ってからも、マイナス30℃ぐらいまでは平気で気温が下がるフェアバンクス。日中でもマイナス20℃前後の日々が続いている。外がそんな気温でも、掃除機をかける時なんかはやっぱり換気をしたいというもの。

そんな時、ドアが開け放たれた我が家の居間で、サブ子はこの様にぐるぐる巻きにされてます。

みの虫サブ子

Posted by 親分
comment:8   trackback:0
[アラスカ
卵食パン?
なんだか「親分のパン焼き日記」とでも題名を変えたらいいんじゃないかというぐらい毎日パンのことばっかり書いてますが。今日も懲りずに焼きました。ブレッドマシーンが届いて以来連続8日間、毎日パンを最低1斤は焼いてます。下手すると1日2回も焼いてます。(←もはや病気・・・。)はまると、とことん熱中するタイプなのよね・・・。まぁ今月いっぱいで産休も終わり、4月からは職場復帰予定なので、3月中に思う存分パンを焼いておこうと思ってます。

今日、挑戦してみたのはネットで見つけたレシピ、Bread Machine Challah(卵食パン?)です。作り方はこちら→http://bread.allrecipes.com/az/BreadMachineChallah.asp

例の「イーストを最初に膨らませ、塩を最後に入れる」というテクを使ってみたら、やっぱりふわふわに!バターと砂糖と卵が入っているせいか、結構早めにいい焦げ色がついてきたので、マシーンを8分早めにストップ。(もうちょっと早めに止めても良かったかも・・・。)みみはさくさく、中はふわふわのほんのり黄色い食パンが出来ました。カロリー高そうだけど・・・。

challah1challah2
Posted by 親分
comment:0   trackback:0
[パン作り
お食い初め
今日でサブ子は生後100日目。鯛の尾頭付きなど手に入らないので、なぜかピザでのお食い初めとなりました。(いや、ただ単にうちのブレッドマシーンにはピザの生地を作れる機能があるのでそれを試したかった、というだけの話なんですが・・・。)

お食い初め

手作りピザのお味のほうは、と言いますと、それが期待したほどでは・・・。(笑)クラストが”ふわふわモチモチ”に仕上がらなかったのです。まだまだ修行が足りないな・・・。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[子育て
リベンジ!生クリーム食パン
kimさんに教えていただいたレシピサイトを参考に作って大失敗に終わった生クリーム食パン。その後、私と同じ型のブレッドマシーンを持つすぬこさんとキクさんがそれぞれに工夫をこらしてなんとか成功させたとのこと。

これには私も触発されましたね!(笑)「そうか!失敗したからと言って、泣き寝入りしてすぐに他のレシピを探すのではなく、自分で失敗の原因を考えて、分量を変えてみたり、手順を変えてみたり、違う方法を編み出して再挑戦すればいいんだ!」と。で、ちょっとパン作りの基本について勉強してみました。その結果、すぬこさんとキクさんのアドバイスも参考に自分なりに編み出した「生クリーム食パン」レシピ。恐る恐る作ってみたら・・・。こうですよ。

生クリーム食パン


ふわふわ~。みみも固くなく、さくさく~。製作過程中も、マシーンの中でも生地がきちんとまとまるし、うまく発酵して焼き型いっぱいに膨らむし、味も抜群にうまい!ちなみに一晩経った今朝食べてもふわふわでした。ここで、これまで私に貴重なアドバイスを下さった皆さんへ恩返しの気持ちを込めて、レシピを公開したいと思います。(んな、大げさな!笑)

生クリーム食パン

材料
ぬるま湯(人肌)   1カップ
砂糖          大さじ3弱
ドライイースト    小さじ1 1/2
無塩バター      大さじ3 3/4
生クリーム      大さじ3
強力粉         3カップ
塩            小さじ1 1/4

作り方
①パンの焼き型にぬるま湯を入れる。そこに砂糖、ドライイーストを振り入れ、イーストが活発化するのを10分間待つ。
②室温程度にやわらかくしたバター(またはレンジで少し温めたバター)と、生クリームを加える。
③その上から強力粉をそっと入れる。
④強力粉の山のてっぺんにくぼみを作り、そこに塩を入れる。
⑤White Bread、Mediumサイズ(1.5 lb.)、Light Crustセッティングで焼く。

うちの量り、全然あてにならないので(笑)、量りがなくても作れるようにすべて計量カップと計量スプーンで計量出来る様にしてみました。(ちなみに1カップ=250ccです。日本だと1カップ=200ccなので気を付けて!大さじ、小さじの分量は日本もアメリカも一緒みたいですが。)すぬこさんもおっしゃっていましたが、砂糖はイーストの発酵を助ける働きをするそうで。なので普通は最後に入れるはずのイーストを、最初にお湯と砂糖でまず活発化させる、ここがポイントです。(←得意気。他のレシピからやり方パクったくせに。笑。)粉はキクさんのアドバイスにしたがってちょっとだけ多めに。そして前回生クリーム食パンを作って失敗した時にはちょっと塩の味が強すぎるように感じたので、塩は少なめにしてみました。(イーストは塩と接触すると死んでしまう為、必ず最後に塩を入れます。)そうそう、これはここ一週間パンを作り続けてようやく気付いたのですが、うちのマシーンではSmallサイズよりもMediumサイズの分量で作ったほうが生地がうまくまとまりやすい。砂糖やバターが入っているとこげやすいので、焼き加減はLightで焼きます。

どうでしょう、皆さん・・・。もし試された方がいたら、ぜひ感想を!
Posted by 親分
comment:6   trackback:0
[パン作り
座り寝
カウチに座らせると寝るサブ子。

sabuko6sabuko7

Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[子育て
スイスパン
キクさんから教えていただいた「スイスパン」(レシピはリンクを貼ってあるキクさんのブログ、How was your day? 参照)、昨日挑戦してみたら・・・。

激ウマでしたよ。

マシーンでも生地が完璧にまとまるし(レシピによっては粉と液体が完全にまとまらないことがある。焼き型の上の方にちょっと粉が残ったりとか。)、イーストもうまく発酵してふわふわに膨らむし、牛乳とバターが入っているせいか、すごく香りもいいし、三つ編みに形を作るのも楽しいし。我が家のお気に入りレシピに仲間入り決定です。

こんな感じ。オーブンに入れる前と、焼き上がり。大成功でした。(キクさんから見たら、「ちょっと違うんだけど・・・」と思われるかも、ですが・・・。笑。)

オーブンに入れる前焼き上がり


焼き立てももちろん美味しかったけど、今朝厚切りにしてちょっとトーストしてバターをたっぷり塗って食べたらこれまた絶品でした。キクさん、ありがとう~!!!
Posted by 親分
comment:5   trackback:0
[パン作り
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。