アラスカ、フェアバンクスで暮らす、親分とその子分達(キヨシ君:夫、サブ子:娘、栄作:息子、そして飼い犬 Maxine) の日常を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 親分
 
[スポンサー広告
Rosie Creek Farm CSA
我が家のご近所さん、Rosie Creek Farm の CSA(Community Supported Agriculture) シェアホルダーになって今年で2年目。シーズンはじめにまとまったお金を払い、夏の間1週間に1度新鮮野菜をもらえるというシステムだ。

去年はこれで、見たこともなかったような野菜を沢山覚えた。今年も日本のカブ(こちらでは Salad Turnip という)や、白菜や、青梗菜、にんにくの芽などの懐かしいアジアの味に加え、Swiss Chard や Escarole (ちょっと苦味のある、巨大なレタスのような野菜)や、Kale や Kohlrabi などの、昔はなじみが浅かったけれど今となっては我が家のお気に入りとなった野菜達もたくさん手に入る。

毎週火曜日の午後に家族で農場に行き、良く陽に焼けた Mike (農場のオーナー)や若いインターン達がその日収穫した野菜をたんともらってくる。毎週届くニュースレターを読んでいると、オーガニック栽培というのがいかに大変な仕事であるのかがわかる。雨の中、毎日毎日草むしりに励んで指に水ぶくれまで作りながらも「夢のある農業」に熱心に打ち込んでいるMikeや若者達。彼らと世間話をするのも週に一度の楽しみなのだ。(子ども達は農場の鶏を見ることのほうを楽しみにしているが。)

ところで去年の夏もブログで話題にした Kohlrabi。職場の友人(チャイニーズカナディアン)に「中国ではスープに入れて食べるよ。美味しいよ。」と教えてもらい、中華風の玉子スープにわかめやらねぎやらと一緒にサイコロ状に切った Kohlrabiを入れて調理してみたら、これがとんでもなくうまかった。ちょうどキヨシ君のご両親が滞在していた間に作ったのだけれど、皆が「これ、作って農家のスタッフに食べさせなよ!絶対喜ぶよ!」とけしかけられ、どうせならスープだけじゃなくてお昼ご飯フルメニューを作って参上しようということになった。

スタッフ7人分のランチを作り、お昼休みに子ども達と農場を訪れる。Kohlrabiとわかめの中華風玉子スープに加え、ズッキーニとマッシュルームのキッシュ、グリーンサラダ、焼きたてのパン、そしてデザートにブルーベリーとメロンを。泥だらけの7人が手を洗ってやってきてセッティングの済んだランチテーブルに大喜びする様子を見届けて帰ってきた。自分達が汗水たらして作った野菜がたっぷり入ったランチメニュー、楽しんでください、という思いを込めて。

スタッフには中華風 Kohlrabiスープが特に大好評だったようで、翌週のニュースレターには当日のランチの様子と Kohlrabiスープのことが取り上げられていた。作り手と買い手がこうして直接つながる農業。Mikeと若いスタッフ達にこれからもがんばって欲しい、と思いながら今日も新鮮野菜を調理してもりもり食べる。

Kohlrabiスープ以外の今年の我が家のヒット:
Swiss Chard とたまねぎをオリーブオイル、にんにく、バターで炒め、塩コショウ、レモンをしてからパルメザンチーズを削って食べる。(ネットで調べたレシピ)
Escaroleをくし型に切り、オリーブオイルをしてオーブンで焼き(!)、バルサミコ酢とブルーチーズを振りかけて再びオーブンに戻し、ブルーチーズが少し溶けたところを熱々で食べる。(ニュースレターで紹介されていたレシピ)
スポンサーサイト
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[エコライフ
CSA(Community Supported Agriculture)シェア
我が家から歩いて15分ぐらいのところにあるオーガニック農場、Rosie Creek Farm。今年から私達もCSA(Community Supported Agriculture)シェアホルダーになりました。春に一夏分のシェア、400ドルを払い、6月半ばから秋口まで、週に一度新鮮野菜をもらえるというプログラムになっています。小さくやっている個人農家にとって、シーズン前にまとまったお金を得られ、安定した生活を保障されながら「自分の農場のファン(CSAシェアホルダーのこと)」のために野菜を作れる、という農家と消費者を直接つなぐすばらしいプログラムです。野菜の輸送にかかるエネルギーも抑えられるので環境にもやさしいし、地元の経済も強くなります。

店頭でどこからやってきたのかわからないような、農薬づけのしなびた野菜にお金を払うのとはわけが違います。ご近所さんの農家(マイク&ジョアン)が汗水たらして作ったお野菜です。うちの子供たちと同じ年代のナタリーとアレックスがお手伝いして育ったお野菜です。週に一度、その朝に収穫された無農薬の新鮮お野菜を、家族で直接農場まで受け取りに行きます。(農家まで遠いという場合は町にも受け取り場所が何箇所か設置されていますが。)

昨日は我が家にとって、その記念すべきお野菜受け取り第一回目!(笑)サラダミックス3袋、大きなレタスふたつ、そして青梗菜3束というのが第一回目のシェアでした。ニュースレターもついていて、ナタリーが苗の植え付けを手伝っている様子とか、オーガニック農家を目指すインターンの若者達の笑顔とか、青梗菜を使ったレシピなんかが載せられていました。今はシーズンが始まったばかりですが、これからどんどんもらえるお野菜のバラエティーも増え、8月末から9月頭にかけてはもらえるシェアが倍になるそうで本当に楽しみ。

昨日はさっそくもらってきたサラダミックスで大きなガーデンサラダを作って食べましたが、パリパリとみずみずしいレタスは本当に美味しかったです。今日は青梗菜を蒸して、カニあんかけをかけて食べる予定。自分で育てているミニトマト、日本のきゅうり、シソやねぎは収穫までには程遠そうなので、それまではRosie Creek Farmのシェアとしてもらってくるお野菜を家族で堪能したいと思ってます。
Posted by 親分
comment:4   trackback:0
[エコライフ
Earth Day
昨日、4月22日はEarth Dayでしたね。

私は「我が家のお掃除アイテムを、環境にも人体にも無害なものに替えよう計画」と題して、昨日は自分で作れる安全な洗剤類に必要な材料を買い集めてきました。先日、本屋さんで Green Up Your Cleanup というすばらしい本を見つけて購入したのがきっかけです。

純粋な液体せっけん、酢、重曹、Borax、Wasghing Soda、エッセンシャル・オイル(私はラベンダーを購入)、これにマイクロファイバーで出来た布さえあれば、家の中のたいていのものは店頭に並ぶ環境や人体に有害な化学物質がたくさん入った洗剤を使わなくても、綺麗にお掃除できるものなんですね。洗濯洗剤、お風呂、窓、トイレ用洗剤や食洗機用洗剤まで。すばらしい!

昨夜は早速 All-Surface Spray と Glass Cleanerを作ってボトルに入れて使ってみたけれど、これが結構な効果で市販品のようなツーンとくる匂いもぜんぜんなくて感激でした。小さな子供達もいるので皆の健康のことを考えたらちょっとの手間をかけて洗剤を手作りする甲斐もあるかな、と。

ということで、一足遅れましたが、Happy Earth Day!
Posted by 親分
comment:9   trackback:0
[エコライフ
環境にやさしい生活
Environmentalist、キヨシ君との生活のおかげで、自分の中での意識が少しずつ、でも着実に変わってきたような気がします。たとえばリサイクルにもエネルギーが必要だ、一番良いのはリデュース=ごみを減らし、リユース=繰り返して使うことだ、と学んでからは、買い物にはエコバッグを持参することに。それまではスーパーでもらってくる袋がいっぱいになるまでためて、リサイクルに出していた私。でも良く考えたら当たり前のことですがそれをまた何かの製品にするためにはお金も労力もかかるんですよね。

今住んでいるマイホームを自分たちで設計したときにも「環境にやさしい家」にしたいというキヨシ君のこだわりが所々に生かされました。まずは暖房につかうエネルギーを極力抑えるために屋根、壁、窓の断熱構造をしっかりとデザインしてもらい、節水のためにトイレ、シャワーヘッド、食洗機、洗濯機は節水型に。この夏には「雨水を溜める巨大なタンク」を設置、地下に埋めました。(我が家の2008年の一大プロジェクトだったので、この時の様子はまた改めて詳しくご報告いたします。笑。)

我が家には水道も通っていないし井戸もないので、水は水を売る会社から買い、Holding Tank にというものにトラックで配達して給水してもらっています。なので、特に節水は我が家では重要問題!たとえばシャワーを浴びるとき、冷たい水がお湯になるまでは排水溝に少しの間流しますよね?我が家ではこの時の少量の水も容器に溜めておいて、トイレを流すのに使っています。食洗機や洗濯機も中がいっぱいになるまでは回さないとか、歯磨き中はもちろん、石鹸で手をごしごし洗う間にもこまめに蛇口をひねって止め、水を無駄にしないとか、まぁそんな小さな心がけでも節水ってかなりできるものですね。我が家では平均すると一日に家族(4人&犬1匹)で使う水の総量が大体30ガロン=113.5リットル(バスタブ半分ちょっとぐらい?)前後になっています。

ペットボトルの水やドリンクもまず飲まなくなりました。ペットボトルの資源の問題だけでなく、その水を輸送するのに使うエネルギーのことまで考えると、自宅で浄水器を使ったほうが環境にはやさしい。野菜や肉などの食べ物もできるだけLocal=地元で育てられたものを食べるようになれば、輸送に使うエネルギーの消費量が減るだけではなく、地元の経済も強くなるし、食べ物の日持ちがよくなるようにと大量の保存料を使うこともなくなるので自分の体にも良いはず。今年の夏からは我が家の近くのオーガニック農場から、CSA (Community Supported Agriculture project)Program という制度を通じて季節の野菜を購入しようと話している私とキヨシ君です。

確かに「環境や社会にやさしい生活」を貫こうと思ったらお金も労力もかかる。だけど今、自分たちが好きなように楽をしてエネルギーをバンバン使った生活をしていたら、自分の子供、孫、そしてひ孫たちが同じような生活を続けていけることができるのか、そう思うと、ちょっと考えてしまいます。

自分でできるエコといえば電気をこまめに消すこと!ぐらいしか思いつかなかった、物にあふれた生活をしていた東京暮らし時代の自分。まぁ、そんな自分からしたら大きな一歩でしょう。しかしまだまだ勉強が必要なことはよく分かっています。皆さんも環境のために日常生活で気をつけていること、何かありますか?
Posted by 親分
comment:13   trackback:0
[エコライフ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。